Hな告白体験談では実際にあったHな経験や体験談をまとめてご紹介しています。人妻や友達とのHな体験談か妹・姉・母親とのHな体験談まで色んな告白体験談がありますよ♪

タグ:露出

【乱交・王様ゲーム】妻を試してみたら・・・【H告白体験談】

私は46歳(竹本 勇作)、妻は42歳(小夜 158・86・60・88)の夫婦です。

妻は年齢より若く見られ自慢の妻です。

息子(健太)は地方の私学の高校にスポーツ特待生として寮生活を始めた頃でした。

セックスレス気味だった夜の生活も復活し、私の永年の願望(3P)を妻に告白したのです。

以外にも妻は話しを聞いてくれました。

「時々、健太の中学の同級生のお母さんと出かけたりした時にね。話題になる時があるの・・・みんな不倫や出会い系で浮気してるのよ。A君のお母さんも御主人にすすめられて3Pしたんだって・・・」

「へぇ~女子会って凄い話しもするんだね」

「そうなの・・・パパ以外男性を知らない私が変だって・・・」

「変じゃないけど・・・小夜も経験してみる?」

「・・・パパがいいんだったら・・・」

  ネットで男性を募集したところ好反響ですぐに40人程の方からメールをいただきました。

湯上りでバスタオルを巻いただけの妻をパソコンの前に座らせメールを読ませました。

妻のバスタオルを取って後ろから胸を揉んだり乳首を弄ったりしながら妻に声をかけました。

「小夜とセックスしたい男達だよ。」

「・・・そうね・・・」


このHな体験談の続きを読む・・・

【レイプ】女だらけのレクレーション(9)【H告白体験談】

「じゃあ、そろそろ罰ゲームをやりましょうか? 千夏、あれやろうよ、パンツ投げ」

「え~、ここでやっちゃうの~、でも面白そうね、キャハハ」

姉二人が、健太への罰ゲームを決めた様である。

その二人の会話を聞いて、今度は顔が青ざめてしまう健太君。

実は、普段から姉二人には、よく苛められていて、お風呂に入っている隙に籠から着替え用のパンツを奪われ、

それに怒った健太君が、已むを得ずフルチンのまま、姉二人のいるリビングまで取り返しに来たところを、

まるでからかう様に、そのパンツを丸められキャッチボールされてしまうのだ。

フルチンで、走ったりジャンプしたりしながら、パンツを取り返そうとする姿が、沙希と千夏には面白くて堪らない様である。

そんな苛めをされた事が、今までに何度もあったのだ。

「そうだ、今日は優子ちゃんも入れて、三人でやろうよ、勝者の特権という事で、ねっお姉ちゃん」

「そうね、じゃあ優子ちゃんも参加してっ、楽しいわよ、フフフ」

そして優子ちゃんに、遊び方を教える沙希と千夏。

「キャー、それ楽しそう」 と、

遊び方を聞いて嬉しそうな顔をする優子ちゃん。

「じゃあ健太、あたし達三人の中央に立ちなさい」


このHな体験談の続きを読む・・・

【露出】おじ様との河川敷ウォーキング2【H告白体験談】

私はまた、おじ様に会いたくて、いつものように車を走らせ河川敷へ向かいました。今回はおじ様のために新しい白のスポーツレギンスとピンクのスカートを穿いて行きました。もちろん直穿きなので、濡れると割れ目が透けるように食い込みは自然のままで、ちょっとだけ割れ目にそってくぼむ程度にして、外に出て周りを見渡すと今日は割とウォーキングしている人が多く、すぐにはおじ様の姿が見つけられなかったので、少し準備運動をして歩き始めました。すれ違う男性はおじ様ではないんですが、みんな若い女がウォーキングしているのが珍しいのか、ジロジロと胸や下半身を見てくるので、だんだん感じてきてしまい、私もサービスとばかりに、股間が見えるくらいスカートを上げてみると、さっき準備運動したせいか、くっきりと割れ目が出来ていて、少し濡れ始めていました、次にすれ違う男性も、もちろん今度は割れ目を凝視してきて、すれ違いざまに振り返っていたのでお尻も見られていたと思うと、さらに、割れ目が濡れ、はっきりと形が分かるくらい透けてきてしまいました。