Hな告白体験談では実際にあったHな経験や体験談をまとめてご紹介しています。人妻や友達とのHな体験談か妹・姉・母親とのHな体験談まで色んな告白体験談がありますよ♪

タグ:ハイソックス

【友達】おしっこの味見 1【H告白体験談】

きっかけは私が小4の時の親友のYの一言です

Yの家で遊んでいた時に急に

「ねぇ愛菜(私)おしっこって飲んだことある」

「いきなり何言ってるのよ 飲んだことないよ」

元々不思議な事をいう親友でまさかこんなこと聞かれるなんて思わなかった

「やっぱり~飲んでみたくない」

「飲みたくないよ汚いから」

「気になるじゃん どんな味か」

「私は気にならないよ」

「でも私は飲みたいからおしっこ飲ませて」

Yは新聞を下に敷き

「さぁ~~」

「もしかして私が出すの?」

「そうに決まってるでしょ」

親友の頼みだしここにはほかに誰もいなしからいいかなと思い


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】美帆の寝取られメモリー Part.3【H告白体験談】

初めて、幼稚園の上司の「マツタケのような極太マラ」に寝取られ

そして、園児のパパの「とうもろこし級の長いマラ」に酔わされ・・・

それをオカズに燃える、美帆と俺とのセックスは興奮度を増した。春に園を退職すれば、結婚する秋まで、遠距離恋愛になる。

俺は父親の家業引き継ぎの修行、美帆も花嫁修業だ。Part.1での上司、久保との一件のあった後、秋のある日

隣の部屋に越してきたカップルが、挨拶に来た。

男の俺から見ても惚れ惚れしそうなイケメン君と

ギャルっぽいがスタイル抜群の美人の彼女だった。

美帆と会えない日は、ボイスレコーダーを再生して

久保に寝取られる美帆の声をオカズに、毎晩オナニーをしていた頃だ。エレベーターですれ違う隣の二人もさほど気にはしていなかった。近所の安価な珈琲チェーンの店で見かけた二人も美男美女ゆえに目立っていたが。

