Hな告白体験談では実際にあったHな経験や体験談をまとめてご紹介しています。人妻や友達とのHな体験談か妹・姉・母親とのHな体験談まで色んな告白体験談がありますよ♪

タグ:妻

【近親相姦】家庭内の秘密と不破と同じ穴の狢【H告白体験談】

俺は今26歳で、

実家を離れ、姉と妹とシェアして、暮らしてる。

姉と妹って言っても義理のだけど、

今からの体験談は、13年前にさかのぼる話だ。

中1の時に、親父が3人の連れ子女性と再婚した。

一気に6人家族になった訳だ。

姉→冬子17歳。

兄→春夫15歳。

俺→夏生13歳。

妹→秋子12歳。

春夫は左足が少し不自由で母は甲斐甲斐しく世話をしてる。

一年間は、平穏無事に過ごしていたが、事件が起きた。父が、義母の隠された秘密を知ってしまったからだ。その秘密とは、義母と春夫の、

近親相姦だった。怒りと嫉妬に狂った父は、冬子を犯してしまい。2年間も、強要し続けた。秋子は俺と歳が近いから、仲が良くて、何時もべったりって感じで、この変化に気づかなかった。

ただ、良く母と春夫、父と冬子のペアで出かけて、

俺達2人の時間が増えたな、くらいにしか感じてなかった。血の繋がらない、性に目覚め始める年代の2人を毎日のごとく、2人きりにするんだから、変な行為をしない訳がない。お互いがどちらともなく、肌を重ねあった。


このHな体験談の続きを読む・・・

【乱交・王様ゲーム】妻を常務に預けてしまった(4)【H告白体験談】

 妻を常務に預けてしまった(4)      龍 晃一 福岡空港に迎えに行くとお土産をどっさり買ってきた雅美の姿があった。私の見ている前で常務と雅美が抱き合ってキスをしていた。そして二人は別れて行った。そんな姿を観ていたことを知らないかのように笑顔の雅美が近寄ってきた。「お帰り、楽しかった—-」

「とっても楽しかったわ—-」

「ママ、お帰り」

「雅子にもお土産を沢山買ってきたよ」

「ママ、ありがとう」 雅子にはママが男と旅行に行っていたとは口が裂けても言えないことである。あどけない姿をとても可愛く思った。子供にはこんな辛い思いをさせたくないと思っているが、雅美の表情は笑顔で逢瀬を満喫した来たとしか思えなかった。それも仕方のないことである。どんなことにせよ、楽しく振り舞うことが前向きに生きることになる。 その方が私も嬉しかった。グアムのお土産で喜ぶ雅子を健やかに成長させなければならないと思えた。

 その夜、雅美の裸体を確認した。 結婚式の写メールでヘアが剃られたことは解っていた。首筋にも乳房にも太腿にもキスマークは無数に付けられていた。常務は私がチェックすることを知って無数に付けたようにも思えた。乳首を舐めると雅美は喘ぎだした。更に敏感な肉体にされている。乳首を舐めただけで膣から愛液が溢れていた。 雅美の愛液を啜りながら69の体位になり、私のペニスを咥えさせた。雅美の本当の主人は私なのだと3日間溜めていた精液を雅美の口に注いだ。大量の精液にも関わらず飲み干す雅美の姿に安堵していた。この日は、ペニスも元気であった。口の中に精液を放出しているのに元気そのもものである。そのまま濡れている膣の中に押し込んでいった。 濡れ濡れに愛液が溢れている膣の中にすんなりと納まった。膣の中に納めただけで雅美は悶えている。そんな雅美の表情を確認しながら激しくそしてゆっくりと深く捻じ込み、浅く差し込んだりしながら膣壁の感触を楽しんだ。30分の格闘の末、子宮に精液を振りまいた。この子宮は私の者だと言う意味を込めて——。「常務とは、毎日何発ぐらいしたの—–」

