Hな告白体験談では実際にあったHな経験や体験談をまとめてご紹介しています。人妻や友達とのHな体験談か妹・姉・母親とのHな体験談まで色んな告白体験談がありますよ♪

タグ:お母さん

【友達】もうかえって【H告白体験談】

<>363 :恋人は名無しさん:2007/08/02(木) 15:44:35 ID:JaAs2jDW0<>

昔の話で恐縮ですが、暇つぶしになればいいかなと思い投稿させてもらいます。

私には大学1年から3年付き合っているTという彼女がいたのですが。

3年目に突入し、大学もそろそろ就職活動ピーク。

私は体力に自信があり、色々な企業の面接を受け、

早く就職して落ち着いたら結婚しよう、互いにずっと支えあっていこう。

そう何度も誓うほど、私たちはとても仲が良かったです。

しかしそんな私の彼女Tの様子が

3年目に入って2ヶ月ぐらいしたころからどうもおかしい。

就職活動の合間をぬって互いの予定を組んでデートに誘っても

急な予定が入った、就活だからとはぐらかされる。

まあ時期が時期だけに仕方ないかと諦め。

メールでのやり取りや電話は欠かさずしないようにしました。

私は会えない憂さ晴らしにとジムに通い、体力づくりなんかをしてストレス発散していましたが

日も差し掛かったところそろそろ帰ろうと思った帰り道


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】友達の母親と俺の母親①【H告白体験談】

高校時代、俺はまだ童貞だった。友達のYも同じく童貞。中学の時からの仲良しコンビだった。高校二年の時、前期の三者面談があり

俺の前にはTとTの母親がいた。Tの母親とうちの母は同い年らしく、家庭の事を雑談していた。Tの父親は大手の会社の技術者でタイに長期間の出張らしく、品のよさそうなお母さんは、主人がいないととても楽で・・・と笑いながら話していた。俺の母親もきれいな方だとは思うがTの母親は、より一層スタイルも良く背も高い。胸の形も良く30代後半と思えないほど均整のとれた体つきだった。

雑談後、Tの母親は「N君(俺の事)、うちのTと仲良くしてやってね」と最後に話かけて面談に向かった。

翌日「おい!T。お前の母ちゃん綺麗だな!良いよな。お前は。毎日あんな綺麗な母ちゃんと一緒で」と俺はからかった。Yが「うそ!まじかよ。そんなにきれいなんか?お前のかあちゃんは」と興奮気味に話に参加してくる。「おう!凄い綺麗でスタイルもいいよな?T」というとTは「そんなこと…考えても居ないよ。N君の母さんの方が綺麗じゃないか!」と言い返したので「お前。あんな綺麗な母ちゃん持って、ばち当たるぞ!」という応酬があって、俺たち三人は打ち解けた。よくよく話を聞くと当然Tも童貞で、放課後は三人そろって「ああ~女とやりてえな」とか「クラスでだれとやりたいか」とか話しながら帰るのが日課になった。

ある日、Tが「Y君N君、今日俺の家に遊びに来ない?母さんが仕事でいないんだ」と誘われた。暇をしていた俺がノーと言うはずもなく「よし、親爺の隠していたエロ本持っていくよ(笑)三人でせんずり大会でもやるか!」と大乗り気でTの家に行った。

Tの家はリビングが広く二階にTの寝室があり、俺たちはTの部屋で親爺のエロ本をネタにお互いのペニスを見ながらオナニーにふけっていた。一回すっきりした後、俺はのどが渇いたので「T、冷たい飲み物ない?」と聞くとキッチンの冷蔵庫の中の好きに飲んも良いというので下に行き、冷蔵庫からジュースを出して飲んでいた。ふとその時にドアの隣の洗濯機に気が付いた。ひょっとして・・・淡い期待を胸に洗濯機のふたを開けると、明らかに使用済みの服が入っていた。Tのトレーニングウェアや下着に紛れて、白い薄い生地の丸まったものを発見した。そっと広げるとクロッチ部分にうっすらと縦線のシミが入り、やや黄ばんだような色になっていた。俺は深呼吸をしてそのにおいを嗅いだ。甘酸っぱいそしてほんのりと淡いにおいが漂った。俺は、先ほど終わったばかりのペニスを引きずり出し、においを嗅ぎながら射精した。二階に行き、「Tのお母ちゃんの下着で俺やっちゃったよ」 と告白するとYが「え~、良いなお前。俺にもさせろ」と言ったが「もう俺の精子で汚しちゃったから臭いはしないよ。ハハハ」とごまかした。

