Hな告白体験談では実際にあったHな経験や体験談をまとめてご紹介しています。人妻や友達とのHな体験談か妹・姉・母親とのHな体験談まで色んな告白体験談がありますよ♪

タグ:淫乱

【友達】友人の娘3【H告白体験談】

ふたりで息を弾ませながら見つめあう。肉棒は衰えないまま、ひかりの淫穴

を塞いだままだ。微笑むひかりの唇を奪うと激しく舌を絡ませる。覆い被さ

ったまま両手を頭上でベッドに縛り自由を奪う。汗ばんだ脇からは少女の香

りが刺激する。うっすらと産毛が生え少女と女の狭間であることに興奮は増

す。硬く小さな乳首を甘噛みしながら反対の乳首を摘む。ひかりは感じ始め

自分から腰を動かす。両手を自由にし入れたままで抱き上げる。ひかりは首

に両腕をまわし舌を絡ませながら腰を振る。淫穴の隙間から種が溢れ、激し

く隠微な音を響かせる。「おじさん・・・寒くない?ベッド行こう」無言で抱き

かかえた入れたまま、バスタオルを肩にかけ出る。駅弁ファックのまま洗面

所の鏡の前で犯す。両手で尻を開き結合部を見せる。溢れた種が冷たい。

「ひかりのマ○コに太い棒が入ってる」「嫌らしいね・・・おじさん凄い」

「嫌らしくて淫乱な小学5年生も初めてだな」「だって・・・お父さんが・・・」

「でも感じて、気持ちいいからスルんでしょ?」「そうだよ・・・もっと・・・」

「もっと何?」「イキたい・・・気持ち良くなりたい」また犯したくなってき

た。肉棒を抜き、洗面台に両手をつかせ小さな尻を割り肉棒をねじこみ、尻


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】あみ【H告白体験談】

バイト帰りに犯されました�ナイフで脅されて車の中で…�

2人ぃて…抵抗出来ナィまま全裸にされて

ぉっぱぃを2人に舐められて乳首立ちまくったら

1人がクリ舐めながら…もぅ1人がディープキスしながら両乳首クリクリ�たまに乳首レロレロ�

クリは優しく優しくすごぃ長く舐めれて

『んふっっぁあっ』って声漏れた�そしたら

『気持ちいいんだね�淫乱まんこだ�』って指入れて来てグチュグチュ音させてかき混ぜられてイキそぅになったら止められての繰り返し��

ディープキスしながら

唾液もぃっぱぃ飲まされてドロドロになったお口にぉチンポ突っ込まれて

フェラさせられて

クリ舐めてた人はぉまんこにぉチンポこすりつけて来て何回かスリスリした後奥までゆっくり入れられてゆっくり出し入れ�クリも乳首も触られて軽くイキそぅになってたら『イッたら中に出すから�』って言われて

生理前だけどさすがにソレはャダって思ったから我慢してたら

すごぃ奥まで突かれて

ぁみは奥弱ぃからソレされるとイッちゃうけど

我慢しまくってたら円を描くょぅに腰グリグリされて…ィカされました�


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】【海外で本当にあったエロい話】タイ式按摩の資格を取りに行ったら…… 【H告白体験談】

