Hな告白体験談では実際にあったHな経験や体験談をまとめてご紹介しています。人妻や友達とのHな体験談か妹・姉・母親とのHな体験談まで色んな告白体験談がありますよ♪

タグ:マングリ返し

【妹】「妹と姫初め」(妹と同居を始めた)【H告白体験談】

今年の元旦に妹のノリと姫初めをしてしまい、その後は妹とセックスを繰り返した。

そして、賃貸マンションを借り、妹と同居を開始してもうじき3週間になる。

まるで新婚夫婦みたいな感じになってしまって、このままでは実質兄妹の近親相姦夫婦になってしまいそうな状態だ。3月下旬に物件を見つけて、さっさと契約した。

ノリも一緒についてきて、二人の新居をあちこちと探しまくった。

まあ、築5年の新しい物件が見つかり、4月12日、13日で引っ越しをして同居を開始した。

まあ、片付けやソファ、テレビや電話とかの関係もあって、14日、15日と2人とも休みをとってだった。

3LDKで家賃が11万円。俺が7万、妹が4万出すこととした。

ノリの部屋は6.5畳、俺が7畳の部屋をそれぞれの部屋として、もう一部屋は共通の部屋とした。

もちろんリビング、キッチン、風呂、トイレは共通だ。

家電やリビング用品も二人で貯金を出し合って買った。引っ越しが終わって最初の夜。

「お兄ちゃん、これからはたくさんノリと一緒にいる時間ができるね!」

「おお!本当に良かったよ。大好きなノリがいつもそばにいるもんな。」

「ねえ・・・お兄ちゃん、たくさんノリのこと愛してね?・・・キスしよっ?」

ダンボールの山の中で抱きあって、ずっとキスした。

誰が見てもラブラブカップルにしか見えない。


このHな体験談の続きを読む・・・

【お姉ちゃん】バツイチの姉と過激にやってしまった!!【H告白体験談】

8年前結婚した姉貴に子供ができなくて、旦那や旦那の両親とこじれて離婚。

で、先月実家に帰ってきました。

こんなきれいで性格のいい姉貴と離婚するなんて!!なんてヤツラだ!とうちの両親も俺もカンカン!

でもさ、姉貴が戻ってきたのが、おれはすごくうれしかった。

ずっと好きだったし、美人で性格も抜群で自慢の姉貴だ。

今も変わらない。清楚って言葉がぴったりくる。身内褒めだけど。

もっともエッチの時の豹変ぶりにはたまげたけど・・・。そんな姉貴と先週、ふとしたことがきっかけで姉貴とエッチしてしまった!!

まじに、近親相姦するなんて思わなかった。

ふざけてただけが、本気モードに突入してしまった。

姉貴33歳。俺29歳。

姉貴は顔だけじゃなくてスタイルもバッチリなんだな・・・。オッパイはDカップ。腰はくびれてるし、ヒップは柔らかくて・・・。土曜日。

どうしても用事で両親が1泊ででかけた日だった。

戻ったばかりの姉貴を家に置いてという心配はあったが、おれがいるから大丈夫だよ!って話して。

昼間から姉貴は、TVをずっと見てた。「姉ちゃん、どっか遊びに行こうか?家にいても面白くないでしょ?」

「え?うーん・・・・。ねえ利一、ドライブに連れてって。どこでもいいからさ。」


このHな体験談の続きを読む・・・

【寝取られ】妻・友子の不倫告白2!【H告白体験談】

第15章 妻の秘密事…

妻の告白によると旅行から帰った後も加藤は妻を肉奴隷扱いしていました…平気で中出しする加藤に、我慢が出来なく成った妻は部長に加藤の事を相談したらしく、部長の力で、加藤は地方に飛ばされてしまったそうです、それに応じてA子さんも会社を辞めてしまったそうです、更に妻は産休だけでは無くて育児休暇も認められる事に成りました。

