Hな告白体験談では実際にあったHな経験や体験談をまとめてご紹介しています。人妻や友達とのHな体験談か妹・姉・母親とのHな体験談まで色んな告白体験談がありますよ♪

タグ:りつか

【友達】友達の母 M子との再会【H告白体験談】

もう3年前の話だが、飲んだ勢いで、オッサンたちに2軒目のスナックへ連れて行かれた

近所だったが、その店には初めて行った

マスターも店員も客も50代後半~60代のオッサンとオバチャンたちの憩いの店だったオッサンが5人、店員も含めてオバチャン7人が狭い店内にいた

そこへ36歳のオレが行ったから、たちまちオバチャンたちの人気を集めてしまった

ベタベタと遠慮なく、カラダや太ももをなでまわされて、中にはチ〇ポをなでて来るつわものもいたが、酔っているのでそれほど不快ではなく、むしろ気持ちよかったぐらいだオバチャンのなかに見覚えのある人がいた

近所に住む後輩の母親(M子さん・57歳)だった

昔からキレイだったが、いまでも若く見えて、オレ好みのムッチリ系熟女になっていた近付いて行って、「U川君とこのお母さんだよね?」と声をかけると、うれしそうに「あぁ、覚えてくれてたの?T君、立派になってるからわからなかったわぁ」と言われた

それから昔のことや、彼女が22歳でU川を産んで、彼が高校生の頃に離婚したことなどを聴いた

後半、オレが聞き役に徹していたら、「T君はやさしいねぇ、うちの子は話も聞いてくれないし、結婚してからはあんまり家にも寄りつかなくなった」と言っていたので、「オレでよければ、いつでも話相手になるから連絡してよ」と電話番号を割りばし袋に書いて手渡した

そして、店も閉まって、オレたちは解散したしばらく歩いていると、すぐに電話が鳴り、期待しながら出てみるとM子さんからだった

「みんなと別れたら、うちに来て飲み直さない?」という誘いだったU川の家に行って、チャイムを押してみると中からM子さんが出て来たのだが、すでに着替えて、胸元が大きく開いた部屋着のワンピースになっていた

思わず胸元に目線が行くと「ちょっとォ、エッチなこと想像してるんじゃないでしょうねぇ?」と言われたので、「すみません、ちょっとだけ期待しちゃってます」と言うと、彼女が抱き着いて来て、「私も電話番号をもらったときから、エッチなこと考えちゃってたの」と言われた手を引かれて、寝室に通されると一人の女性には広すぎるベッドがそこにはあった

「こんなことになるのは、離婚してから初めてよ」と、わざわざ説明しなくてもいいことを言っていた舌を思い切り絡めあって、むさぼるようにキスをして、大きな胸をワンピースの上からもんんでやった

勃起したペニスを洋服の上から恥丘にこすりつけてやるとM子さんが「アアァァァッ・・・」と大きな吐息をもらした

スソから手を入れて、ふくらはぎ、太ももをなでまくって、パンティーの上から割れ目をなぞると、そこはすっかり湿り切っていたパンティーを脱がして、ワンピースもまくりあげて、一気に全裸にして、割れ目やクリトリスをベロンベロンに顔全体を使ってなめまくると、もうM子はガマンしていたものを吐き出すように「スゴイの!T君の顔が私のに吸い付いてスゴイのぉぉぉ」と快感の声をあげてくれた


このHな体験談の続きを読む・・・

【泥酔状態】千鳥足の女の子に痴漢してきました【H告白体験談】

ちょっと飲みに行ったんですけど

飲めば飲むほどやりたくなってきました。



時間も1時を回ってたんで

今から駅前まで行って風俗行っても開いてないやろうし、



しかたなしに家帰って一人で励もうと思ったんですけど、

家にあるネタも見まくって飽きたしネタ作りに

ちか~んしたれ!っと思ってウロウロしてたんです。



しかし、いざやろうにも時間が時間だけに人が居ない・・・

しかも俺は結構小心者・・・



ちゅうこと断念してトボトボ歩いてたら居たんです!!!

しかも千鳥足で横揺れしながら!!!


