Hな告白体験談では実際にあったHな経験や体験談をまとめてご紹介しています。人妻や友達とのHな体験談か妹・姉・母親とのHな体験談まで色んな告白体験談がありますよ♪

タグ:いつか

【職場】会社の27歳若妻とW不倫セックス 続続続編【H告白体験談】

前編は以下のとおり



もう本能のまま裸になって、お互い欲望のおも

むくまま貪りあった。



今度はAが俺を仰向けにし、おもむろに俺の息子

を頬張った!ネットリとした舌使いに速攻でイッて

しまいそうな気持ちよさで、必死に我慢した。



そのままAの尻を俺の顔の上に持ってきて69へ。

夢に見た光景だった。



俺のチンコをAが舐めAのマンコが目の前に。いき

そうなのを必死で我慢しながら夢中で舐め回した。




このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】他の男と結婚する女友達とセックスしてしまいました【H告白体験談】

春に結婚する女友達と土曜やっちゃいました。

お互い28歳。



女は大学時代からむっちゃモテる子。

もう知り合って10年になるが、全く男女の関係はなく

普通にご飯たまに行ったりする仲だった。



仕事辞めさせてくれないーどうしたらいい?って

転職で仕事やめたことある俺に連絡がきたから、

話聞く流れで飲みにいって、そこで口説き落とした。



むっちゃ興奮した。



女友達(以下A子)とは大学時代に知り合いサークルが同じで、

その時から集団で旅行に行ったりする仲でした。


このHな体験談の続きを読む・・・

【寝取られ】嫁を後輩に寝取らせました 続44編【H告白体験談】

前編は以下のとおり



同時並行で撮っていたカメラがあるので、

ここから先は後で見たこの映像を主体に書いてく。



俺が寝落ちした後?からの映像。



普通に嫁と後輩が部屋に入ってきて嫁がベッドに座り、

その前に立つ後輩。



嫁、少し恥ずかしそうにしてたものの、

割と明るい表情で後輩のズボン下ろし始めてた。



なんか、嫁なりに抵抗してたのかと勝手に想像してたんだけど、

これを見る限り俺が寝落ちして準備が整った、


このHな体験談の続きを読む・・・

【寝取られ】嫁を後輩に寝取らせました 続40編【H告白体験談】

前編は以下のとおり



後輩の提案にノーリアクションで喘ぎまくる嫁。

結局このまま盛大に喘ぎまくって二度目イキ、

程なく後輩も射精。



「だって憲二が無理矢理連れてきたんじゃん」

「まあそうだけど、じゃあエッチやめて出掛ける?」



「あっ、あっ、あっ、あっ、あっ!」

「なあ、どうする?」



「あっ・・・すっごい、気持ちいい、そこっ、あん!」

後輩の提案にノーリアクションで喘ぎまくる嫁。




このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】24歳の若いカップルと知り合って彼女をホテルに 続8編【H告白体験談】

