Hな告白体験談では実際にあったHな経験や体験談をまとめてご紹介しています。人妻や友達とのHな体験談か妹・姉・母親とのHな体験談まで色んな告白体験談がありますよ♪

【フェラチオ】遊仙郷1【H告白体験談】


なおぼんの「中国もの」です。早発白帝城   (李白) つとに発つ白帝城朝辞白帝彩雲間      あしたに辞す、白帝、彩雲の間

千里江陵一日還      千里の江陵、一日にして還る

両岸猿声啼不住      両岸の猿声、啼いて止まざるに

軽舟已過万重山      軽舟、すでに過ぎる、万重の山私(わたくし)は小舟に乗って、長江の支流を遡っておりました。

船頭の柴永(さいえい)が揚々と歌います。「孟先生(私のこと)この先に紫家荘という村があります。そこから十里ほど山を登られたら、栗林郷(りつりんきょう)でござんす」

「そこはどんなところなんや?」

「あっしもよくはしらねえけんど、別嬪がたくさんおるちゅうことです」

「女か」

「へえ。先生も腰を抜かしますで。ひっひっひっ」

いやらしく笑う柴永でした。

「ふうん」

私はちっとも興味が無いという風に装いましたけど。

妻を亡くしてからというもの、女体を抱きたいとも思ったことがなかったのです。

それほど、蝶鸞(ちょうらん)を喪(うしな)ったことは、私にはこたえました。

この旅は、蝶鸞の幻影と決別するために企てた旅立ったのだから。




「それも一興やな」

私はつぶやきました。

「え?何です」

柴が訊くけれど、私は「いや、なんでもない」と口を閉ざしました。紫家荘は鄙(ひな)びてはいましたが、子供も多く活気がありました。

船着場に船頭が上手に舟を着け、桟橋に板を渡して降りやすくしてくれました。

舟をもやいながら、船頭の柴永は

「先生、どうかご無事で」

「ああ、柴さんも達者でね。また帰ってきたら寄るから」

「待ってやす。酒でも飲みながら土産話をね」

そしてまたいやらしく笑いました。私は振り分け荷物を肩にからげて、村の本通を登って行きます。

野菜や水菓子(くだもの)を売る屋台や、魚を売る屋台、饅頭を蒸す屋台が立ち並んでいました。

喧騒をやり過ごして、村はずれまで来ました。

ここからは、山道に入っていくのです。

はるか先に儀山(ぎさん)が聳えております。

「ずいぶん険しいぞこれは」

日が暮れるにはまだ十分あったのですが、栗林郷まで今日中に着けるかどうか私には自信がありませんでした。

「とにかく登ろう」しばらく登って、木々の途切れた台場に出ました。

今来た道を見ると、下方に紫家荘の集落が小さく見えています。

その先に碧玉(へきぎょく)をはめ込んだような河が滔々と流れておりました。夕方になってきました。

「これはいよいよ困ったぞ。虎が出るというから、野宿はいやだな」

耳を澄ませば、せせらぎの音が聞こえてきます。

「水を汲もう」

私は、その音が大きくなるほうへ向かいました。

水の匂いが強くなってきました。

うっそうとした葉陰に白いしぶきが見えます。

大人の足でひと跨ぎほどの幅のせせらぎでした。

その先に淵もあるようです。

ちょっとした庭園のようなたたずまいに私は水を汲むのも忘れて見入っていましたよ。

我に返り、竹筒をせせらぎに浸しました。

ふと、岩の上に人の気配がしました。見上げると、うら若い女がきれいななりをして立っています。

「このへんの人ですかな?」

私は、その女に問いました。

「ええ、この上(かみ)の方に住まっておるものですが、あなたは旅の方ですか?」

「そう、そうです。これは助かった。一晩、泊めていただくことはできませんか?」

私は、渡りに舟とばかりにずうずうしいとは思ったけれど野宿はごめん被りたいので必死に頼みました。

「うふふ。それはお困りでしょう。構いませんよ。たいしたおもてなしはできませんけど、どうぞいらしてくださいな」

天女のような笑みを浮かべて、十七、八の女は私のそばに降りてきました。

纏う衣もこのあたりの風俗なのか、都では見ない、色彩が豊かで、薄暗い山中では殊に目立つものでした。

「ときに、栗林郷まではいかほど?」

「あら、お客人は栗林郷にいらっしゃるの?あたしたち、そこの出なのよ」

どうりで、美しいはずです。

「都では生涯に一度は行ってみるもんだと言うからね」

「うふふ。殿方はそう言って、みないらっしゃるの。二度と戻れないかもしれないのに」

「戻れないって?」

「戻らなくなるのよ」

「取って喰われるんじゃないだろうね」

「まさか。でもある意味、当たってるかも。蟷螂の夫婦みたいなものね」

私もそれは知っています。

蟷螂つまりカマキリの雄は自分の子を宿した雌に食われて、生涯を終えるのだと。

「さっき、『あたしたち』って言ったよね。だれかと一緒に暮らしてるのかい?」

「ええ、母と」

「お父さんは?」

「いない」

さきほどの話と総合すると、なにやら恐ろしい気もしましたが、女の屈託の無い表情にそんな気持ちは薄れてしまいました。

「名は何と言うの?」

「魚美弦(ぎょびげん)って言うの。ミョンって呼んで」

すぐ近くに美弦の家はありました。

白壁と木でできた、書院風の建物で大きな岩を背負って建っております。

「母さん、母さん」

しばらくして奥から「なんだい?ミョン」

「旅の人が一晩止めてって」

「あらあら」

奥から出てきた美弦の母を見て私は、はっとしました。

