Hな告白体験談では実際にあったHな経験や体験談をまとめてご紹介しています。人妻や友達とのHな体験談か妹・姉・母親とのHな体験談まで色んな告白体験談がありますよ♪

タグ:騎乗位

【友達】大学の先輩と【H告白体験談】

 先日、大学の先輩としちゃった話を書きますね。

 先輩は同じサークルのひとつ上で3年生です。

会ったときからすごく気が合って、恋愛感情というよりも仲のいい友達だと考えてたと思います。





 で、金曜日の夜にカラオケに行ってきたんです。

その帰り道、「そういえばおまえの家ってこの辺じゃなかったっけ?」

「え、そうですよ。来たことなかったですか?」

まぁ、今さら何もされないだろうと疑わず、家に初めて招いたんですけど、

やっぱり先輩も男の人だったんですね。

家のソファに並んで座って話をしているうちに、みょうに無口になったり視線が泳いだりしてたんです。

私は、「あ、来るのかな」と思ってました。

この人とならいいかなって気持ちがあったので、私の方から、「ね、しよっか?」と誘いました。






このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】童貞君と【H告白体験談】

  K君と付き合い始めた頃の体験です。友人の弟(D)の家庭教師をすることになりました。高校2年生の男の子でカワイイ。

 勉強し始めたけれど、私に「Mは彼氏いるの?」とか勉強以外の質問をしてきたりしましたが、ちゃんと家庭教師してきました。

 何回かしたある日、Dの家を訪ねるとお母さんが出てDはまだ眼医者から帰って来ないけど部屋で待っててと言われたので、部屋に入るとごみ箱にはティッシュの山で……。

 本棚には隠すようにHな本があり、見てみると…、裸の女性が色んなポーズやSexをしてる写真がありました。

 やっぱり男の子だと思いました。

 Dが帰ってきて、勉強を始めると、お母さんがジュースをとお菓子をもってきてくれました。

「これからお婆ちゃんの家に行く」と出掛けて行きました。

 休んでいて私が「何か悩み事ある?」と聞くとDは「Mが気になる」と言いました。

「も~何言ってんの~?」と冗談だととると、「Mのお尻が気になる、胸も…」と顔を赤くして言いました。

「今まではエロ本見て一人Hしてたけど、今はMを想像して……」

 そんなDを見て私は可愛そうになってしまい、「童貞卒業する?」と聞きました。

 Dは驚いた様子だけど頷きました。

 二人でベットに座り、キスを私からします。

「ちゃんと絡めて」とDにDキスを教えました。

 お互いの服を脱がし下着だけになりました。


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】やっとなのかな?【H告白体験談】

以前も投稿させていただきましたが今回は、昨夜の出来事を…。

大好きな彼が昨日、泊まりにきたんです。いつもは私が彼の家に行くので、今回で数回目。

もう何十回もHをしているけど、ここ最近「奥」が気持ちよくなってきた。

というのも、女の子の「イク」ポイントって幾つかあるって言われるけど

私は、外派。外ってクリトリスなんだけど…。

彼にアレを入れられてる最中にクリトリスがこすれて気持ちいい…。っていう感じだったの。

だから足を上げられて奥を突かれても、気持ちいいけどイクまでは達しない。っていうね。

でも最近、騎乗位で奥に当たると、痺れるような頭が朦朧とするような感じになるようになって

大洪水になるように…。

彼がベッドの端とかと持って体固定して、アレを突き立てる っていう感じかな。

それで昨日、私のベッドはスプリングが利いてて簡単に動くことが出来るんだけど、

もう…気持ちよすぎてヤバかった。隣の家に聞こえちゃうんじゃないかな?って感じなんだけどさ

声抑えられなかったよ。そんな体験を書きます。

寒いので布団から出ずに私から攻めた。

キスの後、どんどん下がっていって、チクビをころころしたり、わき腹を舐めたり。


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】他人(ひと)の皮を被る 四話【H告白体験談】

 結局、一週間が過ぎても晃が捕まる事はなかった。

 どうやら奈津美は、自らが穢されたと他人に知られる事を良しとはしなかったらしい。

 晃は不安から夜ごと由希を呼び出しては抱いていたが、ようやく安堵して動き始める。 次に興味を惹かれたのはスワッピングだった。

 カップル同士が互いのパートナーを交換し、マンネリ打破や嫉妬による欲情を目的に楽しむというものだ。

 他人を装って手に入れた恋人を、さらに別の男に抱かせる。

 それにひどく興奮した。

 ネットで探すと、スワッピング相手を募集しているカップルはかなりいた。

 だがほとんどが中高年カップルだ。

 せっかく由希という極上の女を出すのだから、相手にもそれと釣り合うだけの魅力が欲しい、

 と晃は思った。 妥協せず探っていると、一人妙な人間を見つけた。

 山のようにスワッピングを申請されながら、それを全て撥ねつけている須川という男だ。

 調べてみると、どうも須川自身は50過ぎであるにも関わらず、パートナーが現役の女子高生らしい。

 添付された写真を見ると、なるほど中々に可愛かった。 髪は黒のセミロングで、女子高生らしい若い体つきをしている。