前編は以下のとおり



昼間に目を覚ました時、彼女はFの腕の中。

少し遅れて起きたF、そのまま二回目開始。



お互いの恋人からの連絡も無視して没頭。

一回目も二回目もFは頻繁に尻を叩いてきた。



対面座位や69、Fが彼女に何か言う度に叩かれたと。



後背位の時にはFがまったく動かず、ひたすら尻を叩かれながら

彼女が動くという状況もあったみたい。



この叩かれるという行為が彼女の中に強烈に残っていたみたいで、

だから俺と初めてした時に急に尻を叩かれて本当にやばかったと。


このHな体験談の続きを読む・・・

【初体験】処女の美少女をくぱぁとM字開脚 続続編【H告白体験談】

前編は以下のとおり



ほとんどパイパンだったため、

割れ目まではっきりと見ることができた。



俺はデジカメを取り出すと彼女に声をかけ、

こっちを向いた瞬間にシャッターを切った。



Mちゃんは驚いてカメラを取り上げようとしてきたが阻止した。

まだ男を知らない彼女を写真に収めることができるのは

世界で俺しかいない。



これは義務でもあるし、彼女のためでもある。

写真が恥ずかしいのはわかるが、

いつか感謝してくれる日が来るはずだ。


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】他人(ひと)の皮を被る 六話(完結)【H告白体験談】

 それからの晃は、由希とデートを重ねつつ、奈津美を呼び出しては調教を続けた。

 晃の目算通り、奈津美は強姦の事実を他人に漏らす性格ではない。

 晃が来いと命じれば仕事を終えたその足でマンションを訪れ、調教を受ける。 晃は様々な方法で奈津美の肛門を開発した。

 裸にコートを着せて深夜の公園へ赴き、イチジク浣腸を入れて木陰で排泄させた事もある。

 晃の前で自ら尻穴オナニーをするよう命じもした。

 初めは晃を恨めしそうに睨みながら事務的に指を動かしていたものが、

 時間が経つにつれ自らの指に腸液を纏いつかせ、恥ずかしそうに内股になる様は嗜虐心を煽った。

 三度目の調教からは、よほど浣腸が嫌だったのか、自ら腸内を洗浄してくるようになった。

 晃はその度にどうやって綺麗にしてきたのかを訊いた。

「ここへ来る途中のコンビニで、浣腸を入れてよ……」

 奈津美の答えを、晃は様々に想像する。

 これほどの美人がコンビニのトイレに入り、浣腸を入れて音を立てて排泄する。

 店内の人間はどう感じただろうか。

 その妄想を語り聞かせながら奈津美の尻穴を嬲ると、たちまち肛門がきゅうと締まり出す。

 人一倍プライドの高い奈津美は、人一倍のマゾヒストでもあった。


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】もうかえって【H告白体験談】

<>363 :恋人は名無しさん:2007/08/02(木) 15:44:35 ID:JaAs2jDW0<>

昔の話で恐縮ですが、暇つぶしになればいいかなと思い投稿させてもらいます。

私には大学1年から3年付き合っているTという彼女がいたのですが。

3年目に突入し、大学もそろそろ就職活動ピーク。

私は体力に自信があり、色々な企業の面接を受け、

早く就職して落ち着いたら結婚しよう、互いにずっと支えあっていこう。

そう何度も誓うほど、私たちはとても仲が良かったです。

しかしそんな私の彼女Tの様子が

3年目に入って2ヶ月ぐらいしたころからどうもおかしい。

就職活動の合間をぬって互いの予定を組んでデートに誘っても

急な予定が入った、就活だからとはぐらかされる。

まあ時期が時期だけに仕方ないかと諦め。

メールでのやり取りや電話は欠かさずしないようにしました。

私は会えない憂さ晴らしにとジムに通い、体力づくりなんかをしてストレス発散していましたが

日も差し掛かったところそろそろ帰ろうと思った帰り道


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】ゆりあ【H告白体験談】

はじめまして

最近こちらを拝見させて頂いています。見ているうちに私の恥ずかしい性癖、恥ずかしい体験を皆さんに知って欲しい・・・そう思い書き込みさせて頂いています。

私の露出体験は今から5年位前20歳頃から始まりました。最初はちょっといやらしい下着を付けミニのスカ−トをはいて外を歩く(もちろん人の少ない場所から)程度でしたが、回を重ねる毎に強い刺激(もっと恥ずかしいこと、ひょっとしたら人に見られたいかも?)を求めるようになってきました。夜、暗闇のなかで光る自動販売機の前で通る車に見えるようにスカ−トをめくったり、電車やホ−ムでブラウスのボタンをブラが見えるまで開けミニのスカ−トで寝たフリをして足を開いたり、人気のいない公園を全裸に近い姿で歩いたりしました。

そして一番刺激的だった体験、今でも思い出すと体中がとても熱くなります。

今から、半年位まえの事です。

仕事で神戸のビジネスホテルに泊まった日の事です。仕事を終え食事を済ませ夜の8時頃ホテルに入りました。フロントで鍵をもらいエレベ−タ−で3階に上がりました。エレベ−タ−の前にはソファ−が2脚置いてありその横に隠れるように少し奥ばった場所に自動販売機が置いてあるのを確認しました。部屋に入り鍵をかけた瞬間から露出したい衝動があふれだし、頭の中でいろいろな露出を想像しその気持ちを押さえることは出来ませんでした。