Yは「おい、T。俺にも良い目させてくれ。お前の母ちゃんでさ」とでかい体で迫る。Tは「そんな無理だよ。俺は・・・。T君の母さんが

好みなんだしさ」と上ずった声で答えた。「おい!聞いたかよ。T,お前の母ちゃんでせんずりしたいんだってよ。ハハハ。やらせてやれよ」おれはうちの母ちゃんで良ければいつでもさせてやるよ」と強がりを言った。Tは「本当?」と目を輝かし、「本当なら、協力するよ。うちのお母ちゃんと交換しないか?」と思わぬ提案をしてきた。俺は強気で「ああ、俺の母ちゃんならお前の筆おろしさせてやるよ」

と答えた。Yは「おお!俺も仲間入りさせてくれ。で俺の母ちゃんじゃな・・・お前らにメリットがねえよな」しばらく考えて「よし。じゃあ俺はお前らの手伝いをするから俺もやらせてくれ。頼むよ。俺も童貞すててえよ!」と懇願する。Tと俺は強気になって「じゃあ、どう手伝うんだよ」というとYは「俺の兄ちゃんさ、半年前から鬱になってさ夜寝れねえらしくてさ、医者から睡眠薬を一杯貰って飲んでるんだ。それ飲んだらさ、朝まで絶対に起きないし、この前のうちの近所の火事でも起きなかったぜ。記憶もなくなるらしいし。その薬をくすねるからさ、それ飲ませちゃえばいつでもOKだぜ。どうだ役に立つだろう?俺も」俺とTは顔を見合わせ、思わずにっこり!「じゃあ、それで行こう!」と決定した。

まずはうちの母ちゃんをターゲットにして・・・うちのおやじは、月に一度関西方面に出張に行く。兄貴は鬱で薬飲んだら即寝てしまうから、問題外。という事で親爺の出張日を狙った。その日は、母親が町内会の寄り合いで10時頃お酒を飲んで帰ってきた。好都合だった。俺は風呂上りのジュースの中にYからもらった睡眠薬を入れて「なんだ、酒くせえよ。これでも飲んで匂い消してくれよ」とお袋に

渡した。お袋は仕事帰りに会合に顔を出したようでグレイのスーツを着ていた。勢いよく飲み干してからソファでテレビを見ていた。俺は一度部屋に入り30分位してそっと下に行きリビングの様子を見るとお袋は上を向いて鼾をかいていた。

おれはソファに行き「お袋!こんな所で寝たら風邪ひくぞ」と言いながら揺すったが起きる気配はない。この時点で俺はYとTに電話をして家に呼んだ。時間は十時過ぎ。三人で思いお袋の体を担ぎ、寝室へ運んだ。

ベッドの横たえると三人でじっくりとお袋を見直した。少しまくれあがったグレイのタイトスカートから覗く太もも。白いブラウスを盛り上げている胸。しばらく見とれているとYが「おい。早くやろうぜ」と声をかける。Tも慌てて「早くしよう」と言い出した。少し躊躇しながらも

俺は強気で「YとTで好きにしろよ」と促した。二人はその言葉を待っていたように行動に移す。

グレイのジャケットをそっと脱がす。お袋の胸が強調される。Yが早速ブラウスの上から胸をもんでいる。Tは太ももが好きらしくスカートをまくりながら太ももの感触を楽しんでいる。俺も見ながら心臓が口から出そうなくらいドキドキしてきた。いつも見慣れたお袋が全然別の女性に見える。初めて性を感じた。Yはブラウスのボタンをはずしにかかり、Tはスカートのホックを外し、スカートを抜き取った。お袋の体は、胸をはだけて白いレースのブラジャーと白いパンティを蛍光灯の下のさらけ出している。白いパンティの前からは


