Hな告白体験談では実際にあったHな経験や体験談をまとめてご紹介しています。人妻や友達とのHな体験談か妹・姉・母親とのHな体験談まで色んな告白体験談がありますよ♪

タグ:女子大生

【寝取られ】家に帰ると妻が襲われていた話【H告白体験談】

私の妻の裕子は、鶴田真由に似た、明るく聡明な女性であった。

○○大学で古文を研究し、その経験を生かすため

私立高校の国語教師という仕事に情熱を傾けていた。

結婚して2年、裕子が25歳になって間もないあの日まで、

私たちは人も羨む仲むつまじい夫婦として暮らしてきた。

あんな悪夢のような日の出来事さえなければ・・・。あれは1年前の3月26日だった。

3日前に卒業式を終え、春休みで裕子が家にいるので、

私は取引先からそのまま直帰し、7時前に帰宅した。

買ったばかりのマンションのロビーで呼び鈴を押したが返事がない。

仕方なく解除番号を押して5階に上がった。

玄関でもう一度ベルを押したが中に人の気配があるのに返事がない。

不審に思った私は鍵を開けて、玄関に男物のスニーカーが

複数脱ぎ捨ててあるのを見て、ハッとした。

その時、奥の部屋の方から、「ムグゥ~」と言う、

くぐもったような女の声が聞こえてきた。「裕子、どうした。」思わず声のした方に駆け寄った私は、突然部屋の影から飛び出した人影に


このHな体験談の続きを読む・・・

【マニア】女子大生の妄想と初めての露出体験in銀座【H告白体験談】

10年ほど前の話になりますが、大学に入りたての女子大生の調教の話です。

理系の一流大学に入った彼女。たまたまの偶然ではありますが年は離れていましたが後輩にあたります。本人の話では、家庭環境に闇を抱えていて、親からの愛情を全く感じることができないとのことでしたが、話を聞いてみると、ごく普通の家庭で、親も十分愛情を持って接しているのではないの?という感は大いに感じていましたが、10代のころの多感な思春期の感情が、彼女にそう思い込ませていたのでしょう。さみしがり屋で、自分に愛情を注いでほしいという想いが、普通のひとよりも、かなり強かったのでしょう。そんな一面は、家族に対してだけでなく男性に対しても同様でした。話をしていても頭の良さを感じさせる子で、容姿は、幼さを感じさせはしましたが、純朴な可愛らしさを感じさせる子でした。ただ、普通の会話と容姿からは想像できないくらいの妄想をよくしている子で、彼女の妄想を聞き出すのは大きな楽しみの一つではありました。性格的には大人しい目で内に籠る面があることの影響もあるのでしょうが、彼女がしている妄想は、官能小説を超える途方もないことを妄想していました。妄想の題材は、学生でしたので学校での内容や、身近な事象が多めでした。自分がしてしまった妄想を話すのは、自分のことを見透かされるようで恥かしがってなかなか話したがらなかったので、それを聞き出して行く事も、楽しいものでした。