Hな告白体験談では実際にあったHな経験や体験談をまとめてご紹介しています。人妻や友達とのHな体験談か妹・姉・母親とのHな体験談まで色んな告白体験談がありますよ♪

タグ:お母さん

【友達】潔癖症【H告白体験談】

私は今まで男の人と 長くつき合ったことがなく、

今では男 友だちからも敬遠されていて、 女友だちも私は男嫌いだと思っています。

すごくガードが堅く勉強ばかりしているように思われているのです。

中学とか高校、大学と新たな世界では、友だちの中で私がまず男の人から 声をかけ

られる。でも、私は潔癖症というか少しでも男の人の不潔なことを 見つけると、も

うダメになるの。息や体のくささは勿論、男くささだけでも嫌になってしまう。

こんな私も、去年国立大学に現役で合格して、去年の春から中一の男の子(今は中2)

の家庭教師を始めたの。高3の時は全国模試・英語で名前が載ったこともあるの。

その中1の子は今までつき合った男の人(でも1ヶ月も続いたことないの)とは違って

女の子のように可愛い子だという印象があったのに、やっぱり 男の子は男の子だったの。

6月ごろ、素足にタイトのミニで彼の机の横に椅子を並べて、 勉強を教えている時に、

その子に問題の与えて待っている時に、ほんの少しうとうとしてしまったの。

ほんの少しの時間だと思う。ふと目が覚めると、その子がね、机の下に潜り込んで、絨

毯にはいつくばる ような恰好で、少し開いた私のスカートの中をのぞき込んでいたの。

その子の露骨な姿を見たとき、体に電気が走ると言うか、ジーンとしびれるようになって


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】レイナ5 【H告白体験談】

「傘、持っていきなよ」

近くだから平気、と言う俺に、

そこで待っていろ、という仕草をした。

それから急いで鍵を取り出して玄関のドアを開ける。

すると、ちょうど家の奥の方で電話が鳴り出した。

彼女は手振りで俺を招く。

電話に出たいから中に入っていろ、という意味だろう。

大した雨ではなかったけど、俺は、その言葉に従った。

一分もしないで、彼女の電話は終わる。

「親から」

玄関先は暗く、彼女の姿はぼんやりと見えた。



靴を脱いで室内に上がり、

玄関先に立つ俺を見下ろすように話し出す。

電話の内容は、


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】キャット【H告白体験談】

お久しぶりです。キャットです。7月は一回もやってないのでかなりガマンしましたよね。逆にストレスがたまり始めたし、少しくらいはいいかな?

 夜遅くに以前のように全裸になって外に出てみると、あの懐かしい気持ちが蘇ってきました。あそこや胸に直接あたる風が最高です。ちょっと出るだけで戻ろうと思っていたけど、無理でした。道に出るともう止まりません。自然に足はあの隣町へ向いていました。

 隣町までの2キロの道のりはとても楽しかったです。もちろん、そのまま駅前の公園へ行きますよね~。公園のベンチに座って、以前のようにオナニーを始めると、すぐいっちゃいました。しばらくだから呆けていると、久しぶりに聞くバイクの音。背中を向けているので、あえて隠れないで通り過ぎるのを待ちました。ドキドキしました。

 バイクの音がしたということは、新聞屋さんがもう開いているということです。遠回りして帰ることにしましたが、もうワクワクしています。帰る途中から明るくなってくるのも久しぶり。初めて知らない人に見られたあの道を歩いて帰りました。車も走り始めてきたので道の脇の小さい川に隠れながら歩きました。

 特に誰かに見られたということはなかったけど、久しぶりの露出散歩は楽しかったです。せっかくの夏休みだし、学校の補習も終わったので、しばらく遊んでみますね。



あは!誉められたのかな?

待っていてくれて、ありがとうございます。そんな言葉聞いちゃったら、また止まんなくなっちゃいますよ。責任とってくださいね(^^ゞ

今日は朝からやっちゃいました。薄手のキャミワンピ一枚で朝ご飯を食べたんですね。お父さんはもう出勤した後だからお母さんだけ。このキャミワンピは薄いから透けて見えちゃうんです。お母さんにだらしないって言われました。ちゃんと下着着けなさいって。ということは、このまま外に出たらノーパンノーブラがバレるということね。

食べ終わったら、裏の車庫から脚立を持ってくるように言われたので、そのまま行ってきました。お母さんには見られたらどうするのって呆れられたけど、あたしはある感触をつかんでました。見せてんだもの。

お母さんがちょっと遅めに出勤するとあたしも出かける準備。もちろんこのままです。行き先はあたしが通っていた中学校です。LaLaさんがA奈さんのを読んでマネをしてみたというのを読んで、あたしもA奈さんのマネをしてみようと思ったんです。

でも、そのままマネしちゃオリジナリティがないので、あたしならではを入れてみました。それがこの計画です。あたしの学校は廃校になってないし、早朝じゃないけど一応服は着てる。ガンバリました。

中学校までは4キロあるので歩いては行きたくありません。自転車で行きました。途中で人とすれ違ったけど気づかれなかったかな?

