Hな告白体験談では実際にあったHな経験や体験談をまとめてご紹介しています。人妻や友達とのHな体験談か妹・姉・母親とのHな体験談まで色んな告白体験談がありますよ♪

タグ:夜這い

【乱交・王様ゲーム】睡眠薬で眠らせた妻に夜這い      浮気編【H告白体験談】

妻に睡眠薬を飲ませ友人に抱かせてからと言うもの、私はあの興奮を忘れられずに、

友人に何度か妻を抱かせていました。

その影響なのか?最近妻のエッチ感度が上昇し、妻から誘って来る事が増えました。

パジャマを脱がせると既にアソコはダラダラに濡れているんです。

そんな話を友人にすると

「じゃ、睡眠薬なしでもイケるんじゃないか?」

「バレたらヤバいって・・・」

「案外知ってたりして!」

「そんな訳ないだろ!」

「今度!媚薬でも飲ませれば案外OKだったりして」

「媚薬って・・・お前持ってるのか?」

「この間、妻に試してみたら凄い効き目だったよ。お前も試してみるか?.」

「ん~」

週末になり、友人が家を訪れて来たんですが、手には媚薬を持っていたんです。

「これ差入です。」


このHな体験談の続きを読む・・・

【フェラチオ】小学生の妹を夜這い【H告白体験談】

俺が高2の時4つ下の妹夜に隣の部屋で寝ている妹の部屋に侵入して妹が寝てるのを確認して俺は妹の口を軽く開けさせて俺のアソコを妹の口に入れた

妹ははぐっすり寝ていて気づく様子はなく妹の布団をめくって服を胸の上までめくった

妹の乳首をつまんだり揉んだりした

体中を触りまくった

妹のズボンとパンツをそ~っと下ろしマンコを舐めて濡れし入れやすくした

俺は妹のマンコに慎重に挿入した

その痛みで妹が起きてしまった

「ちょお兄ちゃん何してるのやめて」

抵抗して暴れる妹を押さえつけて上下に動かした

「し~静かにしろ」

「も~いや~」

「みんな起きるだろ」

「お願いやめて」

妹は泣きながら訴えた

だが俺はやめるわけなくそのまま続けた


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】誰も言えない…【H告白体験談】

誰にも言えない…恥ずかしくて相談もできません。

こんな事を母親に知られたら両親は離婚してしまうかも!!

私は父が好きだけど、ハッキリ言って離婚した方が良いと思います。母が可哀想なんです。

実は私…中学三年ぐらいから父に夜這いされてます。本当は私がいけないのかもしれません。

私がお風呂から出てテレビを見ながら濡れた髪の毛を乾かしていたら、近くに座ってた父が…「お前、可愛くなったな。」と言ってくれました。

いつもは「バカ」「女の子らしくしろ」「結婚出来ない」とばかり言ってました。

私は父に「今日は変だね♪」と言いました。

父がニコニコしながら部屋から出て行ったので、もう寝るのかな?と思い私は部屋で大胆にもお風呂あがりで濡れたTシャツを脱ぎ捨て、首にバスタオルを巻き、ブラジャー姿でテレビを見ていたら…知らない間に寝てしまったみたいなんです。この時は冬〜春になる季節の変わり目で我が家ではコタツが出てました。

私はコタツの中に潜り込み顔だけを出して寝てました。その時です!!父が部屋に入って来ました。

私は部屋のドアと父の足音で目が覚め「うわ!まずい…」とコタツで寝たふりをしてましたが、父が「テレビを付けたまま寝るなよ。寝るなら布団で寝ろ!!」と私を起こそうとしてました。父が私の横に座りコタツに入ってきて…上半身裸のお腹部分に父の手が触れてしまいました。

父の手が私の上半身を確かめてました。くすぐったいのですが私は抵抗しないで我慢してたら…私の胸に手を乗せ撫できて、父の手が止まったと思ったら父が私の体を少し引き上げ、膝枕してくれ…私の背中と頭を撫でてました。

