Hな告白体験談では実際にあったHな経験や体験談をまとめてご紹介しています。人妻や友達とのHな体験談か妹・姉・母親とのHな体験談まで色んな告白体験談がありますよ♪

タグ:強姦

【近親相姦】嫁母に泥酔を介護され・・・【H告白体験談】

俺 智31才,妻美可26才,嫁母育江51才の3人家族。

美可は妊娠4カ月で安定期に入っている。

美可の親友が長野で結婚式,身重の為に大事をとって長野一泊で行く事になった。

嫁母の育江は決して飛びきりの美人ではないが色白で痩せ形で俺は育江に欲望している。

痩せ形の身体だがお尻は大きく,オッパイも人波に大きい事は判っている。

なにしろ女っぽい仕草が堪らないのだ!

育江は妻と嫁に行った次女の女ばかりの育ち,自分も女だけの姉妹育ちの為,男の俺に

興味津々で俺と話す時なぞは真直ぐ潤んだ目で見つめで頬を赤くする事がある。

3人で出かけた時,妻の目が届かない時に足場の悪い道を育江の手を握り支えてあげた。

育江は俺の手を強く握ってきて,なかなか離そうとしなかった。

その時も頬を赤くしとても可愛かった,チャンスがあれば抱けるかも知れないと思った。

それからは家ですれ違う狭い廊下や台所では,なるべく身体が触る様にわざと押し付けながら通る。

無言で反応が無い素振りをするが,毎回触る事を嫌がってなく意識しているようだ。

嫁が長野一泊の金曜日の夜 いろいろ作戦を練ったが良い案が浮かばず,強姦すれば後が

気まずいし・・ と思っていたら部長から一杯やろうと誘われた。 


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】他人(ひと)の皮を被る 六話(完結)【H告白体験談】

 それからの晃は、由希とデートを重ねつつ、奈津美を呼び出しては調教を続けた。

 晃の目算通り、奈津美は強姦の事実を他人に漏らす性格ではない。

 晃が来いと命じれば仕事を終えたその足でマンションを訪れ、調教を受ける。 晃は様々な方法で奈津美の肛門を開発した。

 裸にコートを着せて深夜の公園へ赴き、イチジク浣腸を入れて木陰で排泄させた事もある。

 晃の前で自ら尻穴オナニーをするよう命じもした。

 初めは晃を恨めしそうに睨みながら事務的に指を動かしていたものが、

 時間が経つにつれ自らの指に腸液を纏いつかせ、恥ずかしそうに内股になる様は嗜虐心を煽った。

 三度目の調教からは、よほど浣腸が嫌だったのか、自ら腸内を洗浄してくるようになった。

 晃はその度にどうやって綺麗にしてきたのかを訊いた。

「ここへ来る途中のコンビニで、浣腸を入れてよ……」

 奈津美の答えを、晃は様々に想像する。

 これほどの美人がコンビニのトイレに入り、浣腸を入れて音を立てて排泄する。

 店内の人間はどう感じただろうか。

 その妄想を語り聞かせながら奈津美の尻穴を嬲ると、たちまち肛門がきゅうと締まり出す。

 人一倍プライドの高い奈津美は、人一倍のマゾヒストでもあった。