友子が無事女の子を出産してから1年以上経ちました…嬉しい事に娘は私の顔に良く似ています…100%では有りませんが十中八九僕の種では有ると思います…

友子の1年間の育児休暇も終わり、子供は近所の保育園に毎日、預けて今は妻も元の会社で働いております…慰安旅行の件も有り辞めさせる事も考えたのですが、私の稼ぎだけでは、正直しんどいのと加藤が地方に飛ばされたので安心して妻は仕事に復帰する事が出来ました…

1月程経ちました…私は妻の友子に「ソロソロ2人目の子供を作らないか?」と言い出しました…友子の妊娠の告白からずっとSEXレスでした…というより軽度ですがED気味に成っていました…隠れてオナニー等は行っていましたが、何時も半勃起の柔らかい状態で射精していた感じです。

妻に相談すれば良かったのですが、始めての子育てと、赤ちゃんの夜泣きや母乳等の事も有るので休暇中は気を使って、友子の体に一切触れずにいました…

子供も1歳に成りまして一人でも大人しく寝るように成ったので…その日私は…超久しぶりに、妻に甘える事を決めました友子も二つ返事でOKしてくれました…友子が風呂に入っているので、私が先に裸に成り寝室のベッドで寝て待っている状態です…

ふと、妻の出産時の事をベッドに寝ながら思い出しました、出産時私は立ち会いました、先生は男の先生で近所では評判の名医です。

子供の頭が出てくる時…先生はハサミで妻の膣口を切開しました、友子は切開の痛みよりお腹の方が痛いと妻は言っていました、初産の割には、案外安産でした…赤ちゃんが無事産まれた後…膣口を縫合する時に…

先生は「キツキツなアソコにするか?ソコソコなアソコにするか?」と私に聞いて来ました…すかさず私は「キツキツなマンコにして下さい」と先生に言いました。

笑いながら先生は「よっしゃ~まかせとけ…旦那が喜ぶ位に、前よりもキツキツにしといてやる」と言いました…今考えれば、妻に対しても診察の時には内診で指を膣に挿入したり…子宮口を触ったり…クスコで子宮内を観察をするので友子のアソコの緩さは勿論の事…子宮口の穴の大きさも先生は全て知っているのです。

そう思えば何故か私は興奮してしまいました、産科の男の先生は友子のアソコの中に指を挿入して掻き回して…クスコで拡張された膣内や子宮口いや子宮のナカの奥の方までも合法的に観察して診察してたんだ…と思うと久しぶりに勃起する事が出来ました…

