Hな告白体験談では実際にあったHな経験や体験談をまとめてご紹介しています。人妻や友達とのHな体験談か妹・姉・母親とのHな体験談まで色んな告白体験談がありますよ♪

タグ:処女

【友達】みか【H告白体験談】

yukoさん、私も投稿者:みか投稿日:8月7日(月) 21時53分25秒

5年前、私が高校1年のとき、親戚が遊びに来て海に行ったときのことです。

私と小学校4年生のかずくんと1年生のゆうくんで海で遊んでました。

家が海の近くなので水着のまま家に帰ったんですが、

「みか、かずくんとゆうくん洗ってあげて!」と母がいうので

風呂につれていきました。2人とも砂だらけ。ゆうくんは海パン履いてなくて

オチンチンまで砂まみれでした。私も裸になってかずくんを裸にしました。

先にゆうくんを洗ってあげました。小指の先くらいで可愛かったです。

ゆうくんはずっと私のオッパイ触ってました。ずっとそうしていたかったんです

けど、もう一人いるので、急いでゆうくんの体を拭いて「ゆうくん上がったよ」

とおばさんに渡して今度はかずくんの番。

私の前に立たせて洗ってるとゆうくんのまねをしてオッパイ触り始めました。

Hな子。ゆうくんと違ってオチンチンがちょっと大きいのでスポンジだと

洗いにくくて手で洗ってました。洗ってると、えっと思う間にムクムク大きく

なってきました。握るようにしたらツルっと皮がむけてピンっと立っちゃった


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】スクール水着で見る夢は【H告白体験談】

「あ~あ、何で梅雨なのに晴れてるのかなあ? このままじゃわたし登校拒否になっちゃうよう・・・。」

恨めしそうに梅雨の合間の青空を見上げながら、梨花は商店街への道を歩いていた。

明日は、梨花の通う小学校のプール開き。普通の小学生なら、胸躍る季節のはずなのだ。

だが、梨花の気分は、空が晴れれば晴れるほど、それに反比例するように暗くなってしまう。別に、彼女はカナヅチだというわけではない。むしろ、以前は泳ぐのは大好きだったし、クラス対抗のリレーメンバーに選ばれたこともあるくらい得意だったのだ。

「ふ~」彼女は溜息をつきながら自分の胸元を覗き込んだ。そこには、とても小学6年生のものとは思えない発育したバストが揺れている。そう、すべて悩みの原因は大きすぎるこのバストにあるのだ。

4年生も終わる頃から大きくなり始めた彼女の胸は、6年生の今では、AやBどころかCもDもみるみる通り過ぎEカップにまですくすくと成長していた。しかも、彼女自身は太っているわけでもなく、むしろ体の線は細い方だから、余計に胸の大きさが目立ってしまう。去年のプールの授業ですら(この頃彼女の胸はCカップくらいだった)、男子から「浮き袋をつけて泳いでいる」なんていじめられるし、同じ女子からだって「胸が大きくてうらやましいな」といいつつ興味本位の視線を向けられる始末だった。

「でも、去年は食中毒騒動のおかげでそんなにプールなかったから、まだよかったんだけど・・・」

しかし、今年はこの調子では梅雨もとっとと開けてしまいそうだ。ホントは全部ズル休みしたいところなのだが、一応は体育の授業なのだ。さすがに毎日休むわけにもいかない。そこで彼女は、渋々ながらも今年用の水着を買いに行こうとしている途中なのだ。

ほどなく、学校指定のスクール水着が売っている商店街の真ん中にあるデパートについた。だが、なんだかクラスメイトに会いそうでどうも入る気がしない。だいたい下手にクラスの男子どもにでも見られたら、また何かいわれるに決まっているのだ。とうとう、彼女は中に入る決心がつかないままデパートの前を通り過ぎてしまった。