中学校の前には小学校もあります。近くのお寺に自転車を置いてそこからは歩いて行くことにしました。小学校のグランドでも小学生が遊んでます。そこの外をゆっくり回って中学校の方に行きました。グランドでは野球部が練習しています。裏を回って体育館の方に来るとそこでも部活の練習をしていました。前に来た時はここを過ぎた辺りで担任の先生に会ったなぁと考えていたらまた会いました。

また職員室に案内されましたが、今回はあたし下着を着けていないのがバレてるはずなので、教室に行きたいと言いました。あたしが3年の時に使っていた教室です。階段をあたしは先に上りました。教室に入ると先生は


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】さっちゃん【H告白体験談】

<>528えっちな21禁さんsageNew!04/06/1103:05ID:WnilsG5M<>

小学四年ぐらいかな・・・

近所に住んでた二つ下の年の女の子とよく遊んでて、その子の家で遊んでた時に

たまたま、その子の親が出かけて遅くなるので一緒にいてほしいと頼まれた。

遅くなると言っても、昼間の3時から5時ぐらいまでの間の留守番だった。

最初はパズルなんかしてたんだけど、すぐ飽きてしまって布団の中にもぐって

二人で、はしゃいでいた。

その時に、子供の作り方の話になった。

なぜかというと、その子の親が妊娠していたからだ。

僕は、学校で習って少しは知っていたので

さっちゃん(その子の名前)に

「精子ってのと卵子てのが、受精すると出来るんだよ。」

と教えてあげた。恥ずかしくは無かった。特に恥ずかしいものでは無いと思っていたからだ。

やはり小学生の知識なんてそんなものである。




このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】続雷 釈明【H告白体験談】

俺の顔の平手打ちが決まると興奮は消えて「バレた」と言う現実に体中の血が引きました。

怒髪天を衝くほどに怒ってる姉もSちゃんの必死の制止に落ち着きを取り戻して

俺に服を着るように言うとSちゃんのお尻についた精子を拭き取り体中を確認するように見てから「Sも服着な・・・お母さん達には言うから、説明して」

服を着たSちゃんは泣きながら、昨日の事、今日の事を説明して最後に

「お姉ちゃんお願い誰にも言わないで、おーねーがーいー」と大泣きになりました

姉は理解不能と言った顔をしながらも「わかった、昨日はSが、今日は昨日の事に興奮して・・・また君が来た、」と言うと顔を俺のほうに近づけて聞きました。

「妹・・犯してないでしょうね」

俺「えっ」

姉「君、自分で妹のお尻に出したんでしょ、お尻の穴に挿れたの?」

俺「いいえ、そこまでは・・・」

姉「ホント?後で嘘だったら警察だからね、帰りな」

俺は逃げるように帰りました。

家にいても電話が鳴るたびに「Sちゃんの親かも」と不安でした。

夜中になって「もう平気だろ」と安心すると頭の中にはSちゃんが出てきて自然とナニは勃起しました。

翌日、学校から帰ってくると俺は受話器を取って電話をかけました。


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】旅の恥はかきすて【H告白体験談】

翔子はスポーツ万能でボーイッシュな小学五年生の女の子。

そんな翔子は夏休みに自転車で県内一周の旅を計画しました。

(最初は日本一週するつもりでしたが、途中で無謀だと気づいたようです)