父の手が私のブラジャーを外してしまい…ブラジャーの締め付けがなくなりました。私は恥ずかしくて…父に何されるのか?泣きそうでした。

父は私の頭を撫でながらどんどんと男性のアソコまで引き寄せ、私の頭に硬い物が当たり…

私「キモイ!!お母さん助けて〜」と言いたかったのですが、怖くて声が出なかったです。

私は父のされるがまま身を任せて堪えてました。


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】ロリ彼女マキ子【H告白体験談】

名前はマキ子って言います。

夜這いしたので報告しま〜す♪

布団の下側だけを捲ると、スッポンポンの可愛いぷりぷりお尻登場♪うつ伏せで寝

てます。

取りあえず腰の下に枕を入れます。こうするとお尻だけクイッと上がるので挿入し

やすいですな♪

でもってパイパンの肉厚マンコも丸見え。見てるだけで勃起。。。

マキ子はいつも死んだように寝てるので、少々の事では絶対に起きません。

取りあえず気分出すのに、剥き出しマンコをレロレロ舐めます。風呂上がりに1発

カマしたので、ちょっと精子臭いです。っていうか俺の精子ですけど・・・。

14・5才くらいのマンコは指1本でも窮屈なので、チンポだとヤバイ状態になり

ます。

そこで、愛用のぺぺローション登場♪コレ使うと快感が倍増します♪マジで♪

狭いのに動きはスムーズ♪㊥坊あたりと遊ぶ時は試してみて下さい♪

という事で、マンコにローションをトロリと付けて、指でゆっくりとホジホジしま


このHな体験談の続きを読む・・・

【学校】ALSを発症した、高校の同級生の女の子【H告白体験談】

名無しさんからの投稿

—-

大学の時、高校の同級生の女の子がALSを発症した。

そう親しくもない子だったし、ALSってどんな病気かも知らなくて軽い気持ちで大学の近くにあったその病院に、ヒマつぶしで見舞いに行っていた。

※ALS(筋萎縮性側索硬化症)とは

ある日、病室で彼女が言った。

「あたし処女のまま死ぬのってイヤだなぁ。ねぇ、今度夜這いに来ない?」

その晩、実際に夜這いに行った俺を迎えた彼女は、病院の寝巻姿ではあったが髪はちゃんと整えてあり、うっすら化粧をして、下着も当時流行り始めたTバックだった。

行為そのものは少々やっかいで、彼女は自分で脚を開く事も出来なかった。

彼女はわざとらしい喘ぎ声を上げて、なんとか無事終わる事ができた。

その後、俺に寝巻きを着せてもらいながら、彼女は嗚咽していた。

翌日、俺の実家に彼女の母親から、

「息子さんの優しいお見舞いに感謝します」

と電話があったという。俺はまさかと思ったが、しばらくして戦慄した。

彼女はもう、起き上がる事すら出来ない。


このHな体験談の続きを読む・・・

【フェラチオ】【田舎】地域に残る風習で父親に処女を捧げた話【H告白体験談】

名無しさんからの投稿

—-

私の生まれた地域に今でも残る風習です。

女子は初潮を迎えた段階で2つのうちから1つを選択しなければなりません。

1つは、『父親、もしくは5歳以上年の離れた兄に処女を捧げる』

これを選択した場合、処女喪失以降は自由恋愛が認められます。

もう1つを選択すると、結婚するまで純潔を守る事ができますが、結婚相手は親が決めます。

簡単に言うと、人身売買のような形になります。

男性が娘の「家」から「処女の娘」を大金を以って買うという事です。

注意点として、男性の配偶者になれるとは必ずしも限りません。

有力者の愛人になるというケースもありえます。

「夫」との間に年齢差があって、「夫」が早くに亡くなった場合、実家に帰される場合があります。

この場合、子供は「夫」の家に取られます。

私の場合、許嫁とか愛人とかは考えられなかったので1つ目を選択しました。

上に書いた文の通りの説明を受けるわけではありません。


このHな体験談の続きを読む・・・