 スカートから覗く太腿は由希と奈津美よりややふっくらしているが、脚の綺麗すぎるあの2人と比べるのがそもそも間違いかもしれない。  

 普通に高校のクラスにいて、学年に2、3人はファンがいそうなタイプだ。


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】加奈【H告白体験談】

最初はゆきずりの一夜だと思っていましたけど……、これは後輩の彼女を奪いとった時の話です。

 加奈は、僕の一つ年下の22歳。本当は僕と付き合いたいと思いはじめ、僕の所属するサッカークラブのマネージャーになったのですが、チームの後輩から強引に告白された事と、ちょうどその頃僕が足を故障して治療の最中という事もあって、加奈のアタックを受け流して、はっきりしない態度を見せていたため、俺からの返事はノーだと考えた加奈は、後輩と付き合うようになりました。

 後輩を悪く言うわけではないのですが、独占欲や嫉妬心が強い彼では、加奈の気持ちに応える事は難しいと思っていましたが、やはり加奈もそういった彼の一方的な思いを辛く感じるようになり、付き合い始めて二ヶ月位のある日、相談に乗って欲しいとメールをもらいました。

 後輩が仕事の関係で一日家を空けるということで、加奈もこの日を待ってくれていたようでした。

 その日の夕方、加奈のマンションの下へ迎えにいきました。薄いピンク地の浴衣姿で現われた彼女は、夕焼けの光りと重なり、男として彼女を自分のものにしたいと強く実感した瞬間でした。この日は夏祭りで、河川敷で見た花火が終わるまで、まるで当たり前のように彼女の手を握り、同じ空間を共有している事に、幸せを感じました。

 相談があるという前から、何が言いたいのかわかっていましたし、彼女がなぜ今日のパートナーに僕を選んだのかは、お祭りの中で見せる笑顔や態度が物語っていました。人込みの中を進む時、彼女の腰をグッと左手で僕の方に引き寄せながら、加奈の自分に対する気持ちがどうのこうのというよりも、絶対に後輩から奪ってでも加奈と一緒にいたいと思っていました。

 お祭りが終わり、一杯飲もうか?という問いかけに優しくうなずく彼女。

 日本料理屋とカウンターバーを合わせた、行き付けのお店に彼女を連れていきます。それまでお互い避けていた、後輩の彼の話題に‥‥

「あのね‥私の気持ちは変わらなかったよ‥今までずっとだよ。くぼっちに嫌われてると思って今の彼と付き合うようにしたんだよ」

 そう言った彼女は瞳を潤ませながら僕の方を見つめます。

「俺も加奈が好きだ。俺の所に来てくれ。」

 そう言うと彼女は小さくうなずき、大粒の涙を流して、カウンターの上の僕の腕をギュッと握り締めてきました。こんなに愛しい彼女に、ずっと寂しい思いをさせて来たのかと思うと、自然に彼女の頭を抱き寄せ、唇を重ねていました。

 僕の自宅に戻り、二人でシャワーを浴びます。程良く大きな乳房と眩しいくらいの白い肌を見ると、僕の興奮は最高潮に達していた。唇をお互いがむさぼりながら、髪を洗い終えた彼女の体を優しく洗うと、息遣いを荒くし、全身が赤身を帯びていきます。

 たまらず、彼女の乳首を口に含むとピクンと反応する‥クリトリスを指先で触りながら、「加奈のかわいいクリ、すごく濡れてるのわかるか?」と聞くと「いやぁ‥いじめないでよぉ‥あんっ」と悶えます。

 その可愛さにもっといじめたくなり、加奈の中に指を一本だけ入れるとすでにグチョグチョ。


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】悦子日記 吉川さん クスコで観察していただいて・・・【H告白体験談】

悦子日記 吉川さん クスコで観察していただいて・・・ある朝の事でした。

お部屋の掃除をしていましたら、吉川さんから電話が有りました。

この時間帯は夫が出勤していますから誰に気兼ねする事もなくお話が出来ます。

新婚当時ですから子供もいませんでしたし・・・。夫は明日から東海村の原発へ出張しますとお教えしましたら、広島へ出かけていくから会いたいとのお話でした。

悦子もお会いしたいとご返事をしました。

その後は他愛のないお話で電話を切りました。翌日、夕方に吉川さんからホテルへ到着したとの電話が有りました。

社宅から近くのダイヤモンドホテルでした。

出かける前に身体にコロンを吹き付けておきました。

昨夜の残り香を消そうと思って・・・。お聞きしていたお部屋の扉をノックしましたら彼が現れました。

お部屋の中に入ると、両肩を抱きかかえられてのキスでした。

お口の中に彼の舌が差し込まれてからめ合って・・・。

悦子もお返しです・・・。キスをしたままで、上着・ブラウス・スカートを脱がされました。

デイトの為に彼の気持ちをそそるような紫色の新しいショーツをはいていました。

キスをしたままで彼のズボン・パンツを脱がせるのは悦子のお仕事です。悦子はすべてを脱がされて裸です。

ベッドへ倒れ込んだら、悦子の両足を広げられますからそれに従います。


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】去年の夏の初H【H告白体験談】

彼女との初Hは去年の夏に海に行った日でした。

友達カップルと計4組で海に行ったのですが、 (他のカップルはみんな既にH済み)