亡き妻に瓜二つなのですから。

「お困りでしょう。もう日も暮れます。どうぞ中へ」

ミョンの母親は快く招じ入れてくれました。

どうしてもまじまじと彼女の顔をみてしまいます。

「あの、あたしの顔になにか・・・」

「いや、これは失敬。実は、私の亡くしました妻に、あなたがそっくりなのでつい・・・」

「あらそうなんですか?うれしいような、なんと申し上げてよろしいやら、ほほほ」

上品に笑いながら奥にいざなってくれました。「何もございませんが」

そう断って、ミョンの母、月里(ユエリ)が川魚の煮物と饅頭、野菜の汁物、粽(ちまき)を出してくれました。

三人で食卓を囲み、私は旅の目的やこれまでの出来事で面白そうなものをかいつまんで話題にしました。

二人は、私の話に聞き入ってくれ、笑い、満足してくれたようでした。

女たちも、栗林郷のことなどを詳しく教えてくれました。酒も入って、私は眠気が襲ってき、用意してくれた寝床に入ろうとしました。

母のユエリが

「孟先生、お体をお拭きいたしますから、お着物をお脱ぎになってくださいな」

「え?あ、はい」

酔ってもうろうとした頭では、羞恥の心はどこへやら。

私は言われるがまま、着衣を脱ぎます。

亡き妻に世話を焼いてもらっているような錯覚をしていたのかもしれません。

「まあ、すごい汗」

固く絞った綿の布で丁寧に私は拭き清められました。

男根も念入りに・・・

「ああ、なんてたくましいんでしょう」

白魚のような指でなぞられ、やわやわと握られると、血がみなぎってくるのがわかります。

「おお、そんなことをされると・・」

「孟先生、栗林郷にいらっしゃれば、もっとすごいことになりましょう」

そう言って、ユエリが私をほおばったのです。

「あ・・む」

口淫をされたのなど、何年ぶりでしょう。

一度、妻にさせようとしたが嫌がったので、それきりでしたから。

もっと若いころに飯盛り女(売女)に教えてもらったのが最初だったと思い出しました。

「大きい・・・先生の」

べったりと唾で濡らされたわが身は、ひさしぶりの手厚いもてなしで隆々と立ち上がっておりました。

「わたしも舐めていただけるかしら」

ユエリが私を跨ぎ、顔に陰裂を近づけます。

私はその麝香の香りのする陰門を押し広げて、舌を差し込みました。

「あうっ。そこは、だめ」

「ここかい?気持ちがいいんだろ?ユエリ」

「ああん、そうなの、気持ちがいいの。先生、もっと」

じゅわりと果汁が湧き、私の口に届きます。

あまじょっぱい、旨みさえ感じる至福の飲み物でした。「あら、母さんったら。お客様にそんなことをして」

娘のミョンが部屋の入り口に立って、笑っています。

「あなたも、いただきなさいな」

「うふっ。先生のアレ、すっごく硬そう」

そんなことを言っているのが聞こえましたが、私は夢中でユエリの禁門を攻めていたのです。

ミョンの冷たい手指が私をしごいてくれます。

「あっ。かったぁい。それに熱いよ先生」

「そ、そうかい。おまえたちがかわいがってくれるから、私もうれしいよ」

私の上には女が二人乗り上がって、腰を振っていました。

母を攻めている間、娘は窮屈な秘処を割り、私を飲み込んで上ずった声を上げています。

私が感じている男根への締めつけは幼女が行っているかのごとくきついものでした。

「はうっ。入ってる、入ってるぅ」

そんな叫びにも似た娘、ミョンの声が聞こえます。

「どれ、あたしにもちょうだいな」

母が私から離れ、娘をどかせます。

「いやん、母さん」

「ほれ、おどき」

私の男柱が抜かれ、外気にあたって涼しくなったと思うと、すぐに熱いぬめりの中に収められました。

「あふう。先生、こんないいの初めて・・・」

ユエリがのけぞるようにして言います。

「奥に、奥に当たって、しびれちゃう」

そんなことも言いました。

「センセ、こんどはあたしのを舐めてくださらない?」

ミョンがすかさず私の顔に尻を近づけます。

白檀の香りのする肉花びらが私の鼻先に持ってこられました。

私は腰を母親に打ちつけつつ、指でミョンの花びらを左右に開き、かわいらしい果実を舌先で転がしました。

「いやぁん。すごい、きゃっ」

若い肉体は、バネを仕込んでいるかのごとく私の顔の上で跳ねます。

果実が膨れて、皮から顔を出して、私の舌に硬さを感じさせるくらいになってきました。

「いいっ。もっと、えぐって」とミョン

「ああ。おおっ。まだやっちゃだめよ。まだよ」とユエリ。

しかし、私も限界が近くなっておりました。

久しぶりの女体です。

それも二人も。

脳裏に蝶鸞の顔がうかびました。

そして、夢中で腰を振っている月里の顔が重なります。

私は蝶鸞と交わっている錯覚を覚えました。

はずむ月里の双乳・・・

ぎゅーっと肉筒が私を絞ります。

「蝶鸞!」

私は、妻の名を叫んでユエリの奥深いところで放ちました。

何度も。

何度も。夜が白々と明けるまで私たちは狂い、幾度と無く交わりました。

私のおびただしい、精汁を股から垂れ流す母子。

精根尽き果てるとはまさにこのことです。栗林郷にはまだ道半ばだというのに。


検索とブックマーク

はてなブックマークに追加
ツイートする
Google+で共有する

エッチ画像ピックアップ

今週の人気画像ランキング

この時間の人気記事

Hな告白体験談のTwitter

アーカイブ

相互リンク

ページ上部へ戻る