家族に見送られ、家を出発すると荷物を括りつけた愛用のスポーツバイクを走らせます。

彼女の住む町は県内では一応都会の部類に入るのですが1時間も走らないうちに舗装された山道に入りました。

元気な翔子は坂道をものともせず、グイグイとペダルを漕いで山を登っていきます。

途中トンネルをくぐったりしながらその山を五合目まで登ったかという所に

山林の一部を切り開いたような緑の草に覆われた大きなスペースが道の横に広がっていました。

車が止まって休憩できるようなその場所で翔子も一休みすることにします。

「ふいー!疲れたぁ!」

汗はかいていますが言葉ほど疲れていない様子で翔子は自転車から降りると手を上に挙げて伸びと、深呼吸をしました。

「あぁー!あっつぅ」

続いて翔子は被っていた帽子を脱いで、それで胸元と顔を仰ぎます。

翔子のショートの黒い髪がその風に舞いました。

水筒のスポーツドリンクを半分ほど飲み、息も整ってきたという時……翔子の表情が少し変化しました。


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】離婚のキズが癒える間も無く・・・【H告白体験談】

<>147 :恋人は名無しさん :2007/04/03(火) 11:01:34 ID:Lbnmdpu90<>

投下。果てしなく長文なので規制も長いしのんびり行こう。

俺29歳、会社員 ×1

彼女A 26歳 会社員

Aの上司B 37歳 妻帯者

Aからのアプローチで付き合いだした俺とA。

最初離婚の傷もあって体の関係は無かったが、Aは優しく

変な言い方だが信頼できると思ってやった。

そして数ヵ月は年下の癖に包容力があって、健気なAと戸惑いながらも幸せだった。

離婚の理由を聞かれた事はあったけど、はぐらかしたままだったが

「過去の事は気にしないよ。今のあなたが好きだよ」と言ってくれた。

こんないい子にはその内はっきりと言わなくちゃいけないな、と思ってたが踏ん切りがつかなかった。

ところが数ヵ月後Aが妊娠してしまったという。

「大好きなあなたの子を産みたいです」と結婚を迫られたが

俺の×1の原因は俺の無精子症。


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】昔の彼女がAV女優に まとめ【H告白体験談】

前もって言っておくが、全くエロくもない内容です。

それでも誰かに言いたくて仕方がないんで聞いて下さい。

でも勝手な言い分ですが、誰なのかとかは勘弁して下さい。

2週間ちょい前、昼過ぎに友達から電話がありました。

お互いサラリーマンなので、昼間に電話なんて滅多にないです。

だから何かあったのかと思い電話に出ると、友達が言ったんです。

「お前が付き合ってた愛ちゃんていただろ?あの子AV出てるぞ!」

愛ってのはもちろん仮名です。

「は?何言ってんだ?お前」

「マジマジ!昨日レンタルに行ったらあったんだよ」

「それってただ似てるだけだろ?」

「俺もそう思ったんだけど、思わず借りちゃってさ。見たらマジだった」

「・・・マジで?」

「マジマジ。喋り方も声もあのまんまだったし」

「マジかよ・・」


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】まだ続々々・隣の少女【H告白体験談】

水曜日。イレギュラーで火曜日にジジイが佳純ちゃんを抱いたので、初?ジジイのすぐ後に佳純ちゃんとエッチできる。

しかし、ジジイのエロテクに、昔のバイブ(張型)による攻めはたまんないだろうなぁ。

昼過ぎまで寝て、起きると、佳純ちゃんからメールが。

今学校終わったから、急いでシンさん家いきます!

カスミ。

だそうです。

明日も休みだし、ジジイも来ないだろうし、佳純ちゃんとやりまくるか!ムフ。コンコン。

「どうぞー」

「シンさん!来たよー」

佳純ちゃんがニコニコ顔で入ってきた。

「佳純ちゃん、やけに嬉しそうだね?」

「えへへー」佳純ちゃんが俺に抱き着いてくる。

なんだ?どうしたんですか?いきなりやりますか?

「どうしたの?」

「友達がね、シンさんカッコイイって!」


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】母、涼子を思い・・・。【H告白体験談】

「ああう、お母さんっっ!」、もう何度自分の母親のことを妄想して射精しただろう。

涼子、41才。 母親にして俺のオナペット。 専業主婦だったが、最近はパートに出るようになった。

自分の母を捕まえて人妻というのもへンだが、俺から見たらかなりの「かわいい」系人妻だ。

小・中学の父兄参観日に母が来ると、自慢したくなるほどだった。

実際、中学の時にはクラスメイトから「お前の母さんでオナれるよ!」と言われてから、特に母を「女」

と意識するようになった。

今では母と行くこともなくなったが、市営プールなどで母の水着姿を見ては、目に焼き付けオナニーした

のもだった。

また、母の水着姿をイヤらしい目で視姦しているオヤジ達に興奮もしていたものだ。

母が身につけたその水着をオナニーの道具にし、精液で汚したことも何度かある。

とにかく、母とセックスがしたくてたまらなかったし、それは今でも変わりない。

唯一、母にされた性的な行為は小学6年生の頃だ。

包茎のペニスの不衛生さを指摘されたときに皮を剥かれながら、「痛かったら言ってね。」と言われながら、

細い指先でペニスを弄ばれたことだ。

皮を剥かれたことによる痛みで勃起はしなかったが、今でもそのことを思い出しては、オナニーすることが


このHな体験談の続きを読む・・・

検索とブックマーク

はてなブックマークに追加
ツイートする
Google+で共有する

エッチ画像ピックアップ

今週の人気画像ランキング

この時間の人気記事

Hな告白体験談のTwitter

アーカイブ

相互リンク

ページ上部へ戻る