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】童貞君と【H告白体験談】

  K君と付き合い始めた頃の体験です。友人の弟(D)の家庭教師をすることになりました。高校2年生の男の子でカワイイ。

 勉強し始めたけれど、私に「Mは彼氏いるの?」とか勉強以外の質問をしてきたりしましたが、ちゃんと家庭教師してきました。

 何回かしたある日、Dの家を訪ねるとお母さんが出てDはまだ眼医者から帰って来ないけど部屋で待っててと言われたので、部屋に入るとごみ箱にはティッシュの山で……。

 本棚には隠すようにHな本があり、見てみると…、裸の女性が色んなポーズやSexをしてる写真がありました。

 やっぱり男の子だと思いました。

 Dが帰ってきて、勉強を始めると、お母さんがジュースをとお菓子をもってきてくれました。

「これからお婆ちゃんの家に行く」と出掛けて行きました。

 休んでいて私が「何か悩み事ある?」と聞くとDは「Mが気になる」と言いました。

「も~何言ってんの~?」と冗談だととると、「Mのお尻が気になる、胸も…」と顔を赤くして言いました。

「今まではエロ本見て一人Hしてたけど、今はMを想像して……」

 そんなDを見て私は可愛そうになってしまい、「童貞卒業する?」と聞きました。

 Dは驚いた様子だけど頷きました。

 二人でベットに座り、キスを私からします。

「ちゃんと絡めて」とDにDキスを教えました。

 お互いの服を脱がし下着だけになりました。


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】近所付き合い【H告白体験談】

今からかれこれ18年も前のことです

現在居住してる一戸建て借家を借りて20年経った

自分達が住み初めて空き家だった所に新婚さんが入居して来て其の年の暮れ

に女児が生まれた。

若い新婚さんは何かと自分の妻に生活面や育児の相談に来る様になり家族付

き合いが始まった

そして8年が経過した頃のある日の事です

何時もの様に隣の奥さんが妻に耳打ちしながら相談をしてる様子だ、奥さん

が帰った後に妻に 「先っきのヒソヒソ話は 俺の悪口か?」と聞くと

妻が隣の奥さんから8才になる夕菜ちゃんのオナニー癖を止めさせる相談だっ

た、妻は 「夕菜ちゃんが自分で恥かしいと知れば止めるんじゃないの?」

そんな話を聞いて数日後の日曜日に夕菜ちゃんがゲームをやりに我が家に

パソコンゲームなので椅子に自分が座り夕菜ちゃんを腿の上に乗せてスター

ト暫くすると夕菜ちゃんのお尻がグリグリと前後左右に動き可愛いアソコの

膨らみが腿に押し付けられるのが解った。


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】他人(ひと)の皮を被る 一話【H告白体験談】

 世界には同じ顔をした人間が3人いる。

 ドッペルゲンガーとも呼ばれる有名な都市伝説だ。

 大門晃(おおかどあきら)はその都市伝説を、ぶらりと足を伸ばした街の喫茶店で思い出した。「いらっしゃい……あら、久しぶり」

 喫茶店の女主人は晃を見るなりそう笑いかけた。晃は訝しむ。

 その店に入ったのは間違いなく初めてだ、久しぶりとはどういう事か。

「ええと、どこかで会ったっけ?」

 晃が問うと、女主人は目を丸くした。

「何言うんだい、お前さん」

 そう言って晃の頭からつま先までを何度も見やる。

「……確かにいつもみたいにスーツじゃないけど、じゃあ何、他人の空似かい」

「おそらくは」

 晃が頷くと、女主人はふうん、と唸った。

「驚いたね、瓜二つじゃないか。まるで双子だよ」

 晃はそれに愛想笑いを返しつつ、かの都市伝説を思い浮かべる。 ドッペルゲンガーの知り合いは女主人だけではなかった。

 公園を歩くと老婦人が会釈をし、砂場の子供が挨拶をする。


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】続々々・隣の少女【H告白体験談】

この投稿はネタです。あくまでネタなので、あしからず。

五月十八日(木)

