Hな告白体験談では実際にあったHな経験や体験談をまとめてご紹介しています。人妻や友達とのHな体験談か妹・姉・母親とのHな体験談まで色んな告白体験談がありますよ♪

タグ:看護婦

【レイプ】女子トイレでの汚物箱オナニーの過ち【H告白体験談】

私は女子トイレに入って汚物箱の中に捨ててある使用済み生理用品で私の童貞の汚いイチモツをシコシコオナニーを女子トイレ内で行っていました。ある日私は女子トイレに入って来た女性に気付かずにオナニーを激しくしてしまい逝き果てて我に返った時おもいっきりドアをノックされ結局私は男だとばれてしまいました。汚いイチモツ隠さずに多分私は声を発していたんだと思います。その女性は凄く睨んでいて、大声で叫ぼうとせずにいたので私は謝りながら童貞だと正直に言って、少しだけ興味があった女装と生理やおりものやおしっこを私の身体にぶっかけたりして私を汚便所の肉便器にして許して下さいと告げると女性は笑いながら女子になるなら処女のおまんこもそのいやらしい童貞の汚い物もダブル喪失してから、私の他の女性や時には男の汚いちんこも挿入して公衆トイレの汚便所の肉便器になり輪姦され私の女になりなさいと言われ許して頂けるのなら身体を売ります。

連絡先を言わされ女子トイレの個室で女性の生おまんこを舐め綺麗にして私のイチモツは弄ばれて我慢出来ずに射精し続けて裸にされビンタやヒールで踏まれイチモツに使用済み生理用品を自らシゴいて罵声を浴びながら逝ってしまいました。女性は鞄の中からポーチを取り出してポーチからピンク色のデカイバイブを取り出して私の口に入れスイッチを入れ口の中で激しく動き回り私は一瞬にして私のおまんこにこのデカイバイブが挿入され処女喪失する事が分かりました。私はもがいて口のバイブを出して許しをお願いしました。これは私が女になるなら初潮を迎えさせて欲しいとお願いしました。その女性が生理中に経血を取り貯めて私のおまんこに浣腸器等で経血をタップリ中出しして貰い初潮教育を受けたのちにその女性に立派なペニスバンドで私の処女のおまんこに挿入されレイプされて処女喪失したいですと、私の想像を言うと本当に女子になりたいんだと言われて許して貰い生理日がもう直ぐだと言われ私も承諾しその日は解放されました。そしてその女性から連絡が入り生理になったと言う事で私は過ちを悔やみながら女子トイレに向かい女性を待ちました。

【看護師】俺の妹は看護師 妹に介抱された俺【H告白体験談】

俺30歳、妹27歳。

ともに独身。カレシ、カノジョなし。

俺が先々月入院したときの話だ。

よりによって通勤途中にバイク事故で妹がいる病院にかつぎこまれた。

両手骨折。で、整形外科病棟に入院した。

労災なので、全部医療費は会社もちとなった。「兄ちゃん、なにやってんのよぉ!恥ずかしいなあ!」

「ええ!お前の病院かよお・・・ここ。」

手術が終わって、麻酔が切れて目が覚めたときのことだ。

主治医や婦長さんと主任さんもいた。

こっちが恥ずかしい。

そして、3週間の入院となった。

入院して5日目のこと。体を拭いてくれるってことで看護師(24歳)の子が来てくれた。

両手が使えないから、パジャマ、パンツを脱がせてくれて、せっせと拭いてくれた。

風呂に入れないのもあったから、嬉しかった。さっぱりした。

個室だったから、周りの目を気にすることなく拭いて綺麗にしてもらった。


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】お腹の激痛【H告白体験談】

もう3年も前のことになりますが、私が22歳のときの体験を話します。

同じ会社に勤める女性の勧めで、とある山奥にある無名なスキー場に女性3人の同僚と行きました。

そこには、自炊ができるキッチンがあったので3人で不得意な料理をして食事をしました。

その晩、私達3人は急にお腹が痛くなりました。胃腸薬を飲んでもお腹の激痛は治まらなかったので、フロントに近くの急患を診てくれる病院(内科)を紹介してもらいました。病院に電話をし、診察してくれることになったのでフロントの方が運転する車で病院まで運んでもらいました。