馬鹿な私は…その興奮感が覚めやらずに久しぶりに完全勃起出来たのに、寝室でオナニーをして射精してしまいました…

妻が裸で寝室に入って来ました…友子「○ちゃん(子供の名)大人しく寝た?」

私「良い子だよ空気読んで隣の部屋でスヤスヤだよ~流石僕の子」と言います。


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】いつも以上に興奮したH ?A【H告白体験談】

人が来ていると解るや否や、俺はすぐ様彼女のアソコからチ○コを抜いてズボンにしまい何食わぬ顔で彼女とその場を後にする。

彼女は「見られてたんじゃないの?」と心配しながらも少し不満気な様子。

俺も勿論Hを中断され(野外でやってる俺らが悪いんだろうが)このままでは収まりがつかず、今度は彼女を連れて人が居なそうなトイレへ向かう。

だが運悪くその時には客足も増えてきたようで仕方なく園内を散策…するはずもなく(笑)、二人そそくさと植物園を後にしラブホへ直行。

ラブホへ入りエレベーターに乗るや否やどちらからともなくディープキス。

部屋へ入ると直ぐに俺は彼女の胸とアソコをイジりながらゆっくりと移動。

彼女はそんな俺の愛撫に2、3度膝を震わせながらやっとでソファへ。

彼女を座らせると俺は彼女の服とブラを一緒にズラし、たわわなEカップの胸にしゃぶりつく。

俺はツンとなった彼女のチクビを甘噛みすると「あ〜ん、ダメェ〜」。

更にパンティを脱がしマングリ返しの状態にして舌で太股やアソコの周りをネットリとジラしながら愛撫。

更にビチャビチャに濡れているアソコにベロンベロンと舐めたり、クリや膣内を舌先で刺激。

彼女は「ダメダメダメェ〜、イッちゃうよぉ〜」と連呼。

そして愛撫しながら服を全部脱ぎ、彼女の服も脱がせる。

そして俺は彼女のアソコへチ○コの先をあてがうも、今度はアソコの周りや割れ目に擦りつけジラし、チ○コの先だけ出し入れすると、「早く全部ちょうだ〜い」と彼女が懇願。

異常に興奮した俺は「欲しい?」「イジワルゥ、ジラさないでぇ…あ〜ん…欲しいよぉ〜」「早くぅ〜」


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】父の好み【H告白体験談】

 父親が死んだ後、暑いさなか物置の屋根裏をを整理していたら、いろいろ子供に見られては不都合なものが出てきた。昔の名刺サイズの変色した白黒写真がおびただしく、なんかな〜とおもって手に取ると男女の絡む姿態が、、、その男が若い日の父で、若い女、母ではない、化粧からすると水商売系?とまさにやってる最中を色々、背景を見ると旅館の一室?相手の女も父と微笑んで繋がっている。父は長らく小学校の教員を勤め、定年後は市の教育委員をやっていた。若い日は結構生活も苦しかったから個人旅行は出来なかったから、同僚と行く職員旅行でのお楽しみの記録だったと思われる。当時の写真らしく女の唇にピンクの色が施してあったり、アノ場所にもピンク色が、、、温泉芸者?の裾をまくり、後ろから攻めているのや、芸者の足を広げさせ写させたのや、父のモノをくわえさせたのやら、屋根裏部屋の暑さを忘れて見入ってしまった。普段は家の家族は謹厳実直?というほどではないが、父が他人に後ろ指を指されないようこころがけていて結構辛いものがあった。

 勉強も人並み以上に出来て当然、近所の人の「先生のコはいいなあ、親に教えてもらえるから、、」という嫌みもよくいわれた、何、父は習字が専門だったから、英語も数学もなんの役にも立たなかった。まったく先生の子供なんて生きにくい世の中だった。そんな父も息抜きにこんな事でもやらなきゃストレスが溜まってたんだなと今更ながら思うし、人間で、若い男なら、教師仲間でも三人よれば考える事は皆おんなじなんだなと思いつつ、ポケットにくだんの写真を仕舞った。お次ぎに出てきたのは百手秘戯図と書いてある体位集であった。ひとつだけ、紹介すると、「股すかし」なる体位、今で言う対面座位であるが、、おんなを横抱きにして.両足を男の腕にて抱え上げ、女の両腕で男の首を巻き、右手で女の背を抱いて充分に気をもたせ、陰門より淫水の溢れ出るのをまってから一気にぐっっと根元まで押し込み、女のカラダを振り動かして激しく抜き差しすると女は狂気したごとく興奮し辺り構わず大声でよがりながら男にしがみつき、、、、、なにせ終戦前後の手刷り?らしく

ガリ版刷りで今のあれでいけば、興奮するというよりノスタルジックな趣がある代物であった。その中に鉛筆で◯が打ってある1ページがあった。どうもこれが父の愛用の体位なのか、母のいきやすいソレなのか、いわゆる屈曲位で女が脚を上げてマングリ返し状態の上に男が覆いかぶさり、女の脚を肩に抱き、あらわになったオマンコに根元までズブリと突き刺すアレである。説明に、、、女は臀を左右に揺すりながら、腰を使うので男もその入れ心地のよさに夢中になり、九浅三深、左右の襞や陰核等をこすれば女はたちまち前後不覚になり、気をやるものなり。