見られれば見られるほど、興奮し、おじ様探しも忘れて、たくさんの男性に視姦されることで、割れ目からたくさんの蜜が溢れだし、白のレギンスの股間はもはや、半透明の状態になってしまいました。そうなると、もはや男性達の餌食になるのも時間の問題か、とドキドキしていると、案の定、次にきた男性から、お姉ちゃんずいぶんセクシーなタイツ穿いてるなぁ近くで見せてもらえるかなぁ、と言いながら、私の前に立ちふさがり中腰で股間を凝視し、透けて割れ目がよく見えるよ、しかもお姉ちゃんパイパンだね、といい、触ってもいいかな?というので、やめて下さい、と言って逃げ出すと、お尻もいいねぇと言っていました、私も口では、やめてといいながらも、確実に男性の目と言葉で、さっきよりも感じてしまい、股間もさらに、濡れてしまいました。このままでは大勢の男性におもちゃにされてしまうと思い、スカートを下げ、一旦車に戻る事にしました。それにしてもおじ様の姿は見当たらず、来てないみたいなので、悶々としながら家に帰り、

おじ様を思い出しながら、オナニーしてしまいました。

【従姉妹】義理の兄との秘密16【H告白体験談】

私は兄とボーリングにも行きました。

兄の要望で白で薄手のタイトのミニスカートに黒のパンティーを穿いて、完全に透けてパンティーが丸見えの状態で、みんなの視線を集めていました。

私達のレーンの右となりには、中年夫婦、左となりには、子連れの家族がいました。

どちらの男性も私の下半身をチラチラと見てくるのがわかったけど、兄もそれに気づき、見てるから、サービスしてあげなよというので、投げた後に少し脚を開いて前屈みになり、黒のパンティーの股関が見えるようにして、靴を直す振りをしてあげました、振り返ると両サイドから視線が集中していました、兄も今の良かったよ、みんな釘付けだったよ、俺も入れたくなったよというので、私も興奮してきてしまいました。兄が投げているときは、右となりの中年男性に見えるように、わざと膝を開いて座り大げさに脚をばたつかせたりして中を見せていました、見られていると、だんだん濡れてきてしまい、みんなに見られてたら濡れてきちゃたと、兄にいうと、じゃあトイレでパンティー脱いできて、と言われ、言うとおりにパンティーを脱いでみると、すでにパンティーはびしょびしょに濡れていました、丸めてバッグにしまい。レーンに戻りノーパンのまま、椅子に座り、またとなりの中年男性に膝を開いて見せると、明らかに表情が変わったのがわかったので、私はわざと、あっ、見られちゃたという素振りで膝を閉じると、男性は見てないよという感じで目をそらしたので、本当は私のパイパンの割れ目を良く見たいんでしょというように、また投げた後に前屈みになり、靴を直す振りをして、投げようとして待っていた中年男性の目の前にお尻を突き出し、間近で生の割れ目を見せてあげました、となりの男性も黒のパンティーを穿いてないのに気づいたのか、さっきよりも興奮した顔つきで下半身を見てくるのがわかり、今度は左となりの男性から見える位置に座り、膝を開いてみました、男性は明らかに表情を変え食い入るように私の割れ目を見ていました、私も感じすぎて、椅子まで濡らしてしまいました。続く

【乱交・王様ゲーム】妻が友人妻から1日限りのコンパニオンを頼まれた【H告白体験談】

妻が初めてコンパニオンの仕事をした話です。事の発端は、近所に住む妻の友人妻(リエさん:33歳)からのお願いだった。

彼女と知り合った当時からコンパニオンの仕事をしている事は知っていました。

小学生の子供と強面の旦那!(挨拶程度のお付き合い)