「そうだ、マンガもついでに買ってこようと思ってたんだっけ。」

とりあえず、いやなことは後回しにすることにした梨花は、商店街の外れにある本屋に向かうことにした。商店街のアーケードをくぐって数十メートル歩いたくらいだろうか?彼女の眼に「K小指定 スクール水着あります」という張り紙が目に入ってきた。それが、張られているのは、ずっとこの街に住んでいる梨花でも気がつかないような小さな古ぼけた洋品店だった。外から見る限り中に客がいる気配はない。ここならクラスメイトにも会う心配はないだろう。

「どうせ、どこで買っても同じ水着なんだしね」

梨花は、この店に入ってみることにした。

中は、思ったよりも奥行きがあって広々としている。主に梨花の母親くらいの女性向きの衣類が並んでいるようだ。

「あの、K小の指定の水着が欲しいんですが・・・。」


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】姪の頼み【H告白体験談】

62姪の頼み削除依頼

投稿者:ひ—君 2009/09/11 11:36:50(m8JUY6yR)

投稿削除



姪の瑠奈が久しぶりに泊りにきました。JSの頃は良く来てましたがJC1に

なってからは部活やら年頃やらで泊りに来なくなってました。

やり残しの夏休みの宿題でも手伝わされるのかと思ったら

「ひ—君、内緒でおチンチンみせて欲しいんだけど?」と訳の解らない事を

言いだしました。夏休明けに友達たちと話してたら何人か経験した子達がいた

らしく

「瑠奈はお子様だから・・・」とバカにされたので「チンチンくらい見た事ある」

と言ったけど信用されなかったので証拠写メを撮りたいのだって。

言う事ややる事は子供っぽいけど内容は大人なだし断ったら他の人に平気で

頼みかねないので表向きは仕方なくを装ってOKしてあげました。

「瑠奈、男のチンチンって事は勃起してるチンチンだからな」と言ったら


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】育成【H告白体験談】

数年前の話しなんですが、友人との飲み会の際に知り合いになったM子(19歳、○鍋か○り似)から「相談がある」というのでウチに呼び(当時たまり場だった)、何の相談かを聞いたところ、今まで恋愛をしたことがなく、ふと今後もずっとこのまま恋愛する機会に恵まれないことが不安とのこと。(ずっと女子校育ちだったとのこと)

 そして当然処女であるので、そのせいもあってか男性を寄せ付けない?ような雰囲気があるのではないかと思い、どうすればいいかという内容だった。(友達同士では処女ということを隠して周囲に合わせていたらしい)



俺 「内容は分かったけど、なんで俺なの?」

M子「何度か会ってるうちに信用できる人だと思って。あと…俺君みたいな人がタイ   プだから、俺君のような人に好感を持たれるにはどうすればいいかな?って思っ   たら、俺君に聞いたほうが早いかなと思って。」

俺 「そうなんだ。(ん?これは俺が好きってのと同じ?)」



 ここでちょっとある事が頭に浮かんだ。俺がタイプなら俺とM子が付き合って(当時はちょうどフリーだった)、男性経験のないM子を俺好みに育成できるのでは・・・?



俺 「そのままでいいよ。」

M子「え?」

俺 「だって、M子みたいな子がタイプだもん、俺。」

M子「ウソだ?」

俺 「ほんとだよ、知り合ってずっと素敵な娘だなって思ってた。でも、こんなに素敵  な娘に彼氏いないはずないと思ってた。」

M子「ウソだウソだウソだーーーー!」


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】職場の40代の男性に乳首をしゃぶられて【H告白体験談】

私が20歳の時、職場の40代の男性と途中までしちゃった話。

男性はアパートに住んでいて、内縁の妻がいる人。



今日はその妻がいないので飲みに来い、

と誘われ一人で男性宅に行きました。



男性と仕事の愚痴など話ながら

飲み食いして盛り上がっていました。



その時は寒い時期でヒーターを焚いていて

酒が入りすごく酔ってしまいました。



男性も酔っていて「おっぱい見せろ」と言われました。

あっという間に上着とブラを脱がされてしまいました。




このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】同僚の娘9才綾香【H告白体験談】

大型の台風が各地で被害を出してますが、皆様の所は如何ですか??