俺達はまだ付き合って2ヶ月に満たないくらいで、キスと服の上から胸をちょっと触る程度でした。

海ということでもちろん水着になるわけですが、

まだ下着姿を見せていないから恥ずかしいのか

なかなか彼女はパーカーを脱ぎません。

でも俺の方も正直彼女の水着姿を見るのに正直すごい照れがありました。

彼女は結構胸が大きくて

他の3人の女子が不自然な谷間を作ってる中、

俺の彼女だけは押されて無理矢理谷間を作ることはしないで

ぷるんと大きい左右の胸が自然な丸みのまま

2つ並んでいるのを見てかなり立ちそうなのを我慢しました。

しかも、そんな悶々とした中ずっと遊んでいて

海の中で彼女を支えていた時に持っていた

腰のくびれの細さに余計にそそられ


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】美和子物語 男性器の締め付け方を覚えました【H告白体験談】

美和子物語 男性器の締め付け方を覚えました先日、東京で術後の検査を受けました。

待合室で30歳過ぎの女性とお話をしました。

彼女は既婚者でした。

その他にも10年来のボーイフレンドが複数居ると言っていました。お一人は職場の上司だそうです。

勤務時間中にホテルでの逢瀬を重ねているとのことでした。

毎週、週末の金曜日に複数の銀行へ出かけて会社の預金残高確認証明書の発行依頼をしているそうです。

その帰途に、ホテルへ立ち寄ってベッドを共にしているとのことでした。その事を肯定も否定もしないでうなずいて聞いていました。

勤務先の上司は入社以来のお付き合いでも有るとのことでした・・・。

ホテルへ到着しますと携帯で連絡して彼が待つ部屋へ出かけます。

お部屋に入りますと、彼が洋服を脱がせてくれて乳房の愛撫から始まってクリへの執拗な愛撫が続くとのことでした。お互いが最初の満足感を得ますと、バスルームへ移動して彼のお腹に乗っかって乳房を愛撫されるのがコースだそうです。

彼のジュニアが元気になれば、バスルームの壁に手をついて後部から立位で合体するそうです。

彼が爆発しそうになると、運動をセーブして射精を長引かせているそうです。ベッドへ移動して、彼が上向きになって彼女が騎乗位で上下して攻めるそうです。

ここでも、彼の射精が近づくと中断です。彼女がベッドで上向きになって彼を正常位で迎えます。

彼が猛烈に運動しますとすぐに射精だそうです。その後で、彼のジュニアをお口で舐め回して引き続いて勃起を促します。

元気なジュニアを彼女自身へ受け入れて連続しての交接です。彼女は膝を立てて彼を迎えます。


このHな体験談の続きを読む・・・

【寝取られ】美人の嫁をレスにしておいて寝取らせた 続9編【H告白体験談】

前編は以下のとおり



B君は「そのままでいいですよ、見てたら早くヤりたくなったんで」

と脱ぎながら嫁に近づいてフェラを始めさせた。



嫁もそのままフェラをしたが体勢が悪くやりづらかったのか

B君を座らせてA君にしたように再開した。



B君は嫁のフェラをしばらく堪能して、

「じゃぁこれゴム付けて」と嫁に言い



嫁もゴムを装着して仰向けに寝ようとしたら

「騎乗位でやろうよ」とB君が誘ったので

嫁も「いいよ」とB君の上に跨った。




このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】ヒッチハイク【H告白体験談】

出張先から高速道路で帰宅中、SAでヒッチハイクしている女性2名を発見。

行先は帰り道だったので、声を掛けてみると中国人だった。

ちょっと恐怖心が出てきたが、笑顔がとても素敵だったので乗せてあげました。

彼女達の行先まで3時間程かかる道のりだったので、なぜヒッチハイクしているのかなど、

色々話をしながら高速を走っていました。

しばらく話をしていると、後部座席に座っていた彼女Aが

「お兄さん優しいし、私好きだよ」と言われました。

正直ドキッとし、照れていると、助手席に座った彼女Bが

「明日お仕事ですか?」と聞いてきた。

出張の次の日は有給を取っていた為、

「明日は休みだらか、ゆっくり休むつもりだよ」と答えた。

すると、

「実は、ヒッチハイクしてて2日間お風呂に入ってなくて、お風呂入りたい」と言ってきた。

「お兄さんも運転疲れてるんなら、近くのホテル寄って休んで行かない?」

と誘われました。


このHな体験談の続きを読む・・・

検索とブックマーク

はてなブックマークに追加
ツイートする
Google+で共有する

エッチ画像ピックアップ

今週の人気画像ランキング

この時間の人気記事

Hな告白体験談のTwitter

アーカイブ

相互リンク

ページ上部へ戻る