バンコクでタイマッサージの資格が取れると



カオサンで知り合った日本人から教えてもらい



特に予定を決めずに海外をフラフラしていた若かりしドリル勇には



ちょうど良い時間潰しになると判断し取得しに行く事にした。





ワット・ポーの近くにある教室でタイ人の他にも外人がちらほらおり



中には日本人も居ました。





必然的に日本人はまとめられ、一緒に授業を受ける事になる。


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】熟女【H告白体験談】

 駅のソバの賃貸でアパートを借りるお店に入りました。岩手県の盛岡市から出てきて、私立大学に入学したばかりです。

 実家は両親ともに共働きで、父は農協、母はコンビニで働いて仕送りをしてくれています。

 毎月15万円なので、学費と住居費、食費で消えてしまいます。

 アルバイトで、家庭教師を2軒受け持っています。女子高生で2年生が二人で、かなり有名な大学を狙っています。

 アパートは1DKで、6畳の和室がついて、入り口は6畳のフローリングの台所と食堂、小さなトイレ、お風呂もいまだにタイル張りなんです。

 でもベランダには洗濯機も置けるし、洗濯物も干せます。

 築34,5年なので、壁も薄くお隣さんの物事も全部聞こえます。

 ここを紹介してくれたオバちゃんは、45歳ぐらいでかなり豊満な肉体と、淫乱そうな顔をしていました。

 身長は155cmぐらいで小柄なのですが、オッパイはDカップ位のアンバランスな体系です。その彼女がお隣さんに住んでいたのです。

 家庭教師のバイトを終えて、近所の食堂でオムライスを食べて、11時頃帰宅しました。お風呂にお湯を張り、布団を敷いて寝る積りでした。

 所がお隣の豊満な奥様の呻き声が突然聞こえるのです。

「ウウウン〜ン、あうあうあう〜、気持ちが良いよ〜」

 ぐにょぐにょと卑猥な音が聞こえます。ぐちゅぐちゅと掻き混ぜる音までします。

 ベランダに出て、薄い間仕切りから、洗濯機の上に乗りそっと覗き込みました。

 照明は暗くしてあり、本当に満月の月明かりが部屋に入っています。


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】逆ナン【H告白体験談】

スーパーで買い物していたら、背後から肩を叩かれた。

振り返ると、見覚えのある顔が微笑んでいる。

一瞬誰かと思ったが、あの飢えたオバチャンだった。

オバチャンはブラトップにスカートという出で立ちで、やはりスーパーへ買い物に来ていた。

オレはオバチャンに導かれ、スーパーの駐車場に止められたオバチャンのワゴン車に押し込まれた。

オバチャンはガマン出来ないのというとオレを押し倒し濃厚なキス。

積極的すぎるオバチャンに、戸惑うオレ。

さすがに、車の中とはいえ昼間のスーパーの駐車場で行為に及ぶのは躊躇した。

でもオバチャンに、ココでしたいと言われては…

倒した車のシートにオレを押し倒し馬乗り状態で、またも濃厚なキスをするオバチャン。

驚いたことにスカートの下はノーパンで、スカートにシミが出来るほどの大洪水。

あたしをこんなに淫乱にしたのは貴方よと、オレの股間に手を伸ばすオバチャン。

参った。

オバチャンの淫乱モードスイッチがオンになっちゃった。

【友達】わたしのこといっぱい犯してください・・・・その4【H告白体験談】

俺はベッドの横に椅子を置き座り友香に言った

「こっち向いてやれよ」

友香は入り口をバイブで少しいじりそして中にゆっくりと差し込んでいく

「あふっ…」

吐息のような声を漏らしながら出し入れを始めた

「スイッチをいれろ!」

と俺が言うと素直にいれ続きを始めた

「友香のま○こぐちょぐちょだぞ!この淫乱女がっ!」

等と友香に言葉をかけるたびに友香は

「いやっ…言わないで…」

「見ないで…恥ずかしい…」

みたいなことを言っていた

見られながらオナニーをするのは初めてか聞くと初めてと答えていた

最初は少し恥ずかしかったのか手つきがたどたどしかったが言葉責めをしている

内に興奮してきたのか段々と出し入れが早くなってきた


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】友達の娘と‥【H告白体験談】

友達の子に13才の女の子がいる。俺の事をおにいちゃんと呼んで、よくなついている。

みんなで飲んでいると、まだ膝の上に座ってくる。先日の宴会の時もあぐらをかいて座っている俺の足の間に、まだ小さいお尻をのせてきた。いつもと違うのは俺には話しかけてこなくて、無視をしている。そのうちにメグ(仮名)がお尻を、周囲に気付かれない様に小刻に動かし始めた。お尻の割れ目が俺のチンポを擦るように動かしている。スカートの中のパンティを直接擦り付けている。チンポはすっかり勃起して、メグのおまんこをパンティ越しに刺激している筈だが、メグは相変わらず無視。と、突然振り返り