先日から妻は実家の有る九州へ法事で出かけ、台風のおかげで帰宅が出来な

く、幸いな事に金曜日にまた紀子ちゃんがお泊りで来ました。

金曜日の晩は三人でお風呂に入り綾ちゃんと紀子ちゃんのアソコを同時に洗

ってやると、綾ちゃんが  あやちゃんが

勃起したチンチンを握り何時もの様に洗うと言うより手扱きを始めると、紀

子ちゃんが食い入るように見つめて 

< 紀子ちゃん こうして上げると おじさんが気持ち良くなって チンチン

から 白いのが出るんだ よ 紀子ちゃんも オシッコでるところ 触られ

ると 気持ちいいでしょ > < この前 お泊りの時に 洗ってもらって 初

めて 気持ちが良くなるのを 知ったの >

綾ちゃんの手馴れた手付きと二人の可愛いアソコを触っていたので、数分で

紀子ちゃんのお腹精液を飛ばしシャワーで洗い流して浴室をでた 。

二人にパンツだけ履かせて、上半身にバスタオル巻き寝室の布団にねかせて




このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】兄弟【H告白体験談】

今年の春から上京して、大学生活を満喫していた。一緒に上京したヤリチンのマーを捜しにかすみから連絡があった。

高校のクラブの後輩だ。マーは卒業のとき、かすみをヤリ逃げした。マーいわく、処女と生姦したかっただけ!それ依頼、音信不通。

ゴールデンウイークにかすみが来た。俺はかすみを食っちゃうつもりで呼んだ。男の一人暮らしの家に泊まるんだから今更何言ってんの!とかなり強引にヤッタ。

途中諦めたのか、おとなしくなったかすみの身体を明るい部屋で写メ撮りながら、まだ一度しか使われてない穴をいたぶり愛撫した。

小さい身体で貧乳、毛も薄く、ついでに剃ってツルマンにして舐めまわした。涙ためながらも下は濡れてきた。

マーにもなめられたんでしょ、とかマーは中に出したんだよねとか、言いながら生姦。シマリ良い!肉襞をおしわけるような感触、丸見えの縦筋にズブット入った。

さくら色の陥没乳首が立ってきた。妊娠されても困るから抜いてからかすみの陰部にかけた。

ビラビラも小さく淡く、赤く腫れたとこに真っ白い液が・アップで写メ撮った。

卑猥な絵だ。洋服を前に抱え込み隠すように後ろを向いたかすみ、俺は後ろから抱き抱え。

まだヤルよと言いながら顔を覗きこんだかすみの唇をすいながらバックから挿入。さっきより簡単に入った。

小さな尻を抱えながらパンパンと打ち付ける。今度は顔に出した。唇になすり付けた。かすみは嫌そうな顔をした、

指ですくい無理矢理口の中へ。生意気に嫌とか言ったから力任せにかすみの尻穴に挿入した。こっちは中に遠慮なく射精した。

そのままイマラチオ!泣き疲れて寝てしまったかすみだった。翌日、約束どうりマーを呼んでかすみに逢わせた。

修羅場にはならなかった。マーは俺が撮ったかすみとのハメ撮り見て、やっぱもえない、貧弱な身体なんだもん・と。

かすみが何か言いかけたけど。処女とヤリたかっただけだし、俺彼女いるって言ったよな!遊びでいいといったのはお前だぞ。と。


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】JCと【H告白体験談】

もう髄分前のことです。まだ児童ポルノ法などがなかった頃の思い出なので・・・

仕事帰りに、通った公園のベンチに暇そうに漫画を読んでいる子を発見!「何してるの?」と聞いても「別に・・」と言うだけちょっとムッときたけど隣に座ってとにかく話し続けた。

