Hな告白体験談では実際にあったHな経験や体験談をまとめてご紹介しています。人妻や友達とのHな体験談か妹・姉・母親とのHな体験談まで色んな告白体験談がありますよ♪

【人妻】知り合いの人妻さんに筆下ろししてもらった【H告白体験談】


知り合いの人妻Fさん(36歳くらい?)とやってしまった。

童貞だったのに突然の卒業で、自分でもびっくりしてる



パソコンの初期設定してほしいって連絡が来たので、

家にお邪魔して普通に設定作業



俺が持ってきたタブレット型のPCを見て

「これいいなあ~、いくら位するの?」と興味津々だった



「欲しいなら2万で譲りますよ?」って言ったら

「安い!でもお金ないし来月もお金が…」とかなり悩んでた



お金厳しいなら支払いは後でもいいですよ~って

言ったんだけど、それでもしばらく悩んでた






しばらく沈黙したかと思ったら急に俺の顔を見て

「そう言えば○○君ってカノジョいるのかな…?」と聞いてきた



この人急に何言ってんだ?と思いつつ

「居ませんよw居たことすらないですけどww」と自虐的に笑った



「じゃあ、童貞なの?」

「あ、当たり前じゃないすかw」



「女の人に興味ないの?」

「まあ、無くはないですけど…」



「…じゃあ、エッチしてみない…?」

「は?えっ・・・?いやいやいやw」



「自分で言うのもアレだけど、顔もそんな

悪いほうじゃないと思うし…ダメ…?」



そう言うと、彼女は突然両手で俺の左手を掴んで

強引に胸元へ手繰り寄せた



わずかに残った理性が一瞬その手を振りほどこうとしたが、

無駄な抵抗だった。初おっぱいを触ってしまった…



ちょっと補足すると、俺は数年前まで職業訓練校で

ワード・エクセル、ビジネスマナー等を教えてて、

そこに通ってた生徒の友達がFさんです。



パソコン音痴って当然安いパソコンとか知らないんですよ

ジャパネットたかたのラジオ聞いて急がないとなくなっちゃう!

って焦るタイプの人です



セーターの膨らみに触れたまましばらくフリーズしてしまった。

赤面症だから、耳まで真っ赤になってたと思う



「服、脱がせて…」

「やっぱ、こういうのはマズいですって…」



口ではマズいだのやめたほうがいいだの言っときながら

視線はその小柄で細身のカラダに釘付けだった



もう逃げる気なんて全く無いのは明らかで、

彼女もそれを察したのか更に距離を詰めてきた



セーターの裾をグイッと胸までたくし上げ

「ほら、ここ持って、そのまま脱がせてみて…」と誘導してくる



もう耐えられなくなって、言われるがまま裾を掴んでしまった。

もう後戻りできないんだなと思った



そのままブラジャー1枚になるまで上半身を脱がせた。

俺は彼女に脱がしてもらった



「えっと、じゃあまずは、ブラジャーの外し方はね…」

「あっ、はい・・・なるほど・・・」



俺はアホみたいに真面目に聞いてた



一回お手本にホックを外して見せてくれたんだが、

胸は露出させなかった



俺が外すまでお楽しみを隠してくれる心遣いみたいなものを

その童貞心に感じた



よっしゃ、初めてのブラホック上手に外したるぞ!と思った。

やる気マンマンである

結局手が震えて20秒くらいかかった



「痛くなかったですか?」

「んーん、大丈夫。やさしいんだね」

肩紐がするりと落ちた



ついに俺の目の前に人生初の生おっぱいが現れた

多分Cカップくらいの三角型で、薄茶色のぷっくりとした乳輪、

ツンとした乳首がドエロかった



俺の童貞勃起指数連動型上場投信が上場来高値を

軽々と更新した



生おっぱいを食い入るように見た。

彼女は少し恥ずかしそうにしていた(次回へ続く)


検索とブックマーク

はてなブックマークに追加
ツイートする
Google+で共有する

エッチ画像ピックアップ

今週の人気画像ランキング

この時間の人気記事

Hな告白体験談のTwitter

アーカイブ

相互リンク

ページ上部へ戻る