まぁそれぞれ事情があるんでしょうから、何故コンパニオンの仕事を・・・何て聞く事も

ありませんでした。

子供が同級生だった事もあり、何度か顔を合わせる内にリエさんの人柄の良さに

妻も私も仲良くなった感じです。そんなある日、妻にリエさんから電話が掛って来たんです。

 「え~でも、やった事無いし・・・」

明らかに何かを頼まれている感じの会話で、妻が私をチラチラ見る事もありました。

電話を切った妻が

 「りえさん!」

 「どうしたんだ!」

 「明日の夜、仕事手伝って貰えないかって・・・」

 「手伝うって・・・コンパニオン?」

 「ん~やった事無いから出来ないって言ったんだけど・・・他に頼める人居ないって」


このHな体験談の続きを読む・・・

【盗撮・覗き】3年A組の男子達の災難〜特別編【H告白体験談】

教室にズラーと並ぶ男子の白いパンツ姿は、女子にとって何ともいえない壮観な光景だった。しかも、着替えはバスタオルさえ着けてはいけないという久子の絶対的な命令で、男子たちは皆両手をアソコに押し当て、顔は恥ずかしさからか、赤ら顔でうつむいたままだ。廊下にいる女子からは、着衣が残り一枚となった男子を見るにつけ、「あと一枚」コールが鳴り響いている。それを制するように久子は、

「静かしなさい。いい?今から男子には、女子が あの時受けた気持ちを味わってもらいます。」「では、パンツを下ろしなさい」

男子はお互い横を確認しながら、そろそろと降ろしていく。



男子は皆パンツを足元に下ろしたまま、気をつけの姿勢を取らされている。

「みんなまだ毛があんまり生えそろってないね」「ヤダ、稔ったらちっさーい」「うん、お毛毛の長さに負けてるよね」

女子のあちこちでは、男子のアレの品評会が始まっている。中でも稔の小ささには皆、驚いているようだ。

「今、みんなの前で裸にされてどんな気持ちかしら?」

久子は男子の身体と顔をそれぞれ見比べるようにゆっくり往復しながら剛司に声をかけてきた。

「く、悔しい…..です」「稔くん。女子にそんな小さいおちんちんを 見られた気持ちはどんなものかしら」「すごく恥ずかしいです」「恥ずかしいよね、悔しいよね。女子もあの時 そんな気持ちを抱いていたってこと知っていたのかしら」「知りませんでした」「考えたこともなかったでしょう。女の子がブラジャー姿を 男子に見られるって事はおちんちんを見られるくらい 屈辱的なことなの。分かった?」

「あら、隆くん、こんな時に勃起するなんていやらしい。 何を考えていたのかしら」「誰々ちゃんのおっぱいとか、裸の姿とか想像してたんでしょ これがイケナイのよね、これが」

隆のチンチンを上へ上げてみては下へ下ろす、久子は無表情でそんな動作を繰り返している。

「あら、アナタまで何ですか。アナタも女子の裸を想像してのね。 この聞かん坊を何とかしなさい」

久子のストレートな言葉に勃起する男子が続出し、久子は男子のそうした状態を見つけては、説教と共にそれを握って上下運動を繰り返す。そんな中、裕太の様子がおかしい。

「裕太くん?どうしたの。こんな時に想像はダメって 言ってるでしょ」


このHな体験談の続きを読む・・・

【露出】露出ゲーム【H告白体験談】

小6の時、露出ゲームを、小4の妹と、その友達の女の子とやった話。20数年前、

通学路に、一般道とは別に、車は通れない坂道の山道があり、小4の妹と、その友達の愛ちゃん(仮名)と3人でそこを登下校していた。

その山道でいつもやってたのが、『ランドセルじゃんけん』。じゃんけんで負けた人が3人分のランドセルを背負い、あとの2人は楽して坂を上がれるというもの。

次の曲がり角までで、1回として、1日4回やっていた。

ある時、俺が負けた後、なんとなく言った一言から始まった・・・。

『じゃぁさ、2回連続で負けた人は、他に罰ゲーム追加しようよ』と。2人は『えっ?どんなの~?』と聞いてきた。

『じゃぁ次、俺が負けたら、チャック全開で運ぶってのは?』

2人は『えっ~~~』と言いつつも笑顔でいい感じだった。妹が『じゃぁ女子が負けたら?』と聞いてきたので、勢いで、

『スカート脱いでブルマになるのは?』と言ってみた。

2人は嫌がったが、

別に体育でも履いてるじゃんとか、この道誰もこないしとか、いろいろ説得し、俺が負けた時は、チャックから、ちんちんの分だけパンツも出せるだけ出す。という追加をすると、