ある日、駅前の、食券を機械で購入するタイプの定食屋で、

その彼氏と偶然、相席になったのだ。「あっ、ども、ども、お隣さん」人懐っこい顔で話しかけてきた。

「今日は美人の彼女、一緒じゃないの?」と俺。

彼女とは半同棲で居たり居なかったりということらしい。

名前は聡(さとし)。俺より二歳下で大学中退後4年程飲食関係でバイト。

今は駅裏にあるビルの二階のプールバーで店長をしていると言った。俺も軽く自己紹介を兼ねた会話をしながら食事をしたが、そこで別れた。


このHな体験談の続きを読む・・・

【寝取られ】美人の嫁をレスにしておいて寝取らせた 続8編【H告白体験談】

前編は以下のとおり



嫁は少し考えて3人の前で脱ぎだしたらしい。



裸になった嫁を風呂に行かせた後、3人でコスの相談をして用意し、

後輩ABの順に風呂に向かっていった。



入った時はちょうど流し終わった後のようで、

嫁は「順番じゃ無いの?」と聞いてきたが



後輩は「俺たちが順に入るだけで奥さんはここで待機ですよ」と言ったら

そういうことかとすぐに納得したらしい。



まず後輩の体を嫁が洗って流した後、

「じゃぁここで一回ヤる?」と後輩が聞いたら


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】究極のしつけ【H告白体験談】

「お父さんごめんなさい!」

娘の真樹は泣きながら私に平謝りするが、私は娘と交わした約束に従って淡々と罰を与えた。

中学3年生なのにタバコを黙って吸うなんて、叱らない親のほうがおかしい。

「どんなお仕置きでもうけていいけど、あれはいや!」

「だめだ、約束だからな」

私は真樹をベッドに押し倒し、手足を紐で括りベッドの足に結びつけて大の字に縛りあげた。

真樹は黄色のタンクトップに短めのジーンズスカート、白のハイソックス。

「いや!いや!お願いお父さん!もうしないから許して!」

涙ながらに叫ぶ真樹の口にガムテープを貼った。

時計を見た。時間はもうすぐ午後2時。

「もうすぐ来るな。」

その時、玄関のベルが鳴った。

玄関を開けると、中学生の少年が数人立っていた。

「お入り」

私は招き入れ、娘の部屋に案内した。


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】初めてのおもらし【H告白体験談】

久しぶりに、おしっこ我慢に挑戦してみました。

前にも、ホットパンツにチェーンベルとして、南京錠でとめて外出するのはやったのですが、今回はバージョンアップしてみました。

その時のこと、報告しますね。

*−−−

今度、久しぶりに(そうでもないかな?)クリちゃん虐めながらのオシッコ我慢スタイルで、お出かけしてみます。

つまり、クリちゃんをしっかり縛り上げて、ノーパンのままでホットパンツ穿いて、ベルトに南京錠かけて鍵はお家に置いたままの、お出かけ予定です。

可哀想なわたしのクリちゃん。

歩くたびにホットパンツで擦られて、帰るまでずっと虐められるのです。

そんなこと考えて、ちょっとムラムラしているひとみでした。

*−−−

明日、午前中で学校おしまいなので、クリちゃんいじめ&おしっこ我慢実行いたします。

この間から考えていたように、ノーパンにホットパンツ穿いて、ベルトに南京錠かけて、鍵はお家に置いて、お出かけします。

どうなっちゃうかなぁ~

やっぱりジンジンするかなぁ~

*−−−


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】綾香のオシッコお漏らし露出【H告白体験談】

今、綾香は朝早くからネットカフェでこれを書き込みしてます。今日の格好は、フレアーの超ミニスカートでノーパン、黒のニーハイソックスという変態服装です。

綾香、個室に入るとすぐに下半身裸になりました。パイパンのワレメがいやらしく濡れていました。そして、持ってきた黒のパンストを直穿きしてパンストのクロッチをパイパンのワレメとお尻にシッカリと食い込ませて穿きました。綾香はそれだけを穿いた格好でいます。

無料で飲めるジュースのお茶だけを4杯も持ってきています。

今、3杯目を飲み終わりました。

朝からトイレに行っていない綾香。オシッコはパンパンに溜まっています。

これから綾香は、フレアーの超ミニスカートだけを穿いてトイレに行ってきます。

・・・・・・・。

今、トイレでしてきたことを報告します。

ここのトイレは変わっていて、男女共用なんです。

三つある個室の中の入り口から遠い奥の個室に入りました。

個室の扉を開けたまま便器を跨り立ちました。

扉は、綾香の後ろにあります。

両手を前の壁に付いてお尻を突き出すような格好になりました。

黒のパンストを直穿きしてクロッチにシッカリと食い込ませて穿いたパイパンのワレメは丸見えです。

壁には、張り紙がしてありました。「トイレを綺麗にご使用していただきありがとうございました。」と書いてありました。


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】あぁ~人肌恋しい~、誰か~【H告白体験談】

「あぁ~人肌恋しい~、誰か~」



アタシの名前は『錦川 翔子(にしきがわ しょうこ)』

高校2年 陸上部 主に幅跳び

あのぶっ飛んだ時の開放感がたまんないのよね~(−−)(_ _)ウンウン

ちなみに髪型はツインテール♪♪



そうそう今のアタシは非常に人恋しい

もう、彼氏レベルの女の子から友達レベルの男の子まで

だれでもいいの!!

ってまぁこんなことばっかり言ってるから

人からバイセクシャルとか言われちゃうのよね~(汗)



ってこんなこと言ってる場合じゃないわ!!