病院に入り夜間受付のインターホンで名前を告げると、ドアが開き待合室で待つ様に言われました。数分後、我々3人は同時に名前を呼ばれ診察室に入りました。我々は今夜食べたものや症状を順番に話すと、お医者さんは「それじゃ診ましょうか、全員、上半身裸になって下さい」と言いました。私達は互いに顔を見合いました。でも…、私はお腹が痛くて仕方が無かったので、まず私が上半身裸になりました。そのあと、他の2人も上半身裸になりました。お医者さんは聴診器を私の胸に、他の2人が見ている前であて始めました。恥ずかしかったです。その後、他の2人にも同様の聴診をしました。気のせいか?お医者さんは私より年下の3人の中で一番美人でかわいいA子を丁寧に診ていました。

次に「(ちょうど3つあった)ベットに仰向けに寝てお腹を出して下さい。」と言われました。我々はベットに言われた通りに寝ると、当直の看護婦が私のベットのカーテンを閉めた後にスカートのチャックを下ろしパンストとパンティをあそこの毛がが少し見えるくらいまで下げました。そして、お医者さんがカーテンの中に入ってきて、まず、ひざを曲げた姿勢で私のお腹全体的に手で押したり軽く叩いたりしました。私は無表情でじっと天井を見ていました。次に横向きにされ丹念に触診されました。お医者さんは「いいですよ」と言った後、となりで同じような格好をさせられているA子が横になっているカーテンを開け、同じような診察を開始しました。

カーテンの隙間からA子の診察されている風景が見えました。A子は真っ赤な顔をしながら、お医者さんに陰部をいじられ涙目でした。

全員の診察が終わり、服を直している我々にお医者さんは「急性腸炎みたいですみたいです。抗生物質を渡しておきますので飲んで下さい。それと大量の水を飲んで下さい。明日、まだお腹が痛いようでしたら来院して下さい」と言いました。 



翌日、A子と私のお腹の痛みは収まったのですが、B子の具合は悪いままでした。タクシーで昨夜の病院に3人で行き、一般の受付で昨夜のことを話しました。B子は精密検査を受けることになりました。



(後は、B子から後日聞いた体験談です。)

お医者さんの指示通り、B子はパンティを脱いで検査着に着替えました。暫くすると看護婦が「恥ずかしいけど我慢してね」と言った後、B子は検査室に連れて行かれました。

検査室に入ると看護婦に検査着を脱ぐように言われ全裸に。その後、上半身にタオル掛けられたましたが、下半身だけ露出した状態に…。しばらくするとお医者さんが陰部の脇に麻酔の注射を打ち、麻酔が効いたことを確認すると肛門に指を突っ込み、細い管を突っ込みました。

その後、上半身にあったタオルも取られ全裸の状態で、聴診・触診をされました。


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】巨乳がポロリ【H告白体験談】

僕は京都のある予備校に通っている浪人生です。



昨日、浪人生全体の身体検査がありました。浪人生は2年目を過ぎるとなぜか身体計測の項目が増えます。通常の内科検診に加えて胸のレントゲン、心電図、胸囲および腹囲の測定などなどです。項目が増えて嫌というのに加えて他の人は予備校でやってもらえるのに、2浪以降の人たちは自分で検診を受けに行かなければなりませんでした。



ぼくはクラスの2浪の友達2人(あつしとかなこ)と一緒に近くの開業医のところに受けに行きました。



医者に言って受付をすますと看護婦さんに、「順番にお呼びするんで待合室でまっててください」といわれた。



待合室は空いていて僕たち以外には誰もいなかった。「先に身長体重など計りますんで○田さん(←あつし)こっちにはいってください」といわれあつしが入っていった。



かなこと話をしているとあつしの入った部屋から、「178センチ」しばらくして「78キロ」「つぎ胸囲計りますね…87センチ」「腹囲…」と聞こえてきた。僕はあつしって思ったよりも体重あるんやなとか思っていてふと気がついた。これはかなこの胸囲などもわかるんじゃないか…と。



かなこは身長は小さくちょっとぽっちゃりだけど胸は大きい。男だけで話す時は話のネタにしたりもしている。僕はかなりドキドキしていたが、それをかなこに悟られないようにしていた。