【フェラチオ】【近親相姦】姉が好き過ぎて夜中に姉の部屋に忍び込んで犯そうとした【H告白体験談】

タカシさん(10代)からの投稿

—-

小さい頃から三つ上の姉はボクの憧れだった。

小学生の頃からクラシックバレエをやっていた姉は脚がすらりと長く、子供の目にも優雅な物腰で、長い黒髪はずっと伸ばしていて腰まであった。

年が三つ離れていると、ボクがわがままを言ってもいつも姉が折れてくれて喧嘩にはならず、ボクは母親以上に姉になついていて大好きだった。

人よりは体格に恵まれてスポーツは元々得意だったボクだが勉強は苦手だったので、面倒見のいい姉はいつも自分の宿題をさっさと片付けるとボクの勉強を見てくれて、毎日家庭教師がついてくれているようなものだった。

姉のお蔭で苦手な勉強も人並みにはできるようになって、一応進学校と呼ばれる高校に合格できたとき、周りは喜んで誉めてくれたが、ボクは全て姉のお蔭だと素直に思っていた。

同じ年に大学に合格した姉にそのことを言うと、姉はボクに勉強を教えたことで自分も基礎の復習ができたので大学に入れたのだとただ笑っていた。

小さいころから、ボクが悪さをしても姉がボクを叱ることはなかったが、とても悲しそうな表情を見せるのが常だった。

その度にボクの胸はキュッと締め付けられて、姉を悲しませることは二度とするまいと心に誓うのだった。

姉のお蔭で少しはまともな人間になれたとも言えるし、姉の所為で人の道を外れた獣になってしまったとも言える気がする。

そんな訳で、昔からボクはいつも姉と一緒で、どこにでもついて行くので、親には

「姉の金魚のフンだ」

などと言ってからかわれたが、ボクの中では姉と一緒でないとなんだか落ち着かなかった。

姉が大学生になっても姉はボクを誘ってくれて、連れ立って出かけることは多かった。


このHな体験談の続きを読む・・・

【人妻】睡眠薬で眠らせた妻に夜這い      友人妻編【H告白体験談】

私の妻を友人に抱かせてから2週間が過ぎようとしている時です。

巨乳の奥さんを持つ友人から飲みの誘いがきたんです。私はもう一人の友人と彼の家に向かいました。

玄関を開けると、奥さんが立って迎えてくれたんです。

相変わらずの巨乳です。服を着ている上からでも十分に大きさが分かる位です。

何年振りに見る彼女は、若干老けたでしょうか?リビングに入ると、友人が幼い子供を抱き座っていました。

「よく来たな!まぁ座れよ」

「あ~子供か!随分大きくなったなぁ。何才だっけ?」

「もう3歳になるよ」そんな中、奥さんがキッチンで夕食の準備を進めていた。

「本当にいいのか?今日抱かせてくれるんだろ」

「あ~いいよ!そのつもりで来たんだろ!」

「奥さんいくつだっけ?」

「もう34になった。大分体の張が無くなって来たけどなぁ」

「でも相変わらずデカいなぁ・・・何カップだっけ?」

「Gだったけど、最近Hになったとか言ってたなぁ」

「Hカップ!!!パイズリ出来るなぁ」そんな事を考えているだけで、股間がMAX状態だった。


このHな体験談の続きを読む・・・

【人妻】睡眠薬で眠らせた妻に夜這い【H告白体験談】

年齢36歳になるサラリーマン、10年前に妻と結婚、2児の父親でもあります。

妻(美沙子)33歳、子供9歳と7歳。数か月前に大きな仕事を任され、毎日遅くまで働いていました。

その影響なのか?夜眠れない日々が続き、友人(医者)に相談を持ちかけていました。

「ストレスだよ!少し休んでリフレッシュすれば良くなるよ!」

「今、休める状態じゃないんだ」

「それがいけないんだ!本当に病気になるぞ」

「ん~もう少しで、終わるからさぁ・・・何か薬処方してくれよ」

「そうだな、じゃ良く寝れる様に睡眠薬と安定剤でも出してやるよ」

「すまない」

そうして私は友人から貰った薬を飲み始めたんです。

しかし、夜薬を飲んでも直ぐに目が覚めてしまい、もう一度友人に相談しました。

結果、もっと強い睡眠薬をもらい飲んでみると、朝までぐっすり!