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】加奈【H告白体験談】

最初はゆきずりの一夜だと思っていましたけど……、これは後輩の彼女を奪いとった時の話です。

 加奈は、僕の一つ年下の22歳。本当は僕と付き合いたいと思いはじめ、僕の所属するサッカークラブのマネージャーになったのですが、チームの後輩から強引に告白された事と、ちょうどその頃僕が足を故障して治療の最中という事もあって、加奈のアタックを受け流して、はっきりしない態度を見せていたため、俺からの返事はノーだと考えた加奈は、後輩と付き合うようになりました。

 後輩を悪く言うわけではないのですが、独占欲や嫉妬心が強い彼では、加奈の気持ちに応える事は難しいと思っていましたが、やはり加奈もそういった彼の一方的な思いを辛く感じるようになり、付き合い始めて二ヶ月位のある日、相談に乗って欲しいとメールをもらいました。

 後輩が仕事の関係で一日家を空けるということで、加奈もこの日を待ってくれていたようでした。

 その日の夕方、加奈のマンションの下へ迎えにいきました。薄いピンク地の浴衣姿で現われた彼女は、夕焼けの光りと重なり、男として彼女を自分のものにしたいと強く実感した瞬間でした。この日は夏祭りで、河川敷で見た花火が終わるまで、まるで当たり前のように彼女の手を握り、同じ空間を共有している事に、幸せを感じました。

 相談があるという前から、何が言いたいのかわかっていましたし、彼女がなぜ今日のパートナーに僕を選んだのかは、お祭りの中で見せる笑顔や態度が物語っていました。人込みの中を進む時、彼女の腰をグッと左手で僕の方に引き寄せながら、加奈の自分に対する気持ちがどうのこうのというよりも、絶対に後輩から奪ってでも加奈と一緒にいたいと思っていました。

 お祭りが終わり、一杯飲もうか?という問いかけに優しくうなずく彼女。

 日本料理屋とカウンターバーを合わせた、行き付けのお店に彼女を連れていきます。それまでお互い避けていた、後輩の彼の話題に‥‥

「あのね‥私の気持ちは変わらなかったよ‥今までずっとだよ。くぼっちに嫌われてると思って今の彼と付き合うようにしたんだよ」

 そう言った彼女は瞳を潤ませながら僕の方を見つめます。

「俺も加奈が好きだ。俺の所に来てくれ。」

 そう言うと彼女は小さくうなずき、大粒の涙を流して、カウンターの上の僕の腕をギュッと握り締めてきました。こんなに愛しい彼女に、ずっと寂しい思いをさせて来たのかと思うと、自然に彼女の頭を抱き寄せ、唇を重ねていました。

 僕の自宅に戻り、二人でシャワーを浴びます。程良く大きな乳房と眩しいくらいの白い肌を見ると、僕の興奮は最高潮に達していた。唇をお互いがむさぼりながら、髪を洗い終えた彼女の体を優しく洗うと、息遣いを荒くし、全身が赤身を帯びていきます。

 たまらず、彼女の乳首を口に含むとピクンと反応する‥クリトリスを指先で触りながら、「加奈のかわいいクリ、すごく濡れてるのわかるか?」と聞くと「いやぁ‥いじめないでよぉ‥あんっ」と悶えます。