あつしが戻ってきて次はかなこが入っていった。あつしに、「中で話してる内容丸聞こえだったぞ。もしかしたらかなこのも…」というとあつしも興奮したようだった。


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】卒業した教え子【H告白体験談】

自分は高校の教諭。女の子の方が伝統的に多い(偏差値は真ん中より少し下か)学校で、

中には美人も、カワイイ子もたくさんいる。

英語を教え、運動部の顧問をしているがどちらかと言うと「コワイ先生」してる。

クビになるのだけは勘弁なので、生徒に手を出すつもりはない。

いや、もう年齢が離れてきてしまったので、実際、生徒に対して性欲はない「つもり」だったかな。

が、在校中から時々英語科の部屋に遊びに来ていた子達の中で、

自分は教えた事もない子と、何故か卒業後も食事に行ったり(グループで。自分が奢るw)していた。

彼女は福祉の専門学校を卒業、そして就職。

1年半が過ぎた。

とりたてて美人ではないけど色白でちょっとツンデレっぽい彼女は、いつでもカレがいたのだが、どうやら

彼女的に真剣だった相手と別れてしまったらしく、かなり落ち込んだ感じのメールをくれた。

それまでは、自分が酔っぱらってて「二人で飲むか?」なんてメールを出しても、軽くいなされてたのだが

「二人で飲みに連れてって」と。

居酒屋のカウンター席で相手の様子を見、話を聞きながら飲んでいたが、

少しアルコールが入って、手に触る、体に触る、髪に触る…と少しずつ進めていくと


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】病院【H告白体験談】

アソコが痒くなったので、泌尿器科に行った。

待合室にはお年寄りが沢山。

私には場違いのような気がしました。

診察室でいろいろ聞かれたあと、内診台に乗せられ、カーテンで仕切られた。すると、いきなり指を入れらビックリ。

声をこらえていても声が漏れてしまうほど気持良かったので、そのままイッてしまいました。(笑)







あはははは

【友達】病院【H告白体験談】

初体験ではありませんが投稿させていただきます。

 僕が小4の時気管支炎で入院することになりました。4人部屋に移されましたが僕の他に入院しているのが30歳くらいのおばさん一人だけでした。

 顔はNHKの有働アナウンサー似でそこまではきれいではありません。一緒の部屋になってからすぐに仲良しになりました。

 入院して2日目の夜中、そのおばさんが突然「おなかが痛い!」と言ってたので僕はベットから起きておばさんのところへ行きました。

 僕が「看護婦さん呼ぼうか?」と言いましたが、おばさんは「それよりも早くおなかさすって」と言い、看護婦さんを呼ばずにおばさんのおなかをパジャマの上からさすってあげました。

 そのあとおばさんは直接おなかをさすってほしいと言ってきたのでじかにさすってあげました。

 しばらくしておばさんは「だいぶよくなってきたけどまだ痛むから今度はもう少し下の方をさすって」と言われた為少し下の方をさすり、「ここ?」と聞きました。するとおばさんはもう少し下の方と言い、僕はパンティーの中に手を入れアソコの生え際のところをさすりました。

 それでもおばさんはもう少し下をさする様に言ってきたので僕はおばさんの生殖器に手をもっていきました。するとおばさんはテレビ番組のエッチシーンの様な声で「そこ! そこをさすって!」と言いました。僕はおばさんの生殖器の割れ目に沿って何度も何度もさすってあげました。

 するととそこからハチミツのような液がたくさんあふれ、おばさんは小さな喘ぎ声を何度も発し30分ほどさすったらおばさんのカラダがビクビク痙攣しました。

 その行為を繰り返していくうちに僕のオチンチンはすっごく硬くなり、痛くて痛くて前かがみの姿勢になりました。

 僕のその姿を見ておばさんは「どうしたの?」と聞いてくるので僕は恥ずかしながらもその現象を正直に説明しました。するとおばさんは「ああ、見せて」と言ってきたのでパジャマ、パンツを下ろしおばさんに大きくなったオチンチンを見せました。