友人曰く、6時間は眠りに付くから気を付けろ!と言うのだ。

友人のお蔭で、朝スッキリ!!!(ちょっと大げさですが)で仕事も何とか無事に終了。

ストレスって怖い物です。役目が終わると気分良好!薬なくてもぐっすり寝れる様になっていました。


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】新聞広告のモデル【H告白体験談】

私は6才から10才まで衣料の新聞広告のモデルをしてました下着や靴下時には水着とかカジュアルまで色々でした私がモデルになった切っ掛けは母親が何かのモデルオーディションに応募して私と数人の男女が選ばれ私は主に関東の広告チラシに掲載されてました 最初のお仕事は6才で新一年生の入学式に着る衣装などランドセルを身に着けての写真撮影など、毎週日曜日がお仕事と言うか撮影日でした。撮影の日はカメラマンのおじさんやメイクさん衣装さんとスタッフは8人で構成され私は何時も可愛いと囃し立てられ得意になってモデルをしてました 私は当時ジュニアモデルで人気も有ってデパートや色々な仕事が沢山入って夏休みなどは沖縄まで行っての撮影までしてました。撮影が多くなると母親は次第に生活が派手になり父親との喧嘩が絶えなくなり、両親は離婚しました母に引き取られた私は小学校の勉強よりモデルの仕事でスタジオから野外へと出てのハードな撮影の毎日だったのです 私が9才になった夏から嫌な撮影が始まりました何時もは撮影スタジオには母と行ったのですが、その日はカメラマンのおじさんが迎えに来て自動車でホテルに入り撮影が始まりました。沢山の水着やパンツを着替えては 「優ちゃん可愛いょ そこ 足開いて」可愛いの連発で私はカメラマンのおじさんの言うなりにポーズをとるとシャッターボタンの音が 「カシャッ カシャッ」撮影場所は日を変えてホテルや野外では海・川・渓谷などで衣服を一枚ずつ脱いではシャッターの音、パンツ一枚の姿でブリッジしては 「カシャッ」私は以前とは違う撮影に 「おじさん この写真は何処の広告に使うの 」「優ちゃん この写真は写真雑誌になって子供の女の子好きな人が買って見るんだよ ギャラも沢山もらえてお母さんも喜ぶからね」数字後に撮影も終わり自宅に送ってくれた自動車の中で封筒に入れられたギャラを貰うと封筒は分厚く大金が入って様でしたが、私は母親にそのままわたしお小遣いとして1万円を貰ったのです。その日の母親は上機嫌で外食したり欲しい衣類や色々と買ってくれました「優子 お前のおかげで生活も楽で お母さんは有りがたいよ これからもカメラマンの言うことを聞いて頑張ってね 」 私も普段は衣料のモデルでしたが影では裏のモデルとも言われ9才の後半から10才になった頃にはビデオ撮影になって行きました山の中の撮影ではワンピース姿の普通の女の子で山道を歩きしゃがんでパンツを撮影そして放尿シーンを撮影され更にしゃがんだまま自分でアソコを大きく開いてみせたり、パンツ一枚で歩いたり全裸になって木登りしてポーズしながらアソコを開いたり触ったりの繰り返しでした。 私は大人の男の人が私を見て気持ちが良くなると聞いて意味も理解しないままホテルや野外での撮影は続きました。10才の後半に撮影場所に珍しく母親が来て「優子 今日は変わった撮影だからカメラマンのおじさんの言うことを聞いて 何でもするんだよ良いね」私は何時もの様に普通の衣服を脱いでパンツ一枚でベットの上をゴロゴロしたり全裸になって寝ころんんだり、ブリッジしてアソコを自分で開いたりして撮影が続き水着を着ての撮影はスクール水着やビキニなどいやらしいのはハイレグ水着をアソコに食い込ませるシーンなどが続きました。