はあ〜オヤジこれがすきだったのかあ〜!おれも家内に足を上げさせオマンコ満開させて垂直にずぶ〜が大好きなのだ。これって、、、、

【友達】歌舞伎町での青春時代②【H告白体験談】

歌舞伎町での青春時代②



歌舞伎町での仕事も慣れた頃

季節はもう冬でもう少しで今年も終わりという時期だった。

普通の店なら年末のこの時期は忘年会やら何やらで忙しいはずなんですが

僕の働いていた店は居酒屋と言っても宴会のできるような店ではなかったので

いつもと同じか、少し暇なぐらいだった

なので手が空けば近所の店に年末のご挨拶周りをしていた。

僕はその頃、既に近所の店の殆ど店の人と顔なじみになっていた

それでも歌舞伎町でも力のある人の所には店長が挨拶に行く

歌舞伎町で力がある人というのはその筋の人が多いので

一緒に行かなくて本当に良かったと思う

僕が行かされるのは僕によくしてくれるお客さん

まぁ殆どが風俗店やキャバクラの人だった。

風俗やキャバクラはこの年末の時期は忙しい


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】生意気キャバ嬢ににトドメの顔射【H告白体験談】

俺は名古屋の錦でリナという名でキャバ嬢やってるバカ女を肉奴隷にしてやっている。

リナには双子の妹がいて、二人とも同じ店で働いていて、店のナンバー1とナンバー2を争っている。

妹の方はそうでもないが、姉のリナは気が荒く、客に毒づくことも多いクソアマだ。

しかしそんなヤンキー気質のクソ生意気なキャバ嬢も、俺のチン長22センチのスーパーデカマラナイスチンボの虜になってしまっている。

M気質のアホな客どもに甘やかされてチヤホヤされて、女帝気取りになってしまったバカキャバ嬢も、俺にとっては呼び出すとマンコを濡らして飛んで来る都合のいい便所女の一人に過ぎないのだ。

この前もリナと一晩中オマンコしてハメ狂ってやった。

リナが部屋に来るとハメ撮り用のビデオをセットして、直ぐにブチュブチュとドスケベなディープキスをしてオマンコ開始。

リナにチンボをねぶらせて、ビンビンにボッキしたチン長22センチのデカマラチンボを見せつけてやった。

それからクンニと手マンで一回いかせて、薄汚いマン汁をダラダラ垂らしたドドメ色の腐れマンコにお待ちかねのデカマラチンボをブスッ!とぶち込んでやった。

そんでベッドをギシギシきしませて「えっさかほいさ、えっさかほいさ」とマッハピストンして、リナを何べんもいかせてやった。

俺が「チンボって言え!チンボチンボって続けて言え!」と命令すると、リナは従順に「チンボチンボ!チンボチンボ!チンボチンボチンボォォォーッ!」と叫び始めた。

そんでフィニッシュはリナの鼻の穴にめがけて、ものすごい勢いでものすごい量のチンボの汁をぶっ放してやった。

俺のチンボの汁はドバビスドペーッ!と噴き出して、白い放物線を描いてリナの鼻の穴にものの見事に直撃した。

そんであっという間にリナの鼻の穴を両方ともチンボの汁で完全にふさいでやった。

後はチンボから手を離して、膝に手を当てた相撲の四股踏みポーズでチンボを自由にビンビンはねさせながら、ビソッ!ビソッ!とリナの顔中にくっせえチンボの汁をまき散らせてやった。


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】哀愁の鼻タバコ女【H告白体験談】

最近の女はみんなエビちゃんのマネしてやがんな〜。

この前は都合のいい便所女として付き合っているバカ女と名古屋の大須でデートした後、オマンコしてハメ撮りしてやった。

知り合いの紹介で知り合ったんだけど、こいつもご多分に漏れずエビちゃんヘアーにエビちゃんメイクをして、いい気になってやがった。

部屋に入って直ぐにブチュブチュとディープキスをして、白い靴下だけ履いたまま素っ裸になって、チン長22センチのスーパーデカマラナイスチンボをバカ女に見せびらかしてやった。