 おばさんは「何でもないのよ」と言って僕のオチンチンを物珍しそうに見た後直接触り、皮をむいて2、3回舐めた後、口に含みました。それから1分も経たずにお尻の奥の部分がムズムズしてきた為、おばさんに「怖い!」と言いました。

 しかしおばさんはその行為を止めてくれずついにたくさんの白い液を出してしまいました。

 これが僕の初めての射精でした(当時射精の知識などまったく知りませんでした)。それからすぐに猛烈な眠気が襲ったのでそのことをおばさんに話すと、おばさんは一言「ありがとう」と言ってぼくをベットまでつれていってくれました。

 それから次の日僕は退院しました。今考えればもう少し入院してたかったと思う今日この頃です。

【フェラチオ】格闘技オタクだった僕たちは深夜の公園で代理対決することになった【H告白体験談】

名無しさんからの投稿

—-

格闘技オタクの僕たち夫婦の馴れ初めをお伝えします。

現在、僕は40歳を少し超えた普通のサラリーマンです。

妻は40歳の少し手前で夜間診療の看護師をしています。

そのためすれ違いみたいな生活をしていますが、共通の趣味が二人を繋いでいます。

共通の趣味というのはリアルな格闘技です。

知り合った時はUWFみたいな打撃と関節技で勝敗が明確に判る試合が好きで、よく試合会場で顔を合わせる事がキッカケでした。

その後、K-1やPRIDEなど大いに盛り上がりました。

桜庭が好きな妻と高田、舩木が好きな僕とで格闘技談話に花が咲きましたが、いつも酒を飲みながらの話ですから自然と熱が入り、

「おちゃらけ気味の桜庭は本当に強いのか?」

みたいな話になって贔屓にしている妻の逆鱗に触れてしまい、当時、看護専門学校と総合格闘技のジムに通っていた妻は代理戦争だと言い出し、深夜の公園で僕と対決する事になりました。

ルールは

『噛み付き禁止。目潰し禁止。ノックアウト(戦意喪失)。関節技あり。仮にも女性なので顔面への打撃なし。後は何でもあり』

で、勝敗に関わらず再戦有りとなりました。


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】スッチー事情【H告白体験談】

セフレ(セックスフレンドの略です。昔は妾であったり、2号という呼び方が多かったですね。まぁ妾と言われたのは戦前のまだ妾を持つことが法律で認められていた時代のことですけどね。戦前は貧富の差が激しかったですから、お金持ちの妾になれることはやはり嬉しいことでした。例えば「備中聖人」と言われた山田方谷にも愛人がいたようですね。おじいさんになってから、若い女の子の世話をしていたようです。山田方谷と言えば、大前研一が大尊敬するという河合継之助の師匠ですね。方谷は管仲か諸葛孔明みたいな人です。佐藤一斉の教える昌平黌の塾頭を務め、佐久間象山といつも議論していたようです。象山は方谷に一度も議論で勝てなかったようです。方谷の作った漢詩を調べてみるとペリーの頃には「江戸幕府は潰れる」旨の論述をしていました。すごいですね。「家康が拵えた着物を吉宗や水野忠邦、松平定信が洗濯をしたが、もうボロボロになってしまってこれ以上洗濯できない。」ということを書いています。)のJAL(稲盛さんが会長に就任して、しばらく経ちましたね。稲盛さんは従業員と客を搾取して、自分だけいい格好して寄付などをしていると悪評高い方ですが、それが真実かはさておき、JALのいい加減な経営は更正してくれそうな気がします。期待しましょう。)のスッチー(スチュワーデスです。最近は客室乗務員と言われますね。でもいちいち、名前を変える必要があるのでしょうか?男はパーサーでいいと思います。看護婦さんも、最近、看護士と呼ばねばならなかったり、面倒くさいですよね。では尼さんを、僧侶と呼ばねばなりませんし、妻も配偶者と呼ばねばなりません。アホくさい話です。)との話です。