自分たちのほうが恥ずかしくないと思ったのか、了承してくれた。

連続罰という名前をつけ始まった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー帰り時間が合う数日後、最初の連続罰は妹だった。『いいよ別に』と言っていたが、

前回の最後に負けてからの連続負けのため、山道の入り口で民家もあったからか、『ちょっと(山道の)中に入ってから脱いでいい?』と恥ずかしがっていたのが可愛かった。妹は、


このHな体験談の続きを読む・・・

【痴漢】義理の兄との秘密13【H告白体験談】

兄とプールにも行きました、水着を買ってくれたまでは良かったんだけど、ちょっときわどい白のビキニでパットとショーツを外され、濡れたら透けちゃう状態でそのまま、兄に隠れるようにプールサイドを歩いていると、男性の視線を熱いくらいに感じ、それだけでちょっと濡れ始めてしまいました、休む場所を見つけ持ってきたシートを広げて座り、股関を見るとやはり、まだプールに入っていないのに、うっすらと割れ目に沿って濡れていました、すると兄がちょっとプールに入ってみようかといい、私の手を引いて水に浸かるとすぐに出てきて、私を見て、いいねぇ、やっぱりすごく透けてるね、割れ目がくっきりだよ、少し歩こうといって、またプールサイドを歩きだしたので、私は隠れるように付いて行くと、さっきよりも確実に男性の視線が強烈で、すごいよあの子割れ目が透けて見えてるよ、という声も聞こえてきました、後ろから追い越して振り返る男性もいました、私はすごく恥ずかしいけど、見られるたびに感じてきてしまい、自分でもたくさん濡らしてしまい、ますます割れ目がくっきりとし、歩いているうちに、割れ目に水着が食い込んできてしまいました、すると兄はスライダーに行こうといい、階段を登り並んでいると、下の段の男性の目の前に私の透けたお尻が間近で見られていて、兄にわざと前屈みするようにされると、太もものすきまから、完全に割れ目がくっきりと見えるようになり、男性は私の割れ目に釘付けだったみたいです、後から男性の水着を見たら、かなり膨らんでいました、順番がきて滑り出すとかなりのスピードが出てゴールしたときは、すごく食い込んで透けていたので、みんなの注目を集めて、すごい食い込みとか、おっぱいと割れ目透けてんじゃんとか、あの割れ目に入れてみてぇとか、聞こえてきました、その言葉でまた感じてしまい、完全に自分で水着を濡らしていました、兄にも聞こえてたみたいで、興奮してきたらしく、次は波のあるプールに行こうといい、私を抱きかかえ奥まで行きビキニの中に手を入れて割れ目をなぞり、だいぶ濡らしたな、といいながらクリを刺激してきたので、下を向いてこらえているうちに、大波がきて兄もジャンプするのがやっとで、しばらくすると、またお尻や割れ目をなぞられ、兄の手とは違った感じだったのでおかしいと思ったら、まわりに水中メガネを掛けた男性が集まっていて、代わる代わる私のお尻や割れ目を触り始めたので、私は怖くなって、兄にもう戻ろうというと、波が終わったらねというので、体をよじりながらこらえていると、だんだんエスカレートしてきて、ついにビキニの中にも手を入れられ、ビキニを捲られたり、おまんこの中に指を入れられたりと、好き放題にされ、でもだんだんに感じてきてしまい、兄の前で痴漢されて、イカされそうになってしまいました、波が終わりイカされずにすみましたが、プールから上がるとビキニがズレて割れ目が露わになっていて、慌てて直したけど、何人もの男性に生の割れ目を見られてしまいました、その後も何人かの男性が私の行くところに付いてきて私の体をじろじろと、わざと見てますよというようにされ、ちょっと怖かったけど、また波が始まり、兄が行くよというのでついて行くと、また水中メガネの男性達に囲まれ、上から見ていると完全に私の下半身をじろじろと見て、初めはさらりと触り徐々にエスカレートしてきて、またビキニをずらされたり、割れ目を直に触られたりし、気がつくと一人のひとが、カメラを持っていて、ビキニをずらされた瞬間におそらく撮られたと思いました、その後は。  続く