そんでバカ女の鼻の穴にチンボを押し付けて、チンボの匂いをたっぷり嗅がせてやった。

それから裸に靴下だけ履いたままのマヌケな格好で、腰に手を当てて堂々と仁王立ちして、バカ女にチンボをしゃぶらせてやった。

そんでバカ女をベッドに寝かせて、マンコとケツの穴を交互に舐めまわして軽く一回いかせてやった。

俺がベッドの上で四つんばいになると、近頃の若い女は心得たもんで、何も言わなくても俺のウンコくさいケツの穴に舌を這わせてきた。

それからマンコにチンボをぶち込んで正常位とマングリ返しとバックで三十分ぶっ続けでオマンコしてバカ女を五回もいかせてやった。

バカ女は不細工なアヘ顔になってよがり狂っていた。

そんでフィニッシュはバカ女の鼻の穴からチンボの汁を流し込んで、鼻の穴をチンボの汁でドロドロにしてやった。

俺がチンボの汁を出し尽くすと、バカ女は両方の鼻の穴からチンボの汁ををダラダラ垂らして白目をむいて、キチガイのようになって「アアアア!ハカガアーッ!」などと言って悶え苦しんでいた。

俺は白い靴下を履いたまま仁王立ちして、「ふう〜っ!トロい女!」とさげすみの言葉を呟いて、鼻の穴からザーメンを垂らしたバカ女のクソマヌケなハナタレヅラを、デジカメで何枚も撮影してやった。

そんでチンボの汁まみれになったエビちゃんフェイスに「ビタッ!ビタッ!」とチンボを叩きつけて、屈辱のチンボビンタをお見舞いしてやった。

それからバカ女の顔の上でウンコ座りして、デカマラチンボとケツの穴を思う存分しゃぶらせてやった。


このHな体験談の続きを読む・・・

【フェラチオ】ハプニングバーで女王様に調教されてたのが姉だった【H告白体験談】

名無しさんからの投稿

—-

隠された姉の性癖を知った時の事です。

僕はタカシ。

当時の年齢・肩書きになりますが、22歳で大学を卒業して社会人一年目の夏の出来事です。

彼女はユミ。

同い年で同じ職場で知り合い、付き合いはじめて4ヶ月くらいの時期で、まだセックスはしてませんでした。

ですから恋人みたいな友だちくらいの関係でした。

姉はカズミ。

僕より3歳年上の25歳。

信用金庫の融資部門で中小企業対象に審査をしています。

僕の友人かつ先輩のユウジ。

姉と同い年で僕とユミと同じ会社にいます。

ある日、ユウジさんからハプニングバーに誘われました。

ユウジさんは誰かに連れられて行ったようで、それからハマッてしまったらしく、僕にも行こうと誘ってくれたのでした。


このHな体験談の続きを読む・・・

【人妻】嫁が飲み会で・・・【H告白体験談】

俺の嫁が、友達の幸恵と飲みに行くことになった。

嫁が友達と飲みにいくなんて久しぶりなことなので快く送り出した。

夜の10時くらいに一度電話があって、「これからカラオケにいってもいい」と言って来た。

たまにだし、まあいいか、と思い「遅くなっても連絡くれたら迎えにいくよ」といってOKした。

ちなみにカラオケは車で30分位いったところにある。

俺は、12時位には帰ってくるだろうと思っていた。

だけど、12時になっても連絡はなく、1時には頭にきて電話をした。

そしたら、えらい酔っ払った声で、「もしもし~~」と電話にでた。

カラオケの騒音で、ほとんど何を言ってるかわからない。

なんか、異常に盛り上がっているようだ。

「幸恵の友達と合流して、今いいろころなんだよ~~~」

完全にトランス状態の嫁。

なんか、男の声もギャーギャー聞こえている。

「ダンナ?ダンナ?うらやまし−」みたいな冷やかしも聞こえてくる。

「今何時だと思ってるんだ!迎えにいくの大変じゃないか!」


このHな体験談の続きを読む・・・

検索とブックマーク

はてなブックマークに追加
ツイートする
Google+で共有する

エッチ画像ピックアップ

今週の人気画像ランキング

この時間の人気記事

Hな告白体験談のTwitter

アーカイブ

相互リンク

ページ上部へ戻る