Hな告白体験談では実際にあったHな経験や体験談をまとめてご紹介しています。人妻や友達とのHな体験談か妹・姉・母親とのHな体験談まで色んな告白体験談がありますよ♪

タグ:ぽっちゃり

【フェラチオ】肉塊(にくかい)【H告白体験談】

その女は「テル」といった。

出会い系で知り合った。プロフィールでは「激ポチャ」とあった。

おれは、まあ、普通に「太っている」のを大げさに書いているのだろうと思っていた。

好みとしては、どちらかというとぽっちゃりした女なのだ。駅前のコンビニで待ち合わせた。

「別イチ」で話はついた。

おれは、約束の時間より少し早めに駐車場に車をつけた。

ミラー越しに、どんな女が来るのか探していた。

「あれか?」

まあそこそこ太目の女が歩いてくる。

「あれくらいなら許せるな」

しかし、その女はわき目も振らず、通り過ぎていった。

「違ったか」

反対方向から、原付に小錦が乗っかったようなのが来た。

「あ、あれかぁ」

サドルというのか座席が肉に隠れて見えない。


このHな体験談の続きを読む・・・

【おっぱい】街にあふれる新社会人とセクロスするの簡単すぎww【H告白体験談】

春、いろんな人が激変した環境に何とか馴染もうと必死で頑張ってる姿をたくさん見かける。

初々しいスーツ姿にまだ角が張った黒い革鞄を抱えた新社会人、自分が大学を卒業した頃を思い出して微笑ましくもなる。ただしその姿も週末の終電間際になると様子が異なってくる。

馴れない環境で昼間一生懸命精神をすり減らした新社会人たちは、夜、少しのアルコールで過ぎ去りし大学生活へのノスタルジーか、一気にその”ノリ”に戻って飲み過ぎてしまうものだ。俺がこの季節狩場にしているのは主に大箱の居酒屋かチャージがかからないカジュアルなバーだ。

特に俺が好成績を収めている店は、ノーチャージでカウンターでの都度払い、ダーツが2台設置してあるもののこじんまりとした、そして価格帯の安さから若い子で賑わうお店だ。

普段はクラブが主戦場だが、ほぼリクルートスーツに毛の生えたような格好をした新社会人たちは飲みに出てもその格好のまま金曜日のクラブへ出向くことは少ない。4月初頭のある金曜日、この日も18時を過ぎると新社会人の歓迎会的な集まりが繁華街のアチラコチラで催されている。俺も同じ業界の合同新歓的な集まりに顔を出さなければならなかった。狭い業界内の女の子には手を出さない、まして社内の子などもってのほかという主義を持っていたので、粒ぞろい女の子が集まるこの業界に身を置いたことを嘆きつつ、1軒目をさらっと流して悪友と一緒に狩りへと街に繰り出した。俺、隆と裕也は高校からの親友、マーチを出てネット中心の新興代理店に就職した俺とは違い一流大学から大手広告代理店を経て30前にしてさっさと独立を果たした裕也とは、現在のステータスこそ違えど普通に仲が良いことはもちろん、女の趣味が真反対ということで一緒に飲みに繰り出してはナンパに励んでいる戦友でもある。その日飲み会を抜けだした俺達がまず向かったのは大箱の居酒屋。いい大人になった俺達は普段ならもうほとんど行くことがないこの手の店だけど今日の目的はあくまで狩りだ。トイレに向かう動線上の半個室席を確保して着席、不味い酒を飲まされないためにボトルのスパークリングワインをオーダして二人で飲みつつ、トイレに向かう女の子をチェックする。

夜の9時を回った頃だというのにすでにいい具合に酔いが回った女の子が列に並んで頻繁に入れ替わっているのがわかる。しばらく飲み進めた時、その女の子は少し赤くなった顔で、でもまだしっかりした足取りでトイレに向かう列の最後尾にならんだ。