彼女(セフレのことです。)が東京(昔は「木綿のハンカチーフ」や「とんぼ」に象徴されるように、皆、東京に憧れがありましたが、最近は東京も近くなりました。面白いことですが、うちの田舎から東京に来た人はみな「なんかバカにされてる気がする」「東京は暗い」「東京の人は冷たい」という印象があるようですね。下町の肉屋さんや八百屋さんも、こち亀の漫画ほど人情に富んではいません。だいたい、愛想笑いすらしない店がほとんどです。田舎ではそんなことありえませんからね。不況だと言いつつ、やるべきサービスをしてないのが現状でしょう。むしろ下町よりは麻布十番や自由が丘の方がはるかに、皆の顔が明るいですね。ちなみに私は人生をかけて日本人の顔を明るくしようと思っています。ま、自分の勤める会社が潰れて、来週には職も寮も失うんですけどね。はは。まだ、次の職もアパートも見つけていません。)に来るときはいつも、



その滞在するホテルに押しかけてエッチ(よく知られていることですが「えっちする」という言葉は明石家さんまさんが作ったようですね。自分としてはさんまさんとしずかちゃんが一緒に作った気がします。しずかちゃんで思い出しましたが、白川静さんによれば、孔子のお父さんも老齢の時に巫女をしている少女と交わっていたらしいですね。それでできた子供が孔子のようです)していました。



恐らく隣の部屋や廊下に、声が漏れ(昔は2ちゃん用語で「漏れ」という言葉がありましたが、最近めっきり無くなりましたね。「オマエモナー」とか「香具師」「逝ってよし(藁)」などという言葉も無くなりました。2ちゃん用語でないですが「チョベリグ」や「オッハー」などを知らない子もいるんじゃないでしょうか。)ています。



「恥ずかしくないの」と訊くと、「みんな、男を連れ込んでる」(本当に全員なわけないですけどね。中には貞淑な子もいると思います。)とのことで、

あの声(おもしろいですよね。なぜ、気持ちいいと声が出てしまうのでしょうか。私も上手に性感マッサージをされると声が出てしまいます。あれは恥ずかしいですね。恥ずかしいで思い出しましたが、私の人生も恥ずかしいですね。アラサーで童貞というのも究極に恥ずかしいですし。やはり何より恥ずかしいのは中2病ですね。「こんな文章を書くなんて今でもお前、中2病だろ」だって?そう思います。自分でも気づいていない、病んだ部分がたくさんあると思います。優しい人は、細かく指摘してくれますが、そうして下さるとありがたいですね。人生を変えてくれます。人生で思い出しましたが、「ライフプランニングが必要と言うことをどの本でも書いてあったので、何回も一生懸命プランしましたが、全く、描いた通りに行きませんね。頭がいい人は、プランを立てなくても見通しが利くんでしょうかね。悪いと、下手な頭でいくら考えても、いくら頭のいい人が書いた本を読んでも、見通しが利かないんですよね。困ったものです。ケセラセラという歌を聴くと、少し心がほぐれます。ケセラセラはスペイン語で、意味は「LetItBe」と同じようです。歌詞の生き方が正しいかわかりませんが、聴くと希望が沸きます。)を聴かれることが別に珍しくないようです。



同僚のあの声が聴ける職場だなんて、うらやましい限りですね。

【おっぱい】献血に行ったら看護師のパンチラと横チチに触ることができた【H告白体験談】

名無しさん(30代)からの投稿

—-

今日、今年最後の献血に行ってきた。

献血ルームの看護師はたまーーーーに20代の人もいるが、本当にたまにで、ほとんどが40後半~50代ばかり。

仕方がないのでお菓子と飲み物を目当てに行く。

年末休みで少し混み合っていたが、看護師にも見たことない人が1人いた。

30後半くらいで看護師の中では一番胸がありそうで、膨らんだナース服の胸元からDくらいありそうだった。

マスクをしていたが、目の周りから美人系とわかった。

運の良いことに、採血はその美人さんが担当してくれた。

「では、針を刺します」

と腕を掴んで針を刺すとき、どうにかしてオッパイに触れないか考えた。

何かきっかけがあれば・・・と思ったが、適度に距離があり、胸に手が届かない。

採血中、

「気分は大丈夫ですか??」

と声を掛けられた。


このHな体験談の続きを読む・・・

検索とブックマーク

はてなブックマークに追加
ツイートする
Google+で共有する

エッチ画像ピックアップ

今週の人気画像ランキング

この時間の人気記事

Hな告白体験談のTwitter

アーカイブ

相互リンク

ページ上部へ戻る