どうやら親は離婚していて母親と2人で暮らしていて水商売だから、夜はいないそうです。名前を聞くと沙耶香と答えた、歳は14歳、中2だった。すごく可愛いという訳ではないがそこそこ可愛くてもう頭の中はどうやってヤル方向に持っていくかしか考えていなかった。こっちが一生懸命話しても素っ気ない返答ばかりでいい加減疲れてきて、もうストレートに「エッチしようよ」って言ってみた。  当然「いやだ!」って切り替えされたがこっちも必死で(中学生相手に情けないが)「いいじゃん、お金上げるから」と援交も持ちかけたが「いらない」って当然言われた。そこで賭けに出た。気が強そうな子なので「いいじゃん、まさか処女じゃないよね?」ってそうしたら案の定「処女じゃ悪いの?」ってムッとして言われた。もう、こうなればこっちのペース「悪くはないけど、だから断ったの?」って聞いてみた。また「別に」って焦りながら答えた。「可愛いよ」って言ってキスしてみた。初めてだったみたいで体が硬くなっていた。抱き寄せて今度は舌を入れてみた。どうしていいのか分からずに固まっていたので「舌を絡めてごらん」って言って2~3分キスしてたらトローンとして、「ここじゃ人が通るから」ってちょっと外れの暗い置き場のようなところに連れて行かれた。そこには机のような物(暗くてよく分からないが)があってそこに2人で座ってまたキスをした。ぎこちなかった沙耶香のキスも「もっと舌を絡めてごらん」って教えるとだんだん上手になってきた。キスをしながらゆっくり倒れていきオッパイを触った。正直いってAもあるかどうかだがキスしながら揉むと気持ちいいのか「ウウッ」って声をだしているTシャツをまくりあげ、スポーツブラも押し上げて乳首をひたすら愛撫してあげるとちょっとずつ乳首が立ってきた。オッパイを責めながらミニのスカートに手を伸ばすとすでにパンツはビッショリ「感じやすいんだね」って言うと「だって」っていう声が可愛い。 パンツを脱がさずにパンツの上からまんこを舐めてやると「イヤッ!」っていいながらも足は力なく開きっぱなしでいっぱい舐めてあげた。そろそろ脱がしてあげようかと思い「ビチョビチョで気持ち悪いでしょ」といいパンツに手を掛けると脱がせやすいように腰を浮かしてくれた。それからは直にまんこを舐めてあげ沙耶香はもうぐったりこのまま逝かせてあげようと思い指を1本だけゆっくり出し入れしながらクリを舐めてあげるとピックリしたように1度起き上がり「なにしたの?」って聞いてきた。クリを舐めたことを言うと「そこ気持ちいい」っていうから出し入れをやめてクリ攻めに徹しているともう訳が分からなくなったようでクリを舐めながら俺もズボンとパンツを脱いだ。その様子は沙耶香には暗くて見えていなかったみたいでなにも言わずにチンコの先をまんこに付けると沙耶香も気付いたみたいで「エッ、挿れないって言ったじゃん」って、そういえば処女って聞いた時に「セックスはしないから触らせてよ」って言ってたっけ・・・

 でももう我慢できずに「挿れるよ」って言ってゆっくり挿れていった。大洪水だったからか処女というのが嘘だったのかすんなり全部収まった。そこでまたディープキスをしながらゆっくり出し入れしてあげると気持ちいいのかちょっとずつ喘ぎ出した。「気持ちいい?痛くない?」って聞くと「気持ちいい」って、処女というのは嘘かもな、でも中2のキツキツまんこは最高に気持ちよく10分くらい出し入れしたらイキそうになってきた。「もうイキそうだよ、どこに出す?」って聞いたけど「わからない」って言われたので「生理はいつ終わった?」って聞くと「ちょっと前」って言うので「じゃあ中で出すよ!」っていって沙耶香の膣の一番奥に精子を注ぎ込んだ。そのあともちんこが収まりがつかずまんこから抜かずにもう1回動き続けて2回目も沙耶香の中に大量に精子を注いだ。もう最高の気分だったが終わって一緒に公園を歩いて「じゃあね」って帰ろうとすると「あれ、お金くれるって言ったじゃん」って、結局お金だったのかって思ったけど財布には5千円しかなく「じゃあ5千円ね」って言うとちょっと不満そうだったが「気持ちよかったよ、ありがとう」って言って長~いディープキスをすると機嫌も直り「沙耶香も気持ちよかったよ」って笑顔で言われた。沙耶香はキスがすきなんだ・・・  それから何度か沙耶香を公園で見かけたが中出しした事が気になって声は掛けなかった。