「そんなこと—-数えていないよ—-」

「わかるだろ—-朝一番にして—昼前に2回目をして、食後に3回目をしたとか—-」

「毎日、少なくても5回はしていたよ—-常務のは長いのよ—-一回に2時間ぐらいする時もあるの—」

「そんなに—-」

「常務は、舐めるのが好きなの—-膣に2時間ぐらい舐めていた時もあつたし—–眠っていたりしたので—-覚えていない」

「そんなものなの」 月曜日に会社に行くと朝礼が終わると常務に呼ばれた。

 常務から雅美の全裸の写真をパソコンの画面で見せてくれた。ホテルの室内だけでなく、海岸や海の中での写真もあった。明らかに誰かに撮影させていたように木陰でフェラしている写真や海の中で交わっている写真もあった。

「雅美は可愛いよ—私の妻にしたいよ—-結婚式の写真は—-」 チャペルの中で指輪の交換、キスのシーン、チャペルの中でドレスを脱がされた写真もあった。

「この4日間で1万枚以上撮影した」


このHな体験談の続きを読む・・・

【マニア】夫婦の遊び【H告白体験談】

私達夫婦は(達也・45歳・会社員)(美幸・41歳・専業主婦)娘が大学進学で京都に行ったので二人だけの生活になりました。

「新婚みたいね」

と、妻が言うように夜の生活も月1から週に2~3回と増え、普通のセックスから新たな刺激を求めるよになっていました。

以前は、娘の部屋が隣だったため手で口を押えて声を出さないようにしていた妻でしたが、隣を気にせず声を出して乱れる妻が新鮮に感じます。

セックスの最中に妻の過去の男性経験を聞きだしたのもこの頃でした。

クリトリスを弄りながら激しく舌を絡ませたキスをしている時、

『美幸は処女じゃなかったけど何人の男を知っているんだろう?』

と、疑問が浮かんできました。

どうしても知りたくなり妻に

「美幸、聞きたいことがあるんだ」

「なに?」

「男性経験は?」

「え~急にどうしたの?」

「思いついてね。初体験は?」

「高三で17歳の時よ。相手は一つ上の大学生だったわ。一年位付き合って、彼の誕生日にあげたの・・・彼の部屋でね・・・恥かしかった事と痛かった事しか覚えてないわ。」


このHな体験談の続きを読む・・・

【人妻】気が弱い夫【H告白体験談】

妻が上司と不倫,妻は38歳、とてもスレンダーで若く見える。

生保の営業をやってる妻はいつも8時ごろ帰宅の準備をする。

たまたま自分の仕事の関係で近くを通ったんで、ついでに迎えて

一緒に帰ろうかと思い、妻の会社まで行ったら、ちょうど事務所の明かりが消えたところだった。

もういないのかな? と思って、出口の方に目をやると、妻が40歳ぐらいの渋い男性と出て来たところだった。

すぐに声を掛けて見ようとすると、なにやら二人の様子がおかしい。

手をつないでいたのだ。

やがて鍵を閉めた上司らしい男は、妻の手を引いて自分の車に乗せて発進した。

慌てて後を追いかけると人通りの無い海岸公園のトイレの所に止まった。

少し離れたところに自分の車を止めてシノビ足で近寄って行くと、二人は車から降りて女子便所に入っていった。

ここまでくると自分の心臓は早鐘のように鳴り出し、息をするのも苦しいぐらいだった。

これから何が起きるのか想像すると益々心臓が喉から飛び出そうになる。

もし浮気だったら怒鳴り込んで現場を抑えて、、、とか考えてる内に、中から声が聞こえ出した。

もう少し様子を見ようと思い女子便所に入って行くと、2つある内の奥のトイレに二人が入っているのがわかった。

下の方に10cmぐらいの隙間があり、足が4本見えていたからだ。


このHな体験談の続きを読む・・・

【人妻】清楚な妻を他人に【H告白体験談】

妻は某国立大学声楽家科出身の現在専業主婦です。身長160㎝小柄な美人です。体型は、胸はちょっと小さ目ですが形のいいバストそして、くびれたウエスト、形の良いヒップ、まだ出産していない体は20代前半です。でも年齢は現在32才の清楚な妻です。

