Hな告白体験談では実際にあったHな経験や体験談をまとめてご紹介しています。人妻や友達とのHな体験談か妹・姉・母親とのHな体験談まで色んな告白体験談がありますよ♪

タグ:妄想

【盗撮・覗き】アパートの大学生カップル【H告白体験談】

5年ほど前まで巡回対象だったアパート。今は入居者ゼロ。

工事用の足場が組まれて解体か、と思ったらリフォームらしい。



ガードが甘くて見たい放題だったけど、どうなるかな?

窓と隣家の壁の隙間がほとんどなくて、

男が住むとカーテンも半開きとかが多かった。



関係はよくわからなかったけど、近くの大学に通う男が、

二人の女と同棲していたのがこのアパート。



最高のスポットで、風呂上がりは3人とも全裸

だし、3Pを見たのはこの部屋だけ。



リフォームされたらガードきつくなるかなぁ?

外装工事くらいで、なんとなく新築みたいになって、


このHな体験談の続きを読む・・・

【寝取られ】嫁を高校生の甥っ子とセックスさせてみた 続続編【H告白体験談】

前編は以下のとおり



そして土曜の午後、自宅に翔太がやってきた。

(ちなみに賃貸マンション住まい)



ここ数年まともに親戚づきあいしてなかったが

実は自転車で30分しか離れてないところに住んでる。



嫁と翔太はリビングのソファーのところにいる。

俺は二人の隣で見ている。



「ねぇ…涼子さん。本当にいいの?」

期待に目をうるうるさせて嫁を見つめる翔太。

なんというか小動物的な魔性の可愛さがあるな、この子は。




このHな体験談の続きを読む・・・

【寝取られ】嫁を高校生の甥っ子とセックスさせてみた 続編【H告白体験談】

前編は以下のとおり



とりあえず嫁に内緒でこっそり翔太と

ケータイ番号とメアド交換しといた。



本人と何度か連絡をとりあって

・すごく女の子にもてる、でもセックスの経験はないこと

・翔太は嫁に(性的な意味で)すごく興味があること

・彼女はいないこと



なんかがわかった。



おとなしくて良い子なので遠慮や照れもあるみたいで、

嫁に興味アリってことを聞き出すのは苦労した。




このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】他人(ひと)の皮を被る 六話(完結)【H告白体験談】