どーにかしなきゃ


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】綾香のオシッコお漏らし【H告白体験談】

報告します。

綾香、また、オシッコをお漏らししてきました。

今、綾香は、前に来たインターネットカフェに来て書き込みしています。

今日の服装は、もちろん、ミニスカノーパンでパイパンのワレメはオシッコの匂いで臭くなっています。

最初の告白の場所は、行った事のない無人駅。そのときの服装は、グレー色のレギンスを直穿きして上は普通のTシャツを着ていました。

平日の夜9時くらいでした。待合室には綾香一人。しばらくオシッコを我慢していたので限界に来ていました。

特急の通過するアナウンスが流れてきました。綾香はホームに出ました。電車が来るほうにお尻を向けて大きく足を開き後ろに突き出すように立ちました。電車が近づいてきました。綾香は我慢していたオシッコをお漏らししました。

綾香がオシッコをお漏らししている後ろを通過する電車。乗客に見られているはずです。恥ずかしいけど気持ちいいのです。

電車が通り過ぎてもしばらくオシッコは滴り落ちていました。やっとオシッコが止まると綾香はそのままの格好で待合室に戻りました。綾香は、椅子の上に置いてあるバックの中から、ミニスカートと黒のニーハイソックス、それに、ピンク色のTバックのパンティーを取り出しその場で着替えました。綾香は利尿剤と大量のお水を飲んでいるので一時間もすればまたオシッコがしたくなるはずです。後、1時間半くらいで各駅停車の電車が入ってきます。綾香は、いったん車に戻りました。荷物を車に置き、駅から離れたところの公園に歩いていきました。20分くらい歩いてようやく付きました。

当然、誰もいません。綾香は入り口のところでTバックのパンティー脱いで入り口の門柱の上に置きました。少し歩いたところのベンチのところでミニスカートを脱ぎベンチの上に置きました。これで、綾香の下半身はソックスと靴だけしか穿いていません。パイパンのワレメもお尻も丸見えです。綾香は、そんな格好のまま入り口の反対側にあった出口のところの自販機でジュースを買いました。車も人も誰も通りませんでした。綾香はジュースを飲みながら公園に入りました。ブランコに乗ったりジャングルジムに登ったりして時間をつぶしていました。その間、公園の前をタクシーが一台通っただけでした。

綾香は、オシッコがしたくなってきたのでミニスカートとTバックのパンティーを穿き駅に向かい歩き出しました。

すると、さっきのタクシーとすれ違いましたが気にもしないでそのまま歩いていました。

電車が到着する10分前に駅に着きました。待合室に入るとお酒の匂いがしてきました。椅子に横になっているサラリーマンのおじさんが寝ていました。さっきのタクシーに乗っていた人だと思います。たぶん。次の電車が最終なのでこれに乗らないと帰れません。綾香は待合室の外に立っていました。電車が入るアナウンスが流れてきました。おじさんはそれを聞いて起き上がりホームへ出て行きました。綾香はその後を気付かれない様に着いていきました。電車が到着し扉が開くとおじさんはよろよろと入っていきました。電車からは誰も降りてきませんでした。おじさんは入り口の向かいの席に座っていました。綾香のほうを向いて座っていたので綾香が立っているのが見えている筈です。車掌さんが電車に乗りドアが閉まりました。綾香は足を大きく開いて立ち、スカートを捲り上げました。当然、おじさんはびっくりした顔で見ていました。綾香はオシッコをお漏らししました。

Tバックのパンティーからはオシッコがすごい勢いで滴り落ちています。おじさんは扉の窓ガラスのところに張り付くようにして見ていました。電車がゆっくりと走り出したとき、綾香はTバックのパンティーを膝の所まで下ろし、パイパンのワレメからオシッコが噴出すところを見てもらいました。おじさんはずうっと見ていました。電車が離れていくとオシッコも止まりました。綾香はTバックのパンティーをその場に脱ぎ捨てて車に戻りました。車の中で綾香は、クリトリスを擦りながらオマンコの穴に指を出し入れしてオナニーをしました。何回もアクメに達してしまいました。これが最初の告白です。