妄想していることを体験したいとの事で、調教をして欲しいとの要望を受けて、調教を始めて行ったのですが、彼女の妄想レベルの話を体験させるなんていうことは、度が過ぎていますので、当然無理な話で、また、実際の経験は未経験でしたので、ソフトなことから始めていきました。愛撫にSMのエッセンスを少し交えたくらいのごくごくソフトなことから。目隠しをして、縛り、愛撫を加えながら、言葉で辱め、虐めといったような・・・・それでも、初めての実体験で受けたものは、彼女がしていた妄想よりも心に響いたようで、彼女はどんどんSMの世界にはまっていくようでした。SMを通じて心と身体に愛情を注いでもらっているような実感も得ていたのでしょう。そんな中でのある日、彼女から今日調教して欲しいとの連絡が入ったのですが、当日、私の仕事が徹夜してでも仕事を終わらせなければいけないほど、多忙で、今日、会うことが難しいことを伝えると、暫くしてから返ってきた彼女からの返事は、もう、私が仕事をしていた会社の前まで来ているとのこと・・・・まだ、お昼前の時間にも関わらず、仕事が終わるまで待っていると・・・・お昼休みに会社を出て、銀座の裏通りにある近くの公園で待ち合わせをし、公園で改めて、当日の仕事の状況を伝え、今日は、どうしても無理なことを、彼女に伝えたのですが、どうしても今日、して欲しいといって聞かない彼女・・・・全く聞きうけない彼女に無理難題を・・・・「この公園で、下半身に身に着けるものすべて取り外してお散歩できるくらいのマゾ女だったら、今日、調教してもいいよ」と・・・・裏通りとはいえ、銀座に位置する公園でしたので、ある程度の人通りはあります。そんなところで、下半身何も身に着けない半裸状態でお散歩など無理な話です。彼女曰く、「本当にそれやったら、してくれるの?でも、私は露出には、興味ないから、感じることはないけどね」・・・できないとタカをくくっている私は「本当にできたなら、約束するよ。」・・・「じゃあ約束だよ。脱ぐからね。・・・といったものの、公園のベンチに座ったまま、動こうとしない彼女「やっぱり無理みたいだね。では、今日はおとなしく帰りな」・・・・「待って、今脱ぐから」・・・ミニスカートの中に手を入れ下着に手をかけるまで行くけど、そこから先には進めない。「こんな銀座の公園で脱ぐなんて、無理な話だよ。今日はあきらめて帰りなさい」・・・私がベンチを立って仕事に戻ろうとすると彼女が、下着を下し始める。ちょっと、虐めたい気持ちも働き・・・「見てごらん、」公園に面したところにあるガラス張りの喫茶店を指さして「あそこの喫茶店で座っている女の子たちや、若いサラリーマンがこちらを見ているよ」少し遠めではあるので、こちらを見ているかどうかは、本当のところ分かりは、しなかったのですが彼女の手が止まり、下し始めた下着も元に戻そうとするので、「もう、お昼休みも終わるので、時間切れだね」・・・立ち去ろうとすると彼女は、意を決して、下着を脱いだ。脱いだ後、ベンチに座って脚を閉じて、「はい、脱ぎました。今日してくれますよね。」・・・俯きながら彼女が震える小さな声で囁く。続きは、女神のSM快感天国アメーバで