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】少女の花びら ⑬【H告白体験談】

『 最終章 財閥令嬢の膣内破損 』



我小学校の新体操部は予選落ちして俺にしてみれば一日だけの楽園だった

新体操の”美雪”と言う獲物を捕らえる事が出来て今後楽しみだ

それに購入難の小学生児童による新体操DVDの修正製作が楽しみだ

数日後 性奴隷化された裕子をマンションに呼び出した

♪〜ピンポン・・「おっ裕子姫が来たな」と玄関の扉を開けると

腹巻のような服と白色の短パンと言う露出全開の衣装がたまらない

リビングの方へ歩きながら「裕子ちゃん その 腹巻いいね」

「腹巻っぷっはは これはねチューブトップと言うの腹巻だってふふっ」

「その 何だぁ チューブトップと言う腹巻は動いていて落ちないのか」

裕子は上半身を左右に振ったり上下に飛んだりしながら

「それがね不思議なの落ちるではなく上がるのよ 何か他の事を

期待しているの」

裕子が屈むとチューブトップの胸の隙間から発達した乳房の谷間が見え


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】いかされた母【H告白体験談】

僕は19歳の学生です。最近親友の武志が母に目を付けてるのはわっかてま

した。

奴は強姦じゃなくて感じさせてみせるぜと自信満々です。

母はもう46歳ですが主婦業しかしたことが無く、僕からみてもとても清楚

な感じです。武志に抱かれるなんて絶対に想像できませんでした。

武志が遊びにきたある日、「お前そこの押入れに入って隠れていろ。」と僕

に命令しました。

母がお飲み物を持って僕の部屋に来た時、武志は行動にでました。

母がお飲み物を置いた瞬間母の手を握り、肩を抱き寄せました。

母は驚きのあまり固まってしまった様子でした。

母がじっとしているのを良いことに武志は股間を触らせ始めます。

「いや、何を・・・」

と言った瞬間唇を合わせられ押し倒されてしまいました。

その時母の白いパンティーがチラッと見え何故か興奮を覚えました。

女扱いに慣れている武志の愛撫に母は段々と反応しだしました。


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】聖乱美少女-4【H告白体験談】

『 第四章 恐喝資金調達 』



梅雨が明けると一気に夏本番が来る 強い日差しが砂浜を熱地獄に変える

ひまわりと小麦色肌に焼けた麦藁帽子の少女が合う季節だ

砂浜では7歳〜10歳くらいの幼い少女達が水着姿ではしゃぎ回る

紺色布生地のスクール水着が濡れ身体に密着し少女達の股間はスクール水着が

食い込み大陰唇の形が良く分かる

おおっ何て可愛い縦筋なんだ・・たまらんの と思いながら段々とロリ好きに

成って来たと同時に己の肉棒が強大化して来た

えっ?俺の身体(肉棒)があんな幼い身体を欲しがっている俺は変態か??