「おにいちゃんコンビニに行こう」

と言い出して、驚いて黙っている俺の手を掴んで立ち上がると歩き出そうとした。

「じゃあ、行ってくるよ」

仲間にそう言うと二人で家を出て歩き始めた。外は夕方から、夜に変わっている。

「おにいちゃん、メグに感じた?」

家から離れるといきなり尋ねてきた。

「びっくりしたよ。でも、どうしてあんな事をしたの?」

俺が聞き返すと、メグは

「エッチな事に興味があるの。だからおにいちゃんに教えて欲しいの」

「俺で良ければ教えてあげるけど‥」

「おにいちゃんのおちんちんがごりごりして気持良かった。凄く感じた!」

コンビニには行かずに近所の公園に向かった。少し木の陰になっているベンチに並んで座る。「それでメグは感じたらどうなった?」

「あそこが熱くなって、いっぱい擦り付けちゃった」


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】クラスメートが…2【H告白体験談】

Yが私に抱きつき、耳に口を寄せて、甘エロボイスで

「俺のチンコ見て興奮した?」

って聞いてきんです。

私は素直に頷きました。

すると

「素直だからご褒美上げるww」

とニヤつきながら言ってきます。

私はYの事が好きだったので、内心凄く嬉しかったんです。

Yは私のブラの中に手を入れて揉み揉みしてきて、

私も思わず声を出してしまいました。

Yは可愛いと言ったかと思うとパンツの中に手を入れてきました。

「もう、こんなにトロトロだよ?ww

さっきもこんなトロトロにしてオナニーしてたの?ww」

と淫乱な言葉を連続して

呟いてきました。


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】クリを…【H告白体験談】

まんこ汁垂らしてくちゅくちゅ待ってんだ?

どうして欲しい?

(背後から両足を抱え、おしっこする体勢にして開かせながら首筋に舌先を這わす)

や…やだ…

(しかしもうすでにびしょびしょで、クリは大きくなって催促しているかのようだった)

やだ…って言っても…ここ…凄いよ?

(ビラを開いたり閉じたりして卑猥な水音を響かせる)

くちゅくちゅって音が凄いね?こんなに濡れちゃうんだ…アナルまで垂れちゃうんじゃないかな?

い…いやだよー

(でも卑猥な水音と言葉で責められ、ますます白くていやらしい太ももに愛液が溢れてくる)

くちゅくちゅっって言わないで…

(アナルまで垂れていると言われ、ソフトにアナルを責めるも好きだった事をりさの身体は思い出した)

恥ずかしがってもこんなに溢れてるよ…

(りさの目の前で指先に絡んだ汁を泡だたせて)

ん…やっぱ垂れてるや…アナルもぱくぱくしてかわいいじゃん…


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】聖乱美少女-3【H告白体験談】

『 第三章 巨乳・淫乱美少女 』



朝方、「ブンブブッ ブンブンッ ブブンブンンン・・」と

自動車のエンジン音で目覚めた

誰だっ早くからリフォームは終わったはずだが・・窓越しに外を見ると

見知らぬ若い男性が軽トラックをバンガローに横付けしていた

俺は直ぐに管理事務所を飛び出しバンガローへ走って行った

俺は若い男性に「役場の人じゃないな お前誰だ 個々は私用地だぞ」

若い男性は驚き顔で「あのっ僕は尚子の兄ですけど 場所を間違えたかな」

後ろから「お〜い 入口で待っていろと言ったろうが」と自転車で来る

尚子と真弓の姿があった

尚子達は荒息をしながら「はぁはぁ疲れたぁ 私達はどこで寝泊りするの」

「えっ 寝泊りて・・時々泊まりがあるけど・・長期寝泊りじゃないよ」

「昨日、寝泊りだって言ったよ それに親のアルバイト承認印もあるよ」

軽トラックの荷台はテレビ・ステレオ・布団など生活用品が乗せてあった


このHな体験談の続きを読む・・・

検索とブックマーク

はてなブックマークに追加
ツイートする
Google+で共有する

エッチ画像ピックアップ

今週の人気画像ランキング

この時間の人気記事

Hな告白体験談のTwitter

アーカイブ

相互リンク

ページ上部へ戻る