就職活動に合わせて黒くしたのか、濡れるような黒髪にまだ真新しいスーツ、むっちりとしたおしりを包む膝丈のタイトスカートの上からでもその太ももはイヤラシくその存在を主張していた。

顔は一瞬しかチェックできなかったけど意志の強そうなくっきりとした目元(お酒で少しやわらかくなってはいたが)にぽってりとした唇、そんな俺好みの顔立ちだったし、なにより、白いブラウスの下からスーツの胸元をきつそに押し上げる、その大きすぎる胸に目が釘付けになった。裕也に「俺が行くね」的なアイコンタクトを送るとすかさず立ち上がり、そのコの後ろに並ぶ。トイレは男女兼用の個室が3つ、そこに一列で順番待ちをするようになっている。ざっと見てそのこの前に並んでいるのは6人、時間にして約3分ほど話をする猶予がありそうだ。「並んでますねー、今日は街にもいっぱい人出てたしどこのお店も満杯ですね」

「そうなんですよー、このお店入る前に2軒も断られちゃいました」

最初の印象通り、気の強うそうなはっきりした目元だがさり気なく話しかけると思いの外ノリよく付き合ってくれる。サラサラのロングヘヤーに目が行って気付かなかったが小顔でパーツがはっきりしたかなりの上玉だ。

「俺もこのお店学生時代以来かもしれないくらい来てなかったんだけどどこも空いてなくて久しぶりに入ったよ、今日はここ一軒目ですか?」

「いえ、会社の飲み会あったんですけど一次会で解散だったんで、同期の子たちと二軒目にきたんです。やっぱり先輩や上司と一緒だと食べてても飲んでても全然緊張しちゃって、かえってストレス溜まっちゃいますよねー、あそう、私まだ就職したてなんですけど、ホントこの先ちゃんとやっていけるか不安ですよー」

酔いも手伝っているのか思った以上に饒舌にしゃべりまくる、どうやら本当にストレスが溜まっているようだ。

この時点で並んでいるのはあと3人だ、もうちょいいけそうだ。

「新社会人だ、なんかそんな気してたよwどんな業界ですか?」


このHな体験談の続きを読む・・・

【人妻】妻と愛人・・・【H告白体験談】

私は40才の会社員。

妻は30才で二人の間に子供が二人居ます。

愛人は36才、×1で子供が一人居ます。妻に愛人の事がばれないようにしながら関係は三年以上続いていました。

あの日が来るまでは・・・その日は子供達が実家の祖母の家に泊まりに行ってたので妻と自宅でゆっくりしていると小包の配達が来ました。

私が玄関を開けると、突然腹を何かで叩かれ気を失ってしまいました・・・気が付くと私は目隠しをされ、手足を椅子に縛られ全裸で座らされてました。

女の声で『こいつ目を覚ましたよ』と言われたと同時に目隠しを取られ、周りを見ると四人の男と二人の女が居ます・・・見た事もない奴らです・・・リーダーみたいな奴が近づき私に言いました・・・

『あんた奥さん居るのに愛人作って最悪な奴だな。お前の愛人は俺の元カノなんだよ。結婚しようって言ったら好きな人がいるから嫌だって。だから探したよお前を!』奥さんは可愛いし、元カノは綺麗だから、仕方ないだろうけど浮気はヤバイよなぁ・・・独り言を言いながら、私の向かいにある黒いカーテンに向かって行きました・・・『今日は、みんな楽しもうぜ!』と言いながら同時にカーテンを開けると、そこには目隠しをされ、手は上から吊され、足はM字に固定された妻と愛人が・・・お前ら何をやってんだ!バカやろう!と騒いだら、周りにいた男達に顔と腹を殴られ、半分意識を失いかけてました・・・『今日は、お前の目の前で嫁と愛人を可愛がってやるから楽しみにしろよ』と、言うと二人の目隠しを外し、妻達は私を見て睨みつけました・・・最悪です・・・愛人には、元カレともう1人の男が、妻には別の二人が行き、服の上から胸やアソコを触りはじめました。妻はEカップぽっちゃり体型、愛人はBカップの痩せ型をしています。そんな二人の胸を揉みながら、服をハサミで切り二人はブラジャー姿になりました。