 それからの晃は、由希とデートを重ねつつ、奈津美を呼び出しては調教を続けた。

 晃の目算通り、奈津美は強姦の事実を他人に漏らす性格ではない。

 晃が来いと命じれば仕事を終えたその足でマンションを訪れ、調教を受ける。 晃は様々な方法で奈津美の肛門を開発した。

 裸にコートを着せて深夜の公園へ赴き、イチジク浣腸を入れて木陰で排泄させた事もある。

 晃の前で自ら尻穴オナニーをするよう命じもした。

 初めは晃を恨めしそうに睨みながら事務的に指を動かしていたものが、

 時間が経つにつれ自らの指に腸液を纏いつかせ、恥ずかしそうに内股になる様は嗜虐心を煽った。

 三度目の調教からは、よほど浣腸が嫌だったのか、自ら腸内を洗浄してくるようになった。

 晃はその度にどうやって綺麗にしてきたのかを訊いた。

「ここへ来る途中のコンビニで、浣腸を入れてよ……」

 奈津美の答えを、晃は様々に想像する。

 これほどの美人がコンビニのトイレに入り、浣腸を入れて音を立てて排泄する。

 店内の人間はどう感じただろうか。

 その妄想を語り聞かせながら奈津美の尻穴を嬲ると、たちまち肛門がきゅうと締まり出す。

 人一倍プライドの高い奈津美は、人一倍のマゾヒストでもあった。


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】他人(ひと)の皮を被る 二話【H告白体験談】

「なんとか上手くいったか……」

 晃はソファで息を吐いた。深く眠り込んだ奈津美に起きる気配はない。 晃はその奈津美のスーツをそうっと脱がしにかかる。

 ブラウス姿にすると酒の匂いが強まった。

 クールな美人が頬を染めて酒の匂いをさせるのはそそる絵面だ。

 さらにブラウスのボタンを外していくと、青い宝石つきのネックレスが覗く。

「高価そうだな。この石ころで何百万するんだ?」

 晃が毒づいた。奈津美という人間の恵まれぶりを象徴するようだ。 晃は劣等感に苛まれながら奈津美のブラジャーを剥ぎ取った。

 豊かな乳房が零れ出す。

 カップはEかFか、28歳とあって少し崩れてはいるが、突き上げればさぞかし揺れるだろう。

 乳輪と中心の尖りは初々しいピンクで、男の扱いに長けるイメージとはややギャップがある。

 ボディラインはスレンダーだ。

 縦に一筋入った腹筋はスポーツジムの女を思わせる。

 海で焼いたのだろうか、肌がほどよく色づいた中で乳房だけが白い。

 晃はさらに奈津美のベルトに手をかけた。

 ベルトを外しロングパンツを脱がせると、黒のストッキングが視界に飛び込む。


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】他人(ひと)の皮を被る 一話【H告白体験談】

 世界には同じ顔をした人間が3人いる。

 ドッペルゲンガーとも呼ばれる有名な都市伝説だ。

 大門晃(おおかどあきら)はその都市伝説を、ぶらりと足を伸ばした街の喫茶店で思い出した。「いらっしゃい……あら、久しぶり」

 喫茶店の女主人は晃を見るなりそう笑いかけた。晃は訝しむ。

 その店に入ったのは間違いなく初めてだ、久しぶりとはどういう事か。

「ええと、どこかで会ったっけ?」

 晃が問うと、女主人は目を丸くした。

「何言うんだい、お前さん」

 そう言って晃の頭からつま先までを何度も見やる。

「……確かにいつもみたいにスーツじゃないけど、じゃあ何、他人の空似かい」

「おそらくは」

 晃が頷くと、女主人はふうん、と唸った。

「驚いたね、瓜二つじゃないか。まるで双子だよ」

 晃はそれに愛想笑いを返しつつ、かの都市伝説を思い浮かべる。 ドッペルゲンガーの知り合いは女主人だけではなかった。

 公園を歩くと老婦人が会釈をし、砂場の子供が挨拶をする。


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】台風の夜【H告白体験談】

はじめまして。エッチ大好きな30歳の美緒と申します。

胸が大きいこと(Gカップ)が昔はコンプレックスでしたが、今はとても良かったと思います。

なにしろ、エッチなことによく遭遇するので。

先日の台風の夜に経験したエッチな出来事を告白します。

仕事から帰ろうと思い、朝持ってきていた傘を差そうと傘置き場を見ましたが

どうも誰かが間違えて持ち帰ってしまったらしく見つけることが出来ず、

やむなくロッカーに置いてあった折り畳み傘で帰宅することにしました。

しかし、あまりの強風と雨のため、会社を出てから10分も経たないうちに傘の骨が折れてしまい

ないもない状態で歩いて帰ることにしました。あっという間に全身は雨で濡れましたが

仕方がありません…。台風のせいで人影も少なくて車もあまり通らないから気にせずに歩を進めておりました。

すると後方から一台の車がやって来て、私の横に止まり窓を開けました。

「あなた、ずぶ濡れじゃないですか!!とにかく乗ってください。」と大学生くらいの若い男性が乗ることを勧めました。

私も風邪になりたくないし、ここはお言葉に甘えようと思い、知らない方の車でしたが乗ることにしました。

「大丈夫ですか??肺炎にでもなったら大変ですよ。」と一旦車を止めて、後部座席にあったタオルを渡してくれました。

私はただ「ありがとうございます、傘が折れてしまって。本当に助かりました。」と言いながら身体を拭こうとすると


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】戸田エ○カ【H告白体験談】

あれから、毎日とはいきませんがちょくちょくメールするようになりました。

撮影現場や、食事に行ったときの写メを送ってくれたりしました。

しばらくして、彼氏が半年いない、やっぱり業界の人と付き合うのは疲れる。

と、メールがきたので、俺は一般人だから楽かもね。って送ったら、

『そうかもしれないね。…付き合う?』

ってきたので、一度会ってくれない?そしたら俺から言うからさ。

って送りました。

そして今日、2人でいわゆるお忍びデートをしてきました。

そして今、彼女はシャワーを浴びてます。

君達と同じような人間だった俺が、ここまでくるとは。

まぁ、チンポでも擦って妄想でもしときな(笑)

それじゃ、じっくり堪能してきます。

【友達】種付け屋さん【H告白体験談】

不妊の原因って、夫側と妻側のどちらにあることが多いんだろう?

知り合いの医者に聞いたら「うーん、半々くらいじゃないの?」との回答。

その時は医者のくせになんでそんな曖昧なんだよ、と思ったが、

正直どちらが主な原因か断定しづらいケースも多いそうだ。医学的な問題以上に実態を分かりづらくしてるのが「夫の非協力」。

ここにきてようやく男性不妊への理解が高まってきたが、

意外と最近まで「不妊は女の側の問題」という風潮が世間一般に強かった。

奥さんの検査でこれといった異常が見つからず、

「念のため」と旦那に検査を勧めても、断られることが多かったそうだ。男の側が原因の不妊もあること自体は、昔から知られてたはず。

「子宝の湯」に行ったら三助(背中を流す人)そっくりの子供を授かったとか、

子宝祈願に来た奥さんを坊主や神職が「珍棒」を駆使して治療したとか、

真偽はともかく、その手のエロ話は昔からあったみたいだし。これは想像だが、産科の医師自身が不妊の女に直接「治療」するケースも、

それほど古くない時代まで残ってたんじゃないか、という気はする。

さすがに、俺の学生時代のバイトまで一般的だったとは思わないが。

というわけで、ここから先は妄想ってことでよろしく。俺がやってたのは、簡単に言うと不妊女性への「種付け」。

夫の精子に問題があるときの不妊治療法に「非配偶者間人工受精」があるが、


このHな体験談の続きを読む・・・

【寝取られ】マッサージ師を募集して彼女を 続編【H告白体験談】

前編は以下のとおり



Aさんは勿論彼女の一つ一つの仕草を困った様なフリをしながらも

しっかり凝視していました。



僕とAさんは2.5人掛け位のソファーに並んで座っており、

そのソファーとL字型に並んだ1人掛けのソファーに彼女が座りました。



始めから置いてあった、僕と彼女の飲みものとAさんの冷えたビールで

3人で乾杯をして、彼女だけ全裸に近い状態のおかしな雑談タイムが

スタートしました。



僕にとって最高に淫靡な状況なのですが、まだ照れながらの彼女の声が小さく、

それを逆手に取って僕は彼女に言いました。




このHな体験談の続きを読む・・・

検索とブックマーク

はてなブックマークに追加
ツイートする
Google+で共有する

エッチ画像ピックアップ

今週の人気画像ランキング

この時間の人気記事

Hな告白体験談のTwitter

アーカイブ

相互リンク

ページ上部へ戻る