【大学生】セックスするために下宿先に帰ってきた女子大生【H告白体験談】

GW、上京してから初めての帰省だったのに、

セックスするためにわざわざ予定切り上げて、

下宿先に帰ってきた子がいる。



入学式だったかオリエンテーションの時から目つけてた子で、

タダで飯食えるからって新歓誘いまくって仲良くなって、

何個目かの新歓の帰りにその子の下宿先でセックスした。



相手が付き合ってない女の子とか、1人暮らしの部屋で

やらせてくれるって状況に、

当時高校出たばかりだった俺はかなり燃えた。



その子は地方出身だったから、男性経験少ないとか奥手とか

勝手に思ってたんだけど、かなり抱き心地のいい体で、

イメージより反応も良かった。


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】親子丼【H告白体験談】

去年から、私は男子高校生の家庭教師のアルバイトをしていました。

 ある日、バイトのない日に、友達と遊んでいた夜の事です。バイトがなければ、私は普通の女子大生。

 良い季節だったので、タンクトップの胴体の部分をほとんど切って下乳を見せて、スカートは、もう少しでまん毛が見えるくらいのところではいていました。

 一応、人通りが多い道を歩くときのために、カーディガンは羽織っていましたが、少ないところでは脱いで歩いていました。

 先生、と呼ばれて、思わず振り向くと、生徒のお父様。

 なにやら息子さんのことで話したそうだったので、一緒にいたボーイフレンドたちと分かれて、お父様と公園で話す事に。

 でも結局、バイトの話は一切なしで、「すごい、刺激的な格好をしているね」と言って、なめるようにして私の身体に視線を走らせていました。

「そんなに見つめられたら、感じちゃう」と言うと、お父様は私をホテルへ連れて行きました。

 そこの家庭は、父と息子二人だけの家庭です。

 それ以来、私はバイトが終わると、お父様の部屋へ行き、エッチを楽しんでいました。

 むらむらするのは、生徒の方。バイトの時は、露出した格好をしませんが、それでも生徒は、服の上から、私の裸を想像しては、勃起させていました。

 服の上から、私のおっぱいやおまんこを眺める事は許しましたが、触ることは許しませんでした。

「入試に受かったら、好きなだけ遊んであげる」

 その言葉を励みに、生徒は勉強を頑張りました。

 この春、生徒は受かりました。合格発表の日、私は裸で生徒の部屋にいました。


このHな体験談の続きを読む・・・

【泥酔状態】バイト仲間の女子大生の乳首【H告白体験談】

当時僕は学生で、居酒屋でバイトをしていた。

その日は僕と、同じくバイトで同じ大学のIさんの2人が

閉店まで残っていた。



帰り際、店長がお酒のボトルを一本くれた。



なんでくれたのかは覚えてないけど、それをIさんと

「うちで一緒に飲もうか」

ってことになって、2人で我が家へ。



その時は別に妙なことしようという気は一切なく、

ただただ酒を飲むためにIさんを家に招きいれた。



色々おしゃべりしつつ、酒を飲む。結構飲んだ。

バイトで疲れていることもあって、Iさんは眠気MAX。


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】中3のとき【H告白体験談】

俺の場合、よくあるストーリーでした。

家庭教師で来てくれた女子大生当時19だったと思います。

中3で英語を教わっていたら、ムラムラしちゃって、チンコが立っちゃいました。

しかも、両親は夕方まで帰ってこないし、先生(ゆみさん)はDカップで薄着だったから・・・

察してくれた先生が「したい?」といたずらっぽく微笑むので、気がついたら抱きしめていた。

先生の濃厚なキッスにノックダウン、舌を絡ませるキッスと熱い唇に大興奮・・・!