【従姉妹】夫のエッチな悪戯【H告白体験談】

私は夫(35歳)のエッチな悪戯を教えたいと思います。

結婚10年を迎え、子供も9歳と7歳になります。

公務員と言う職業柄なのか?(メガネの影響?)世間的には真面目な方ですね!

って言われる夫ですが、凄くエッチで私にエッチな悪戯をしてくるんです。以前、家族で海へ遊びに出掛けたんですが、私が用意していたビキニをいつの間にか

別の物にすり替えられていた事がありました。

バックの中を見ると、見覚えの無い色のビキニ!手に取って見ると明らかに生地が小さく

しかも薄いんです。

「何これ!あなた変えたわね!」

「知らないよ」

そう言って誤魔化す夫でしたが、夫以外考えられません。

子供も楽しみにしていたので、取りあえず付けてみると、胸(F)は半分位しか隠れませんし、

アソコの生地も小さくお尻の肉がほとんど露出してしまいます。

しかも生地が薄く、毛が透けて見えてしまいます。

人気が少ない場所でしたので、そのまま海へ向かいましたが、他の男性達の視線を

一日中感じていました。


このHな体験談の続きを読む・・・

【レイプ】女性センターの悪夢③【H告白体験談】

 沙耶さんが、ジーンズで僕の腹にまたがりました。乗馬のようです。 「はい、あ~んしてごらん」

 沙耶さんが言いました。脱がしたてのパンツを、僕に食べさせて、猿ぐつわにしようとしています。

 僕は、最後に残されたプライドで、それを拒みました。 すると、彼女、フルスウィングで僕の顔面を叩きました。

 何度も。 いたい痛い!!やめて、ゆるして・・・・ 「どうせ、逆らっても、無駄なのに」

 女子高生の奈津子さんが言いました。完全に人を見下したセリフです。 全身があわ立つような屈辱感ですが、確かにどうすることもできません。

 「ほら、口開けて」

 沙耶さんの二度目の命令には逆らえずに、僕は自分のパンツを口の中に押し込まれた上、ガムテープで封印され、声も出せずにしくしくと泣きました。 女性たちは、キャアキャア言いながら僕の下半身に群がっています。

 お願いだから、これ以上ひどいことはしないで・・・・。 その僕の希望をあざけるように、沙耶さんが言いました。

 「さぁて、ここから、どうやってイジメてやるかな」

 彼女の二人の子供が、目をきらきらさせて、僕を見ています。 「二度と、痴漢行為を出来ないようにする必要があるわ」

 女子高生の奈津子さんが言いました。 「それじゃ、オチンチンを、切る、とかね」

 若い母親の一人が言いました。 「麻酔なしで、ちょきん!!」

 指ではさみの形を作って、言います。 「アハハ・・そりゃ残酷だわ」

 「だって、ここまで脱がしておいて、当然おちんちんを責めるつもりなんでしょ」

 「そうだけど、おしっこが出来なかったら、死んじゃうわよ」


このHな体験談の続きを読む・・・

検索とブックマーク

はてなブックマークに追加
ツイートする
Google+で共有する

エッチ画像ピックアップ

今週の人気画像ランキング

この時間の人気記事

Hな告白体験談のTwitter

アーカイブ

相互リンク

ページ上部へ戻る