そのまま、ズボンもハサミで切り出し、二人ともブラジャーとパンツになってしまい、男達は大興奮です。妻は水色の下着、愛人はピンクの下着・・・私の趣味で買った下着です・・・さてさてと言いながら、1人は胸を1人はパンティーの上から割れ目をなぞると、二人のパンティーに染みが出来てきました。二人ともかなり濡れやすく、特に愛人は感じやすく、おそらく二人の男に触られて気持ちとは裏腹に感じてしまってるみたいです・・・さて、下着も切っちゃいますよ~♪

と言いながらブラを切ると妻の豊満な胸が、愛人は小さいながらも上向きな乳首の胸があらわになりました・・・

二人の乳首はたっており、それを見て男達は大興奮です・・・さて、パンティーも切りますよと言うと妻達はやめてと騒いだが、聞いてもらえるわけもなく、パンティーは切られ二人のアソコがあらわになりました。『ヤベ~濡れすぎじゃない??汁が垂れてるよ!しかも、並んで見るとアソコの形って違うんだな!』言い、ビラビラを手で広げ1人1人観察し始めました。妻はアソコが肉厚で普段は閉じています。クリが弱くイク時はクリを触りながら行きます。

四人の男が妻のアソコを見ながら、クリを触ったり指を入れたりしてますが、クリを触られるとピクピク身体が動くのでクリが弱い事がバレてしまい、クリを舐められつままれ、我慢していた妻からもハァハァと感じた声が漏れてきて、身体をビクンとさせてイってしまいました・・・