妻は落ち着きのあり、また品のあるお嬢様タイプです。

妻の現代の趣味はエステとかスポーツジムで体を整えることに特に熱中しています。

手入れがいいのか肌は白く、みずみずしく、肌は20代前半の張りがあります。

いまでも、渋谷などでは、よく男性に声をかけられたり、モデルの誘いなどあるそうです。

専業主婦なので、昼間は、生け花教室、マナー教室、ヨガ教室などに通っています。

やはり、外に出る回数が多いので化粧とか、肌の手入れなど非常に敏感です。

そして、私が特にすごいなーと思ってるのが、言葉遣いです、発音とかしゃべり方が綺麗で、家柄なのでしょうか、あのゆっくりと品のあるしゃっべり方で話されると、私もつい丁寧語になってしまいます。また今、はやりの短縮系の言葉などは一切使ったこのとがないので、清楚な感じが言葉からもにじみ出てきます。

自慢かもしれませんが、ヨガに通ってるおかげで、体は柔らかく、その柔らかさがさらに女性らしさを醸し出してると思います。

ただ、逆に美人でスキが無いように見えたりするので、昔から特に同年代からは敬遠され、年上の人しか声がかけられなかったそうです。

だから、私がゲット出来たんだと思うし。私自身、同年代だったら、絶対、声なんかかけられなかったと思います。

申し遅れましたが、私は現在47才(会社経営)です。

30代前半、趣味で巣鴨にある有名な性感マッサージのところで、3年位修行させて頂いた経験があります、その時、そこに来る女性は不感症の方が多く特に真剣に悩んでる方々でした。、その女性達を逝かす事が出来たとき、たいへん感激したことを覚えています。