そして、考えがまとまりました。自分自身冷静を装いながらゆっくりと服を脱ぎ全裸になり鏡の前で自分の裸を見ました。顔が興奮で赤くなっているのが分かります、心臓はは飛び出しそうなくらい大きく鼓動していました。そしてバックの中からお気に入りの白のフリルの紐のショ−ツを取り出しそれだけ身にまといました。そして、財布から小銭を取り出し(自動販売機でジュ−スを買うという名目、言い訳)ゆっくりとショ−ツ一枚で部屋からでました。ガチャッ、次の瞬間凍りつきました、ドアはオ−トロックで当然開けることは出来ません。しかし、廊下に人はいませんし、ホテルに入ってから部屋に付くまでフロントの人にしか会っていませんでしたので、意を決してフロントに説明し鍵をもらいに行くことにしました。エレベ−タ−は使わず階段でフロントまで降りました。フロントには誰もおらず呼びベルを鳴らし胸を手で隠して係りの方が出て来るのを待ちました。緊張とどきどきでどうにかなりそうなとき係りの方が出てきました。60歳位の男性の方でしたが、事情を説明しようとしましたが自分でもびっくりするくらいの弱弱しい声しか出せませんでした。係りの方は以外にも普通に合鍵を渡してくれました。フロントには誰もいなかったのでエレベ−タ−で上がることにしました。エレベ−タ−にのり込んだ瞬間、走り音が聞こえ次の瞬間なんと男性(40歳位かな)が乗り込んできたのです。ドアが閉まると男性は着ていたス−ツを私にかけてくれ、どうしたのか心配する様子で話かけてきました。エレベ−タ−が3階に付くと男性も一緒におり部屋の前まで送ってくれました。部屋の前でお礼を告げドアを開けた瞬間背中を強く押され部屋の中に突き飛ばされました。ガチャッ。振り返ると男性も部屋の中で立ち私を見下ろして「お前、わざとだろ。」と言いました。恐ろしくて声にはならず。首を横に振ろうとしたのですが、私の意志とは反対に体は小さくうなずいていました。そのあとはベットに突き飛ばされ・・・・・・終わったあと、男性は着ていた物を急いで身に付け部屋から出て行きました。私はそのままベットで横たわっていました、しばらくしてガチャッとドアが開く音がしてあの男が入ってきました。男は合鍵を持って出て行っていたのです。手には浴衣の帯とマッサ−ジ機、小さなカバン(デジカメなどが入っていたようです)を持っていました。男は床に落ちていた私のショ−ツを口に詰め込み、浴衣の帯で腕を縛り目隠しをしたのです。

その後私は今まで当然体験したことのない、想像もしていなかった辱しめを朝まで受けました。(内容はまたいつか・・・)

写真も多くとられました、もし投稿写真で目隠しをされショ−ツを口に詰め込まれ、あそこの毛が剃られ、少し剃り傷がある子がいたら私かも知れません。

さすがに、この事件から露出はひかえていますが、またむずむずしてきていますので、露出したらまたご報告させて頂きますね。

私の恥ずかしい体験最後まで読んでくれてありがとう。

                              ゆりあ

【友達】サボりJCと援。:ローリー【H告白体験談】

私は、外回りの仕事ですが、昼食代をうかす為によくコンビニで買って公園等

で食事する事があります。

昨日は、食後に休んでいるとJCと思われる2人組が超ミニの制服で煙草を吸っ

ていました。

確か近くには学校がありそこの生徒のようですが、その公園は奥行きが長く入

り口からは奥のほうは見えない構造になっているのです。

私は、その娘たちのPが動き回るたびに見えるのをガン見していました。

暫く見ていましたが、彼女達がコチラをチラチラ見るので思い切って煙草の火

を借りる事にしました。

『さっき煙草吸ってたよね。火持ってるよね。貸してよ。』

『いいけど、お兄さんさっきから私たちのパンツ、ガン見してたでしょ。』

嫌がっている感じでは無い言い方だったので、彼女達の座っているベンチに腰

かけ

『制服で堂々と煙草を吸っているし、可愛いから気になって見てたらパンツが

見えたからずっと見ちゃったよ。』


このHな体験談の続きを読む・・・

検索とブックマーク

はてなブックマークに追加
ツイートする
Google+で共有する

エッチ画像ピックアップ

今週の人気画像ランキング

この時間の人気記事

Hな告白体験談のTwitter

アーカイブ

相互リンク

ページ上部へ戻る