俺は昨日の夜から興奮して眠れなかった。

何しろ、ジジイと佳純ちゃんのエッチが見れる!かもしれないからね。

先週の隠し撮りはとりあえず成功したから、同じ方法で行く。

しかし、休みの朝6時に起きてる俺はいったい?(笑)

タバコでも買おうと、外にでると、いい(悪い?)タイミングで、愛犬のミニチュアダックスフントのロッキーを連れて散歩している、ジジイに遭遇。

「ああ、加藤さん、おはようございます」

「おはようございます(でたな、エロジジイ)」

「今日は早いですね?仕事は休みなんですか?」

「いや、今日は昼からなんですよ(ウソ)、夜もなんで(ウソ)今からまた少し寝て(ウソ)出かけます(ウソ)」「若いのに、関心ですなー、無理せんようにして下さいよ」

「ありがとうございます(ジジイも腹上死しないようにな)」

おもてむきは気さくな大家なんだけどねー。

つるっぱげだから、俳優の故・金子信雄に感じはにてる。

何時ものように、母親が先に出かける。


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】お風呂入りたい!【H告白体験談】

<>11:えっちな18禁さん:2008/03/31(月)15:01:55ID:B0eHMIxI0<>

小6の頃、お互い悪口言い合ってふざけ合ってたクラスメートの女子O。

所謂悪友って奴か。

顔もあんまり可愛くはないけど、ブスって程ではなかった。

ほんと友達感覚でしかなかったし好き合ってた訳でもないんだけど。

気付くと放課後、ランドセル背負ったままお互いの家に遊びに行くようになってた。

俺んちは母子家庭で母親が毎日仕事で夜遅くまで帰ってこなかったから、鍵っ子ってやつでさ。

Oの家はお母さんも妹もいるしで、男子の俺が遊びに行くと何かと物珍しさに気を遣われるのが苦手で

必然的に俺んちで二人で遊ぶ事が多くなった。

ちょうどスーファミ全盛期の頃で俺も沢山ソフト持ってたからOにとっては

俺んちで出来るゲームが輝いて見えたんだろうな。





<>12:えっちな18禁さん:2008/03/31(月)15:02:44ID:B0eHMIxI0<>

そんで夏休みのある日、昼過ぎ頃にOが「お風呂入りたい!」って言い出した。


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】誰も言えない…【H告白体験談】

誰にも言えない…恥ずかしくて相談もできません。

こんな事を母親に知られたら両親は離婚してしまうかも!!

私は父が好きだけど、ハッキリ言って離婚した方が良いと思います。母が可哀想なんです。

実は私…中学三年ぐらいから父に夜這いされてます。本当は私がいけないのかもしれません。

私がお風呂から出てテレビを見ながら濡れた髪の毛を乾かしていたら、近くに座ってた父が…「お前、可愛くなったな。」と言ってくれました。

いつもは「バカ」「女の子らしくしろ」「結婚出来ない」とばかり言ってました。

私は父に「今日は変だね♪」と言いました。

父がニコニコしながら部屋から出て行ったので、もう寝るのかな?と思い私は部屋で大胆にもお風呂あがりで濡れたTシャツを脱ぎ捨て、首にバスタオルを巻き、ブラジャー姿でテレビを見ていたら…知らない間に寝てしまったみたいなんです。この時は冬〜春になる季節の変わり目で我が家ではコタツが出てました。

私はコタツの中に潜り込み顔だけを出して寝てました。その時です!!父が部屋に入って来ました。

私は部屋のドアと父の足音で目が覚め「うわ!まずい…」とコタツで寝たふりをしてましたが、父が「テレビを付けたまま寝るなよ。寝るなら布団で寝ろ!!」と私を起こそうとしてました。父が私の横に座りコタツに入ってきて…上半身裸のお腹部分に父の手が触れてしまいました。

父の手が私の上半身を確かめてました。くすぐったいのですが私は抵抗しないで我慢してたら…私の胸に手を乗せ撫できて、父の手が止まったと思ったら父が私の体を少し引き上げ、膝枕してくれ…私の背中と頭を撫でてました。