男達は、大喜びです・・・次は愛人を四人が触り始めました・・・

愛人のアソコは妻とは違い肉薄ですが、感じてくるとクリがかなり大きくなり飛び出てきます。

ただ、大き過ぎるからか触ると痛いらしくあまりクリが好きではありません・・・

元カレが愛人のアソコに顔を近づけ、久々に見たけどやっぱり綺麗だな♪


このHな体験談の続きを読む・・・

【浮気・不倫】彼女との合コン【H告白体験談】

【スペック】

真司(俺) 23歳 新卒サラリーマン

まなみ(彼女) 20歳 アパレル 身長160cm Dカップ 本上まなみ似彼女とは2年前にバイト先で知り合った。彼女は明るく人懐っこい性格。

一年前から同棲し始め、休日は基本的に二人っきりでいることが多い。

セックスはというと、平日はお互いの時間が合わないので、休日にする

ことが多い。どちらからともなく相手の体を触りだし、ゆっくり時間をかけ

てお互いの暖かさや柔かさを楽しみながら、という感じ。しかしながら

回数は日に3~4回することも珍しくなかった。彼女は俺が2人目の彼氏で、最初の彼氏とは3回ほどしかセックスをし

なかった、とのこと。なので俺との最初の方のセックスのときは痛がって

いたし、いまでもフェラチオはぎこちなく、騎乗位なんて全くできない。しかしながらその顔、性格から遊んでいるように見えてしまうところを

彼女自身も悩んでいた。現に俺も遊んでいそうなところに惹かれ、付き

合った当初はセックスの下手さにガッカリした。今ではそのギャップが

たまらないのだが。そんなある日、まなみが携帯を手にして

まなみ「なんか店の後輩ですごい男に飢えてる子いてね、その子の為

     に合コン開かなきゃいけなくなっちゃったんだよね。。。笑」


このHな体験談の続きを読む・・・

【人妻】清楚っぽい服装だが、身体がエロい人妻【H告白体験談】

・・で出会った人妻とメールをやり取り。

写メ交換済みで、人妻は年齢より若く見える。



ELT持田さんをぽっちゃりさせた感じで、妙にエロい。

年上希望の俺としては理想的な相手で、

エロ話も盛り上がり、かなり楽しい。



1週間メールのやり取りをしてからデートに誘うと、

「ホテルに誘ってくれるなら…」 と、願ってもない展開に。



待合わせ場所に来た持田さんは、写メより可愛いかった。

清楚っぽい服装だが、身体がエロい…。

ムラッ!としてしまう俺…。



挨拶を済ませるなり、


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】フェラテク最高のプス【H告白体験談】

今日、メル友20歳♀と面接してきました。事前に写メはもらっていて、ちょいブスぐらいかな?と思いながら行きました。

駅で待ち合わせたところ、いくら待っても来ない。帰ろうとする→メールが来る。の繰り返しでなんと三時間経過…。

それだけ飢えていた自分なんですが、やっとのことでご対面。徐々に近づいてみると…

ん??なんか変じゃねーか?



例えるなら…松井秀喜を上から潰して、肉を付けた感じ。肌は荒れ荒れでした。

で、一瞬どうやって帰ろうか考えました。しかし、すでに逃げれる距離でもなく、そのままご対面。

むこうはものスゴい乗り気らしく、テンション高め。ホ

テルまでの道のり「私、ブスでしょ~?」とそんな気持ち微塵もない感じで何回も聞いてくる。

ブス過ぎて言葉出ない自分(*_*)

ホント~に逃げたかったんだが、慣れた感じでゴジ子の行きつけのホテルに到着。そのまま入室…。

部屋は年末ってこともあり、高め。しかも急に金ないとか言って、九割こっち持ち(–;)

部屋に入ると、とりあえずテレビ見る。

いろいろ個人情報を探ってくるゴジ子。

テレビがん見でシカトしまくる自分…。


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】歌舞伎町のヘルスで生中出し【H告白体験談】

私が中央線沿線に住んでいた頃ですから、もう5~6年前の話になりますが、勤めていた会社の本社が北区にあり、その日は勉強会に出掛け、その後は他の支店の皆との飲み会に参加して新宿に戻りました。

飲み会で結構な量の酒を飲み、かなり気持ちよく酔っていた私は、ふと思いついて歌舞伎町に向かい、風俗案内所で調べた一件のヘルスへ行ってみました。

そこは個室を持たず、近くのレンタルルームに女の子と一緒に移動して遊ぶシステムのお店でした。

気まぐれで立ち寄った私は指名もせず、店の人と一緒にこれから迎えに来るという女の子を店の外で待っていました。

しばらくしてちょっとぽっちゃりですが可愛らしくて大人しそうな22、23歳の子(だったと思いますが…)がやって来ました。

お店の人と別れた我々は、人で溢れる夜の歌舞伎町の街を歩き、5分程でビルの二階にあるレンタルルームへ到着しました。

そこからは普通のヘルスと一緒で、お互いにシャワーを浴びていよいよプレイ開始となりました。

正直この辺りの記憶は酔っていてあまりありません。女の子が色白でおっぱいが大きめだったことや、私が格好つけて「酒臭いからキスはやめとくね。」 などとのたまい、「優しいんやねぇ。(彼女は広島弁でした)」と言われたのは何となく覚えています。

ところが、この後私の酔いを一気に醒ますような発言が彼女の口から飛び出るのです。

酔いのせいか今一硬くならない私のペニスをしゃぶりながら、彼女が一言。「お小遣いくれるんやったらセックスしてもええよ。」

「えぇ?大丈夫なの?そんな事しても。」「うん、構わんよ。」

すいません。続きはまた後程。

続く…。

【友達】巨乳がポロリ【H告白体験談】

僕は京都のある予備校に通っている浪人生です。



昨日、浪人生全体の身体検査がありました。浪人生は2年目を過ぎるとなぜか身体計測の項目が増えます。通常の内科検診に加えて胸のレントゲン、心電図、胸囲および腹囲の測定などなどです。項目が増えて嫌というのに加えて他の人は予備校でやってもらえるのに、2浪以降の人たちは自分で検診を受けに行かなければなりませんでした。