その日の撮影で母親は沢山ギャラを貰ったらしく上機嫌で私も母親を見てると嬉しくなって現在で言う児童ポルノの撮影をされていたのです。 その後のビデオ撮影で私は自分の身が壊されると思ったのですその日の撮影は田舎の旅館に泊って露天風呂の入浴撮影から始まり浴衣姿で夕食を食べ終わると、カメラマンのおじさんが今日の撮影は和室の布団の上で撮ると言われ男優さんが私を相手にするから黙って寝た振りをしてれば良いと言われ私は浴衣を脱いで白いシーツの布団に寝て、男優さんを待ちました。 ビデオカメラの録画のサインの赤いランプが点灯して録画が開始されました毛布と掛け布団で頭を枕に置いて私は両目を閉じて暫くすると、トランクスにティーシャツ姿の父親くらいのおじさんが入って来て布団の横に座り足元から毛布と掛け布団が胸元まで捲くられパンツ姿の私が撮影されていくのが近くに置いたモニターテレビに映しだされると、やがておじさんの手が私のお腹を撫でる様に触り手は次第に下半身に移動してパンツの上から私のアソコを触り始めたのです。 私は生まれて初めてのことなのでこれから何が始まるのか不安の中でおじさんの手がパンツに入り割れ目の上の膨らみを撫でて少しすると割れ目全体を手のひらで包み触りパンツから手が出るとパンツが脱がされ全裸にされると両足を左右に大きく開かれおじさんの手が割れ目を開き突起してるところを指でグリグリし始めて暫く続くと穴の周りにぬるぬるした物が塗られ何かが身体の中に入って来ました。 初めて入れられた異物をおじさんは出し入れした後、遺物が抜かれると今度は玉子を小さくした感じでブーンと音がしてる物を突起してる部分に押し当てグリグリされると眠った振りをしていてもくすぐったい感じや解らない変な感じで下半身が動いてお尻を浮かしていました。 そんな事が続くと 「こんな幼い子でも 感じて濡れるんだ そろそろだな」おじさんはトランクスを脱ぐと父親と違った太くなった物を私のアソコに押し当て割れ目に沿って何度も擦りつけてお腹に白いのを出したのです。ビデオカメラの録画サインが消えるとカメラマンのおじさんが「優ちゃん頑張ったね 良いビデオが出来たよ 今後も色々とあるけど 頑張ろうね」おじさんが白いヌルヌルをティッシュッで拭いてくれてパンツも元にもどされ私は浴衣を着て眠ったのです。 その後はホテルなどで若い男性や中年の男性にあそこを玩具にされたビデオがシリーズ物で製作されマニアに売られて行ったのでしたある日、母親と別れた父親が自宅に来て「お前 優子に何をさせているんだ優子は俺が育てる」私はその後は父親と再婚した義母の手で育てられたのでした ビデオの発覚は以前に父親の友人が自宅に遊びに来て私を覚えていたらしく友人は少女しゅみでビデオタイトル「少女に夜這い」そのビデオを持てて親に知らせたと聞きました。 母親とカメラマンや男優さんは警察に捕まったと聞きましたその後、私も警察に色々と撮影の時の事を聞かれたり、病院に入院して性器の治療をうけました。

検索とブックマーク

はてなブックマークに追加
ツイートする
Google+で共有する

エッチ画像ピックアップ

今週の人気画像ランキング

この時間の人気記事

Hな告白体験談のTwitter

アーカイブ

相互リンク

ページ上部へ戻る