父の手が私のブラジャーを外してしまい…ブラジャーの締め付けがなくなりました。私は恥ずかしくて…父に何されるのか?泣きそうでした。

父は私の頭を撫でながらどんどんと男性のアソコまで引き寄せ、私の頭に硬い物が当たり…

私「キモイ!!お母さん助けて〜」と言いたかったのですが、怖くて声が出なかったです。

私は父のされるがまま身を任せて堪えてました。


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】ブルマー少女の露出願望【H告白体験談】

 ついに今年度から、私の通っている中学校でもブルマーが廃止されることになった。

 女子はみんなその決定を歓迎していた。まあ、普通は反対する理由なんてないし。

 太ももが丸出しになる上に、お尻のラインがハッキリと出てしまう履き物なんて、下着と大して変わらないのだから、恥ずかしいと思うのも無理はない。特に、顔が可愛くて太ももがムッチリとしている子なんて、いつも無遠慮な男子の視線に晒されているのだ。ちょっとした露出プレイのようなものだろう。

 可愛くてムッチリしている子というのは、私のことなんだけれど。

 自意識過剰だと思われそうなので、男子の視線がいやらしいだなんて友達にも言ったことはないが、私がエッチな目で見られているのは確かだった。

 普段の体育は男女別だけど、ブルマー姿を見られてしまう機会なんていくらでもある。体育祭や球技大会だけじゃない。教室から体育館やグラウンドに行く途中もそうだ。それに、体育の授業中にしたところで、男女で違う競技をやっていたとしても、近くに男子がいたのではあまり意味がない。グラウンドならまだ距離が出来るが、体育館で半分ずつ面積を分け合って体育をやる時なんて、男女混合でいるのとほとんど変わりはなく、いつもジロジロと見られたりするのだった。

 平成に入ってから数年が経ち、人権意識が高まってくるにつれて、ブルマーが全国の学校で次々と廃止されていくのも、考えてみれば当然のことだろう。

 体罰への非難と同じで、ブルマー排斥の流れは、時が経つほど加速度的に広がっている。この国の教育機関からブルマーが完全に消える日も、そう遠くないに違いない。

 もっとも、体罰の場合は、ちょっと話が別かも知れないけど……。

 うちの学校では皆無だが、どうも世の中には、まだまだ平気でビンタをする教師も多いらしい。体罰が問題とされることによって教師の立場が弱くなるのではという声が、色んな方面から聞こえてくるけど、未だ教師が王様然としていられる学校も決して少なくはないのだ。十年後二十年後も、おそらくそれは変わらないだろう。

 まあ、その辺は学校によるだろうし、地方ごとに色んな事情があるのだろうけれど。

 どちらにしろ、私には関係のないことだ。うちの学校は、公立の中学校としては珍しく、生徒に暴力を振るう教師はいないので、私にとっては体罰問題なんて至極どうでもいいことだった。

 それよりも、ブルマーである。

 春休みが終わり、新学期が始まると、私は中学三年生になった。

 今年度からブルマーが廃止されるのだから、おそらくクラスメートの女子のほとんど全員がブルマーを捨て、春休みのうちに学校指定の店でハーフパンツを購入していることだろう。


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】レイからノゾミへ【H告白体験談】

初めまして。

レイと申します。

24才の、もうすぐ寿退社予定のOLです。

私は処女のまま結婚します。

でも決して私が不美人で男性にもてないからというわけでは決してありません。

どちらかというと学生時代からもてる方でした。

私の名誉のために。

けれどもどの人に言い寄られてもからだを任すことはできなかったのです。

私には「昔つきあった」「心の恋人」がいるのです。

その人のことがずっと心にひっかかっていてぎりぎりのところまで行ってもどうしても逃げ腰になってしまっていたのです。

懺悔します。

私の「心の恋人」は女性なんです。

こちらは何の気なしにサーフィンしていて偶然発見しました。

読んでいるうちに昔のことをありありと思い出していきました。

特にALICEさんの懺悔には強く惹かれました。


このHな体験談の続きを読む・・・

検索とブックマーク

はてなブックマークに追加
ツイートする
Google+で共有する

エッチ画像ピックアップ

今週の人気画像ランキング

この時間の人気記事

Hな告白体験談のTwitter

アーカイブ

相互リンク

ページ上部へ戻る