ぼくはクラスの2浪の友達2人(あつしとかなこ)と一緒に近くの開業医のところに受けに行きました。



医者に言って受付をすますと看護婦さんに、「順番にお呼びするんで待合室でまっててください」といわれた。



待合室は空いていて僕たち以外には誰もいなかった。「先に身長体重など計りますんで○田さん(←あつし)こっちにはいってください」といわれあつしが入っていった。



かなこと話をしているとあつしの入った部屋から、「178センチ」しばらくして「78キロ」「つぎ胸囲計りますね…87センチ」「腹囲…」と聞こえてきた。僕はあつしって思ったよりも体重あるんやなとか思っていてふと気がついた。これはかなこの胸囲などもわかるんじゃないか…と。



かなこは身長は小さくちょっとぽっちゃりだけど胸は大きい。男だけで話す時は話のネタにしたりもしている。僕はかなりドキドキしていたが、それをかなこに悟られないようにしていた。



あつしが戻ってきて次はかなこが入っていった。あつしに、「中で話してる内容丸聞こえだったぞ。もしかしたらかなこのも…」というとあつしも興奮したようだった。


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】OLさん2人が、部屋に遊びに来て【H告白体験談】

仕事を終えて、夜12時過ぎに、部屋でくつろいでいると、

突然インターホンが鳴り、外に出ると、取引先のOLさん2人がほろ酔い気味に立っていた。

「遊びに来ていいっていってたよね?」とKさんが有無を言わせず

部屋に上がり込んできた。



OLさん2人のスペックを簡単に書くと、

Kさん(25歳・マナカナ似のぽっちゃり系。彼氏あり)

Jさん(26歳・山田優似のスレンダー。スゲー美人なのに、2年前の大失恋の後、彼氏無し)。

ちなみに俺(S)は、23歳。某社の飛脚をやっていて、無駄にイケメン? の素人童貞でした。

OLさん達は、俺のコースのお客さんで、

普段からよく2人には、からかわたり、いじられていて、うちのDJブースを見せる約束を

少し前にしていた事を思い出した。(無理矢理させられたのだが。)



俺は1人暮らしなので、突然来られてちょい迷惑気味だったが、

とりあえず部屋に上がってもらい、2時間くらい酒を飲みながら


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】1日で何人とやれるかな?【H告白体験談】

<>217:1◆QOnFKBueI4eQ:2013/09/20(金)19:17:55.41ID:2xgImq0l0<>

5.1日で何人とやれるかな?



高校時代、俺の日課は1限目に弁当を食べ、二限目〜四限目までメール、休み時間は携帯充電、五限目〜帰りまでずっとメールである

メールばかりなのは理由がある、この時俺は同じ時間帯に最高50人とメールをするからである

その50人の内訳は20人セフレ、5人セフレ候補、その他はまだ仲良くない女である

一通メールを送ると新着が5件以上あることがざらだった

友達と話しながらもメールを打っていた

友達A「お前は本当すげぇな、返信内容間違えたりしないの?」

俺「一言二言しか返さんし、返信内容には気を使ってる。時間かけて返信したら新着10件来て、それこそ忘れる。早く捌くのが大事」

友達A「ってか返さなければよくね?」

俺「関係が終わるだろ、嫌じゃないし、色々な女がいて楽しいよ」

友達A「メールしてる女ですぐにヤれる女は何人いるの?」

俺「20位じゃね?頑張れば30いくかも」

友達A「それを1日でヤったらすごくね?」


このHな体験談の続きを読む・・・

検索とブックマーク

はてなブックマークに追加
ツイートする
Google+で共有する

エッチ画像ピックアップ

今週の人気画像ランキング

この時間の人気記事

Hな告白体験談のTwitter

アーカイブ

相互リンク

ページ上部へ戻る