先生が裸になっただけで、もうあそこがビンビンでした。

なんだかわからないまま、先生はコンドームを僕のあそこにはめてくれ、気がつくと先生が下で、僕が上で腰を振っていました。そのまま、童貞卒業・・・、発射です。

夕方までの4時間で8回もしちゃいました。

次の授業からは2時間のうち、まともな勉強は20分か30分、あとはエッチばかりでした。

しかも夏休みなどは先生の家で、お互いスッポンポンでセックス・・・・・

結局、夏休みは毎日のように先生とエッチで、一日に何度も何度も抱き合って、1000円3ダースのコンドームがあっという間になくなりました。

僕の有り余る性欲を、先生はすべて受け止めてくれ、あまりに求めすぎるので

「先生、ごめんね、エッチばかり求めて・・・・」と言うと

「いいのよ、先生もエッチ好きだから、だいぶ○○クンも長持ちするし、上手になって、先生も気持ちいいのよ。」


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】離島【H告白体験談】

卒業旅行と称して、女子大生の娘たち3人は離島への旅行を計画した。

半日以上かけての船旅は、大学生活の締め括りに申し分のない思い出になる筈だった。

民宿を予約した。この島の観光シーズンは夏。空いている筈だった。もうすぐ春がくる。

娘の1人が民宿の予約をしたとき「島の秘湯」の話しを女将から聞いていた。

昔から島の鍾乳洞の奥には温泉が滾々と湧いているのだという。ミステリアスではないか。

娘たちは、島での楽しみが増えたことを喜んだ。秘湯は思いがけない旅のオプションだった。

彼女達が島に着いたのは夕刻だった。早朝に港を出た客船は、途中の島で乗り換えていた。

乗り換えた小さな船が着くと、島の漁港には民宿の女将が丁寧に出迎えに来ていた。

「いらっしゃいませ。長旅でお疲れでしょう。ささ。どうぞ」

と、娘たちを案内をしてくれた。

民宿に着いて海を臨む景色のよい部屋に通され、娘たちは一息ついた。

「感じのいいところね」

「親切そうね」

「のんびりくつろげそうで良かったわぁ〜」

部屋に重い荷物を置いた彼女たちは口々に言って足を伸ばした。


このHな体験談の続きを読む・・・

【寝取られ】可愛い女子大生の汗だくセックス 【H告白体験談】

自ら秘裂の柔肉を開き挿入を待つ果歩。



早く入れてと言わんばかりに、膣口からは涎が垂れていた。



富田 「ハァ・・・いくぞ・・・」



富田は屈曲位の体勢で、腰を前に進めた。



粘液で淫らに濡れ光る肉棒は、一段と激しく勃起していたが、もはや挿入に手間どることはなかった。



グチュゥ・・・・



果歩 「ァ・・・ハァァア・・・」



眉間にシワを寄せ、たまらなく気持ち良さそう表情をする果歩。


このHな体験談の続きを読む・・・

【乱交・王様ゲーム】万引き女子大生の末路 【H告白体験談】

この間の土曜、私が所属する社会人サークルであったおいしい体験の報告です。









このサークルのメンバーは30代〜50代の20人前後で、表向きはそこそこの規模の異業種交流会のようなものを催していますが、裏ではメンバー間のスワッピングや、SNSなどで知り合った人妻との乱交パーティーなどをしています。







最後の人妻相手の乱交から2ヶ月が経ち、そろそろ次がないかな、と思っていたところ、メンバーのKさんから嬉しいお誘いが。









Kさん「セフレの女子大生を複数プレイデビューさせたいんだけど、今度の土曜、都合つかない?」


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】頂きます【H告白体験談】

おじさんですが、処女をいただいてきました。

正直『痛いんじゃないか?』『早く終ったほうがいいのかな?』なんて考えて気を使ってしまい、相当な奮闘でした。

あるサイトの投稿を読んで、9月くらいにメールくれたのは中国地方の女子大生19歳でした。

『相談に乗って欲しい』とのことで返事してみると『陥没乳首で悩んでいる、こんな体でエッチできるのか?』ということでした。

このコは会う目的では無いと思ったので、面倒だと思いながらもあまりに真剣なんで何度もメールでマジメに答えてあげました。

結論としては『きっと丁寧に愛撫したり吸ってあげたら、突起してくるから大丈夫だよ』『エッチだって好きになればそんな事、男は気にしないから心配しない』って返事しました。

そしたら、いたく喜んでくれて『何かお礼になるようなことしたい』と言ってきたんで、ダメ元で『じゃぁ僕にその陥没乳首吸わせてくれる? 怖ければエッチはしなくていいからアソコも舐めさせてくれる?』ってメールしました。

『う〜ん、経験ないから怖い。 でも興味はある』って事でした。

それから2ヶ月に渡ってメールでいろいろ話して、やっと自分の20歳の誕生日に彼氏も居ないので一緒に過ごして欲しいとの返事が来ました。

『エッチも経験する?』って聞くと、『どうしようかなぁ?お願いしちゃおうかな?』 ってなノリでした。

で、12月の初旬にいそいそ仕事休んで(笑)逢いに行ってきたわけです。

自分で太めと言ってた彼女は確かにポッチャリでしたが、僕にとっては当然ストライクゾーン。

『誕生日にこんなおじさんと一緒でいいの?大丈夫?』って聞いても『気にしないで』 とのこと。

好きだと言うパスタを食べに行き、これまた好きだというケーキを買ってホテルに入り、簡単に誕生日祝いを済ませ、シャワーに入りベッドイン。 そこまで、何の抵抗もありません。

『僕、怖くないでしょ?』って聞いても『まだわかんない』としか言いません。


このHな体験談の続きを読む・・・

検索とブックマーク

はてなブックマークに追加
ツイートする
Google+で共有する

エッチ画像ピックアップ

今週の人気画像ランキング

この時間の人気記事

Hな告白体験談のTwitter

アーカイブ

相互リンク

ページ上部へ戻る