今頃、沙耶香も結婚して幸せに暮らしてくれてるといいなって思いながら、たまにあの時を思い出してオナニーしてしまいます。

【友達】隣の姉妹【H告白体験談】

僕が今のマンションに引越してきてから、一ヶ月ほど経ちました。

ようやく隣の部屋に住む○学六年生の歩美ちゃんと結ばれる事ができたので報告します。

隣の部屋に住む家族に、真美ちゃん、歩美ちゃんという姉妹がいました

。姉の真美ちゃんも可愛いのですが、妹の歩美ちゃんは堀北○希似の明るい美少女で、引越しの挨拶をしに隣の部屋を訪れた瞬間一目惚れしました。

ロリコンの俺はなんとか仲良くなろうと、なるべく顔を合わせるように頑張りました。

向こうの親にも好印象だったみたいで、放課後には俺に歩美ちゃんとゲームで遊んでやってくれと来てくれるようになりました。

何度も遊んでいるうちに歩美ちゃんと仲良くなり、恋人のように寄り添いながらゲームをする形が増えてきました。当時の歩美ちゃんは別に気にせず僕と触れ合っていたと思いますが、僕の方は歩美ちゃんの細く白い手足と触れ合うだけで勃起してしまいます。

そして歩美ちゃんの学校が夏休みに入って間もなくの頃です。

いつものように僕の部屋で歩美ちゃんと隣同士に座り、はしゃぎながらゲームをしていました。

今日はノースリーブにヒラヒラのスカート。相変わらず細く長い足が僕を興奮させてくれます。ゲームが一段落したところで歩美ちゃんがトイレをしに部屋を出ました。

数分後、「この部屋寒いよ」と言いながら戻ってきました。

冷房消そうか?と聞くと「いいよ、ここ座らせて」とあぐらをかいている僕の足の上に座ってきました。

今まで膝枕や抱っこをして遊んだ事はありますが、あぐらをかいている上に座ってきた事はありませんでした。

歩美ちゃんが僕の上に腰を下ろすと、歩美ちゃんのお尻にちょうど僕の股間が当たってしまいます。

しかも、夏場だったため、僕は薄手のハーフパンツを穿いていました。勃起すればバレバレです。


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】津加紗ちゃん【H告白体験談】

1:(*´Д`)<ハァハァ・・・・・・:2007/01/16(火)

   支援してくれると励みになります!ポチッと。 →人気blogランキングへ





じゃあ。

これは俺が中3の時の話なんだけれど。

俺、マコト、ユタカ、カツヤ、タカミチ(仮名な)の5人は

高校も底辺の馬鹿公立に行くことが決まってたんで、

やる事もなくてよく夜になるとマコトの家でたむろしてた。





俺らは特段不良でもなんでもなかったけど

なんか夜遊ぶのが楽しい、みたいな時期があるじゃん?

だからこの5人プラス、後はクラスやクラブ(クラブ活動な)の友達が不定期に

って感じで週に3〜4日は集まってた。


このHな体験談の続きを読む・・・

検索とブックマーク

はてなブックマークに追加
ツイートする
Google+で共有する

エッチ画像ピックアップ

今週の人気画像ランキング

この時間の人気記事

Hな告白体験談のTwitter

アーカイブ

相互リンク

ページ上部へ戻る