その時、一人の美少女が俺の所に来て何やら下半身を”モジモジ”させながら

恥ずかしそうに話し掛けた

「あの〜キャンプ場の方ですか トイレを貸してください」

俺は少女のすらりと伸びた足の方から舐めあげるように視線を動かしながら

「いいよ 遠慮なく使いなさい」 4号バレーボールくらいの可愛い


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】今は昔の話【H告白体験談】

私の最初の相手は連続レイプ犯だった。

大学受かって都会に出てきて、念願の一人暮らしを始めた矢先。

3月の終わりで、まだ大学の入学式にさえ行ってないときにね。

恥ずかしいんだけど、玄関の鍵開けっ放しで寝てたから我ながら間違いなくバカ女だとは思う。

「鍵は外出時、特に長時間家を空けるときだけかけるもの」

というのが常識なド田舎出身たったからなんだけど、

都会暮らしをするにあたってあまりに危機感がなさすぎたよね。

口に布入れられた感触で目が覚めたんだけど、

状況がわからないうちに手を頭の上で束ねてベッドに縛られて。

パジャマを脱がされて、よくある全裸殺人が頭をよぎってパニックになってると

今度は下半身にものすごい激痛。

あまりの痛さに強姦されてるっていう意識はなくて私殺されるんだ、って思ってた。

イメージと違ったのはそれからの相手のリラックスぶりというのかな、

重犯罪っぽい緊迫感の全然ない態度で、私の顔をじっと見ながら、

可愛いねとか、気持ちいいよって言ったりキスしてきたり。


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】半熟成卵巣シリーズ(6)【H告白体験談】

『 第六章 華麗なレオタード 』



ひまわりと小麦色肌の少女達が合う季節になった

ワンピースから覗かせる焼けた肌と素肌の境目はスクール水着の跡が残る

夏休みも後わずか宿題の追われる毎日を送る少女達 そして俺のマンションの

少女達の溜まり場 1室から聞こえる宿題に追われる絶頂の叫び声

「もおっ 夏休みの宿題が終わらないよぉ ねぇ 真弓ちゃん見せてよ」

「えっ 裕子ちゃん 自分の事は自分で遣りなさい」

「だって 分からないだもん ねぇ 8月2日は晴れだったかな雨だったかな」

優等生の真弓に見放された裕子が俺の部屋に来た

「おじさん うふっ♪ 宿題教えてよぉ・・・・ねえったら・・」

「おっ何だぁ 裕子ちゃんも腹巻のような洋服を着るのか」

「腹巻・・・ぷっふふっ これはねチューブトップと言うの 腹巻だってふふっ」

「その 何だぁ チューブトップと言う腹巻は動いていて落ちないのか」

裕子は上半身を左右に振ったり上下に飛んだりしながら


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】半熟成卵巣シリーズ(5)【H告白体験談】

『 第五章 優等生の絶望 』



コンビニを溜まり場にしていた少年少女達が中学1年生の裕子(仮名)につれられ

俺のマンションに来るようになった

夏休みになるとマンションの1室は少年少女達のラブホテルみたいになり

毎晩ように「ねぇ・・・そこ あふん もっと あっそこよ あっああっ」と

甘声が響き渡る

俺はお金のない中高生はセックスする場に困っているだろうと思いつつ

マンション1室を与えた続けていた

少女達のリーダー高校3年生の祥子(仮名)は来る度に違う男性を部屋に連れ込み

セックスをしていた 俺は覗きたいなといつも思っていた

「そうだぁ 隠しカメラを部屋に設置すれば少女達のセックスが見れるぞ」

俺は直ぐに行動し有名電気街に行き店員に「すいません 防犯カメラありますか」

店員は幾つかのカメラを並べた「はい これはどうでしょう」

「うむっ・・・もっと小型で最低50画素くらいのがいいですけど」と言うと


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】半熟成卵巣シリーズ(第四)【H告白体験談】

『 第四章 色情狂に変わった美少女  』



「夏」・・・それは・・・女性達は肌を露出全開性欲を煽りたて

男を誘惑する季節だ

ノーブラキャミソール着の中から乳房が”プリンプリン”と揺れ乳首の形が分かる

少女達は水着で海水浴やプールで泳ぎ疲れ 帰りのバス停で両足を広げ

座り込み股間からは純白パンツを露出 そして肉棒が高ぶる季節でもある・・・



夜中 俺はHPからH画像をダウンロードをしていた ロリ画像を見つけると

「おっ おっ たまらんの♪」と見ていたら腹の虫が”グー”と鳴った

「はぁ 腹減ったな そうだぁ コンビニにおにぎりでも買いに行くか」

俺は近くのコンビニに行ったが そこには不良ぽい少女達が5・6人

座りこんでいた俺は絡まれないように不良少女達とは目線を合わさないように

コンビニに入ろうとした時に 少女の1人が絡んで来た「おいっ そこの

おっさん お隣のおじさん 待てよ」


このHな体験談の続きを読む・・・

【レイプ】人妻を強姦するなんて思ってもいなかったけど 続編【H告白体験談】

前編は以下のとおり



私はあきらめず何度もキスを繰り返しました。

と同時に順子の着ている制服を脱がしにかかりました。



まずはベストのボタンを外し前がはだけたら

ブラウスのボタンへと続けました。



前かすっかりはだけ小ぶりなおっぱいを覆っている

ブラジャーが現れました。



ブラジャーは上にあげると簡単に外れ、おっぱいが露になりました。

順子の乳首は小ぶりだったけど、その色はやけに黒ずんでいました。



今度はその乳首に移行して口の中にふくみました。


このHな体験談の続きを読む・・・

検索とブックマーク

はてなブックマークに追加
ツイートする
Google+で共有する

エッチ画像ピックアップ

今週の人気画像ランキング

この時間の人気記事

Hな告白体験談のTwitter

アーカイブ

相互リンク

ページ上部へ戻る