そして、女性は調教すると、変わるし、開発すれば体全体を性感にすることも可能なのがわかり。また何人もの女性が、局部以外でも逝ってしまうのをこの目で確認しました。

いまは、この時の経験を由香に生かし、完璧な女性にしたいと思ってます。


このHな体験談の続きを読む・・・

【人妻】おこぼれにあずかりました【H告白体験談】

少し前のことですが、友人の伸一宅へ新築祝いで訪れたところ、伸一の

後輩らが先にきており、玄関先で帰ろうとしたところ、伸一と奥さんに

「気兼する方では無いので、ゆっくり上がって下さい」

と勧められ、部屋に上がりました。

伸一の奥さんは、6才年下。

小柄のショートカットで胸が大きな可愛い子です。

すでに友人を含む三人は、お酒を飲んでいて賑やかに騒いでいました。

僕も勧められて飲み始め、仕事の話や世間話をしていたのですが、だんだんと

Y談になって伸一の後輩の一人が、最近デリヘルの娘に熱をあげている話を

していると、もう一人の後輩が

「僕、自慢では無いですが、お金でSEXしたことないんです」

と、言ってきました。

確かに彼、亮くんは、タレントの堂本光一似のいい男で彼女が絶えることは

無いだろうと思いましたら、

「僕彼女は最近いません。営業で外回りに行くとそこで頂いてくる。


このHな体験談の続きを読む・・・

【人妻】妻の友人関係【H告白体験談】

 妻とは、知りあって1年ほどで結婚した。

 いわゆるできちゃった婚。

 妻には、学生時代からの付き合いの男女混合の友達グループがあり、結婚前はしょっちゅう飲みに行ったり、泊り歩いたりする関係。

 レギュラーメンバーは男4人、女6人程度で、男は皆180cm以上のいかついタイプ、女は可愛い子やナイスバディーの子が多い。

 結婚してからも付き合いは変わらず、妻はよく出かけて行ったが、出かけるといつも朝まで帰ってこない。

 一度注意したが、「男友達にやきもち妬くなんて」と馬鹿にされたので、それ以上は何も言えなかった。

 結婚前も男女同じ布団で寝たり、一緒に風呂に入ったりする関係なので、ただの男友達な訳がないが、僕は大人の対応を見せていた。

 ある夜、妻の男友達二人が我家に遊びに来た。

 男友達は馬鹿っぽいが、僕に対しても友達のように接していた。

 そのうち妻が男友達に風呂を勧めた。

 男達二人が風呂に入ることになったが、妻が突然「私も入ろう」と言い出し、居間で服を脱ぎ始める。

 僕は驚いたが、妻はあっという間に全裸になり、白い肌を男達に抱えられるように、Dカップのおっぱいに手を添えられながら風呂へ消えて行った。

【盗撮・覗き】同僚の人妻援交の相手だった妻【H告白体験談】

「おい、小宮。また新しいのが撮れたんだ。今度は上物だぞ!」

隣のデスクから同僚の佐々木が小声で話しかけてきた。

こいつの趣味にはちょっとウンザリしている部分もあるのだが、しつこいのでいつも適当に付き合ってやっている。

その趣味とは…、人妻との援交をビデオに収める事。

 

佐々木はデブでブサイクだから36歳の今も結婚できていない。

独身貴族で特に趣味も無いから有り余る金を使って援交に精を出している。

最近はまっているのが人妻援交で、出会い系で知り合った援交人妻を片っ端から喰っているらしい。

今までも何度か見せてもらったんだが、大体が汚いおばさんばかりで気持ち悪いだけ。

ブサイク同士がセックスしているのを見ることほど気持ち悪いものはない。

どうせ今回のも同じようなものだと思って適当にあしらおうと思ったんだが…。

「おいっ、今回の人妻はレベルが高いぞ。見てみろよ」

「お前も好きだねぇ。どれ、見せてみろよ」

他人のやった女の自慢なんか見てもつまらないだけだが、しつこいので適当に見てやることにしている。

「この女、絶対にスキ者だぜ。金なんかどうでもいいって感じだったからな」


このHな体験談の続きを読む・・・

【人妻】居酒屋での出来事(ノーパン)【H告白体験談】

恥しがり屋で露出プレイは できない妻であるが、気分の良い時など私の言う事を聞いてくれる事がある。

凄く大胆な事はしないが、ある程度の事(ノーブラ・ノーパン・海の家やプールの着替え<出入り口が開くと見える位置の着替え> ・鍵をかけないシャワーやトイレなど)はしてくれる。

夕方、ノーパンで買い物に行き何のハプニングもなく買い物を終え、夕食を居酒屋で済ます事になった。お酒の量が進むにつれて 気もゆるみ股もゆるみがちである。

そんなある夏日の出来事、居酒屋の座敷席で私が通路側に座り生ビールを3杯

4杯と喉を潤した頃、妻が「あの人達と よく目が合うの?」と私に言う。

私は「おばさん 好みの連中じゃないの?」と冗談めかしに気にせずにいた。

しばらくして私がトイレを済ませ席に戻りかけると、妻のミニスカートの隙間から色白の肌と薄っすらとした繁みのコンストラストが見えた。

ちょうどトイレ方向から妻の斜め座りがテーブルの死角から外れて見えるのである。

私は酔っ払っていてもノーパンにさせていた事は覚えているが、私自身テーブ ルがあるので 「まさか見えないだろう」と思っていた。

先程の人達の理由が今、分かった。妻に言うと警戒し「お店を出よう。」と言いかねない。

当時、ハイレグ水着を着るため陰毛を刈り込んで薄く透いていた。

それは今でも 私の役目&趣味で、小陰唇周りを綺麗に剃ってある。

多分、見られたと思う!と私の心臓は酔いと興奮でドッ クン・ドックンと動くのが分かった。

気分はスケベモードにスイッチが入りトイレに行く人達が待ち遠しい!中には気がつかない人もいたが、ご丁寧に何回も来る人 達(多分同じグループの人達)もいた。

おそらく6~7人は妻の恥ずかしい部分が見えただろう!


このHな体験談の続きを読む・・・

【大学生】山小屋で大学生と雑魚寝【H告白体験談】

検索とブックマーク

はてなブックマークに追加
ツイートする
Google+で共有する

エッチ画像ピックアップ

今週の人気画像ランキング

この時間の人気記事

Hな告白体験談のTwitter

アーカイブ

相互リンク

ページ上部へ戻る