 その可愛さにもっといじめたくなり、加奈の中に指を一本だけ入れるとすでにグチョグチョ。


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】風俗嬢が合コンにやってきた③【H告白体験談】

『アタシのオマンコにオチンチン挿れて下さい』

命令して俺の目を見て言わせたよw

声が小さかったから3回もねww

膣内が空洞になるタイプみたいで、挿れてる時はあんまり気持ち良くなかった。

だけど揺れる巨乳と凌辱されてる感たっぷりの表情だけで十分だった。

別にコイツを気持ち良くさせるつもりもなかったので、好きなように腰を振りまくった。

バックでケツをパンパン引っ叩きながら、アナルが見えるよう左右に開いたりして。

ラストスパートの正常位で腰を振りまくってたら、案外興奮してたみたい。

命令もしてないのに、キスしたら積極的に舌絡めてきてたし。

ちゃんとゴム内に射精して、後はお決まりのお掃除フェラ。

さすがに嫌な顔をしてたけど、バッチリ丁寧にしゃぶってもらった。

まぁーー最高でしたw

しばらくグッタリしてたかと思ったら、突然無言で立ち上がって風呂場に消えていった風俗嬢。

別にイイやと放置していると、出てきて服を着出したから笑えた。

『まだ満足してないんですけど?』


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】新宿のホテルで 3【H告白体験談】

32歳のカイといいます。事実にもとづいた「フィクション」…です。

掲示板の投稿に感想メールをもらい知り合った15歳のゆきこと、新宿で

会った時の話の続きです。

ゆきこは一回イカされて僕の下で息を荒くしています。

「どう?ゆきこ?きもちよかった?」

「…はぁ、はぁ…うん…すごいよ。。おにいちゃん…すごくよかった…

うっんぁあっ!ああっ!」

「ほら、まだ硬いままで入ってるよ。ほら、首に手をまわして…そう。

このまま起きるから、ぎゅってだきついてて。」

そう言うと、僕はゆきこごと上体をおこし、ペニスを入れたまま座って

ゆきこをだっこする座位の形になります。

「ほら、こうすると、だっこしたままえっちできるよ。さっきはちゃんと

イケたの?」

「うん、初めてえっちでイッちゃった。。すごかったよー」

「なんか、エッチでイケないって言ってたから心配してたんだけど…すぐ


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】世はおしなべて事もなし【H告白体験談】

<>401名前:えっちな18禁さん[sage]投稿日:2013/01/28(月)21:14:32.78ID:Kgac48BI0[1/18]<>

友達ってわけでもないが、まあこのスレが一番近いかなと思ってココで書く。



去年の盆に高校の同期会をやったんだが、その準備を一昨年の秋くらいからしてた。

まあ音頭取りのヤツが個人的に各クラス1人くらい声かけて10人で準備し始めたんだが、

積極的にやってたのは5人くらいでそのなかに俺と、2年のときに同じクラスだった美佐がいた。



高校は県下でも有数の進学校で、美佐も弁理士の資格を持っていて、主婦ながら子供が学校に

行ってる間は実家の法律事務所を手伝ったりしてるらしい。

ちなみにダンナはフツーのサラリーマンなんだが、毎日通うには少し離れたところに単身赴任中で

週末や週中にたまに帰ってくるくらい。

まあ、あとでその旦那の浮気が元でこのスレに書くような事になるんだけど。



<>402名前:えっちな18禁さん[sage]投稿日:2013/01/28(月)21:16:15.20ID:Kgac48BI0[2/18]<>

会合は初めは月イチで夜7時くらいからファミレスに集まって、1時間くらい話して終了。


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】気持ちいい【H告白体験談】

初めまして。こーゆートコにカキコするのは初めてなんだけど…ていうか記憶がおぼろげなんだけど、まぁ…思い出しながらだけど頑張って書きますので聞いてください。

 昨日、チャットで知り合った4つ上のLさん(仮名)と渋谷に遊びに行ったんです。

 Lさんとは知り合ったその日に電話して、そんでいきなりテレエッチしちゃって…遊びに行く時もそーゆー雰囲気になることが簡単に予想できて…。

 あたしは2ヶ月ちょい前に付き合ってた彼氏と別れてて、それから男の人と遊びに行くコトはなかった、とは言わないけど、H前提なんてのはなかったのです。

 前日の夜、あたしは親に「明日A(=仲がいいクラスメートの女の子)と遊びに行くから携帯貸して」と言って携帯を(結構強引に)借りて、朝 パソコンで乗り換えを確認して、彼氏と別れてから全然乗らなかった山手線で渋谷へ。乗り換えのところで手間取って時間を少しオーバーしちゃったんだけど、改札を出たところでメールで打ち合わせた通りLさんに電話。そしたら元々近くにいたらしく、割とあっさり合流できました。

 Lさんはほっそりと背が高くて、薄い茶色のグラサンがすごく似合ってて。「マフラーや手袋はダメで、厚着が出来ない」って言ってて、その日もあたしはコート着てるのに軽そうなジャケットでした。

 丁度お昼時で、少しお腹すいたということで駅構内のコンビニで軽く食べ物と飲み物を買うことにしました。あたしが買ったんだし、大して重くないから自分で持とうとするとLさんが「いいよ、お金出してもらったんだから俺が持つ」って言って横からコンビニの袋を持ってくれたんです。

 時々手をつないだり離れたり、色々話しながら渋谷の街に出ます。あたしは渋谷歩いたことないから行き先はLさんに一任。

「そんなコト言うと、いきなりアヤシイ所に連れてっちゃうぞ?」って冗談めかしてLさんは笑いながら言うけど、その足はフツーに裏の方に向かってます。

 そして色々歩き回ってとあるホテルに。あたしは裏に入ってからはひたすらLさんの後をついて行ってるだけ状態。

 部屋に入ると、Lさんはバッグとジャケットを置いてベットに座ります。

 あたしはコートとバッグを置いて、鼻水止める薬飲んだせいで喉がすごいカラカラになっちゃってたから(コレだけが理由じゃない気もするけど)、ペットボトルのジュースのキャップを開けて飲んで。