次の告白は、行ったことのない公園です。平日だったのでほとんど誰もいませんでした。でも、砂場には小さい子供が二人ほど遊んでいました。周りには大人はいませんでした。綾香は、砂場の横にあったベンチに座りました。この日の服装は、フレアーのミニスカート、Tバックのパンティー、ニーハイソックスという格好でした。当然、オシッコも限界になるほど我慢した状態でした。この公園にはトイレがありませんでした。綾香はモジモジしながら子供たちに近づきました。子供たちの前でしゃがみ込み子供たちにトイレがないか聞きました。当然、綾香のスカートの中は子供たちからは丸見えでした。子供たちは明らかにスカートの中を見ていました。「ここにトイレはないよ。」一人の子供が答えてくれました。


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】ひとみは奴隷【H告白体験談】

部活の帰りに誘われて、高校のときのクラブの先輩、ゆかりさんの家に遊びに行った時のことです。

先輩の下宿に着くと、そこにはゆかり先輩の他にもしおり先輩やクラブの同級生達が集まっていて、私はビックリしてしまいました。

・・・だって、先輩一人かと思っていたからです。

でも、みんなの様子が少し変なのです。みんなで、なんか恐い顔をして、私のコトを睨んでいたり、中には嫌な薄笑いを浮かべている同級生もいるのです。

私はチョット戸惑って、でもなんとか挨拶をしようとした、その時です。いきなり後ろから、肩を突き飛ばされて、みんなの輪の中に転び込んでしまいました。

「キャーッ!?」

悲鳴を上げながら、起きあがろうともがいた私。

でも、みんなで私の手足や身体を押さえつけて、あっという間に、床の上に大の字にされて、動けないようにされてしまったのです。

ゆかり先輩:

あんたさぁ、生意気なんだよネ。なにさ、ちょっとハクイからって、チヤホヤされてさぁ。ント、ムカツクんだから!

しおり先輩:

今日はさ、ヤキィ入れてやっから、覚悟すんだね!!

同級生の里見:

ゆかり先輩、ひとみって、あたしのカレシに声かけたりするんですよぉ。メチャメチャにしてやって下さい。お願いします。

ゆかり:


このHな体験談の続きを読む・・・

【高校生】自宅近くの女子校は援交する子が多いことで有名だった【H告白体験談】

名無しさんからの投稿

—-

俺の住む関東地方の某県の某女子校は援交の多いので地元でも有名なのだが、そこで今までと違う援交が出てきた。

本番は無しで、オカズになってくれる「触らせ屋」という存在。

オヤジ相手の援交だと、金にはなるが本番までやられてしまうし、ビデオとかで流されるのが怖い。

だから、若くて彼女いなそうな会社員や大学生を逆ナンして体を見せたり触らせたりするだけで、自分で抜いてもらおう、というもの。

それだけで5千円、そこに手コキがプラスで1万円だった。

俺は営業の仕事をしてるのだが、ちょいと上手くいかず、いつものデパートの前で一服してサボっていた。

ここは地元の女子高生が多い若者スポットで、ミニスカが多く拝めて目の保養になるので、彼女のいない俺はちょくちょく来て視姦していた。

ふと、ショーウィンドにバイクのハーレーが飾ってあることに気がついた。

バイク好きでもある俺は何気なく見ていたら、そばでバイクを見ていた2人の女子校生が話しかけてきた。

「格好いいですよねー、バイク好きなんですか?」

「あぁ、好きだよ」

何気なく話が少し盛り上がり、すぐ隣のファーストフードでお茶しながら喋る事になった。

1人は髪がセミロングで目が大きい子、もう1人はショートで少しだけポチャっとした子。


このHな体験談の続きを読む・・・

検索とブックマーク

はてなブックマークに追加
ツイートする
Google+で共有する

エッチ画像ピックアップ

今週の人気画像ランキング

この時間の人気記事

Hな告白体験談のTwitter

アーカイブ

相互リンク

ページ上部へ戻る