 それを見てたLさんが「ソレ、俺にもちょーだい」って言うから、あたしは軽くキャップを閉めてLさんに渡してLさんの反対側のベッドの縁に座って、ころんっ、とベットに横になったんです。

 Lさんは殆どすぐにあたしの方に来て、部屋に来るまでのエレベータの中で「昨日だったらやっと今の時間起きた位だよ」とか言ってたこともあってか、最初は「そんな眠い?」とか言ってあたしの眼鏡を取って、髪を結んでたゴムをはずして、子供を寝かしつけるようにしてたりしてくれたんですけど、Lさんに背を向ける格好になると服の上に手を置いて胸を揉んできて…

「こっち向いて…じゃないとやめないよ?」とか言ってくる。


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】歌舞伎町での青春時代②【H告白体験談】

歌舞伎町での青春時代②



歌舞伎町での仕事も慣れた頃

季節はもう冬でもう少しで今年も終わりという時期だった。

普通の店なら年末のこの時期は忘年会やら何やらで忙しいはずなんですが

僕の働いていた店は居酒屋と言っても宴会のできるような店ではなかったので

いつもと同じか、少し暇なぐらいだった

なので手が空けば近所の店に年末のご挨拶周りをしていた。

僕はその頃、既に近所の店の殆ど店の人と顔なじみになっていた

それでも歌舞伎町でも力のある人の所には店長が挨拶に行く

歌舞伎町で力がある人というのはその筋の人が多いので

一緒に行かなくて本当に良かったと思う

僕が行かされるのは僕によくしてくれるお客さん

まぁ殆どが風俗店やキャバクラの人だった。

風俗やキャバクラはこの年末の時期は忙しい


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】オカルトな彼女【H告白体験談】

<>667名前:666投稿日:04/08/1302:00ID:WtLLoQED<>

こないだのお盆休みに、大学時代の友人たちと集まって飲んだ。

学生時代のノリで、友人Bのアパートになだれ込み二次会。

この時のメンバーは部屋主Bと俺F、女はS子、M子、L子。計五人。

ちなみにM子はBの彼女。Bには勿体無いかわいい子だ。



Bの部屋で酒盛り、久々だったし話は尽きなかったよ。

どういう流れだったか、怖い話大会になった。夏だし、お盆だしね。

霊感があると自称するL子はノリノリだった。

ただL子の話は、人形が空飛んでただの、カラスが笑っただの、

壁から男が出てきて犯されそうになっただの、何とも眉唾もんだったが、

大の怖がりのM子はこんな話でも嫌らしく、ずっと耳を塞いでいた。

ここで意外な力を発揮したのがS子で、

普段は天然入ったちょっと意味不明な子だが、

どこで仕入れてきたのか正統派の怖い話で、皆を震え上がらせた。


このHな体験談の続きを読む・・・

【寝取られ】ウブな人妻が知った肉の喜び2 【H告白体験談】

麻由香は、夫に抱いてもらえない欲求不満を”大人のおもちゃ”という、はしたないまがい物の淫棒で解消した。それは、夫しか知らない麻由香にとって、セックスへの固定概念を覆されてしまうほどの衝撃的なものだった。



それがもたらすあまりの快感に、麻由香は夫への罪悪感を覚えるほどだった。そして、純真で貞操観念の強い麻由香は、そのまがい物の淫棒を包丁で輪切りにして処分した。





麻由香は、晴れ晴れとした表情で夕食の準備を始めていた。まがい物の淫棒とはいえ、それにより欲求不満をある程度解消された麻由香は、今まで何をクヨクヨ悩んでいたのだろう? と思うほどに気持ちがリフレッシュされていた。





(今日は、私の方から抱いてもらおう。私が襲っちゃえば良いんだわ)

麻由香は、そんな風にある意味で開き直るように考えることが出来るようになっていた。

(あんなはしたないおもちゃでも、役に立ったわね)

麻由香は、キッチンの隅に置かれたビニールを見て笑った。あの中には、無惨に輪切りにされたまがい物の淫棒が収っている。もし、誰かが袋を開けたら、一瞬猟奇事件か? と、勘違いするかもしれない。



麻由香は鼻歌を歌いながら、楽しそうに夕食の下ごしらえを終えると、着替えを始めた。

(もっと、浩介さんに興奮してもらわないと)


このHな体験談の続きを読む・・・

検索とブックマーク

はてなブックマークに追加
ツイートする
Google+で共有する

エッチ画像ピックアップ

今週の人気画像ランキング

この時間の人気記事

Hな告白体験談のTwitter

アーカイブ

相互リンク

ページ上部へ戻る