Hな告白体験談では実際にあったHな経験や体験談をまとめてご紹介しています。人妻や友達とのHな体験談か妹・姉・母親とのHな体験談まで色んな告白体験談がありますよ♪

タグ:H無し

【友達】脱衣麻雀でドキドキ【H告白体験談】

おととい脱がされちゃったよ。

その日は彼氏と、彼氏の友達2人と、その彼女たちの6人で食事へ。

その後、彼氏の友達の家で飲んでたんだけど、夜中ぐらいから男の人たちが麻雀を始めて。

彼氏たちの麻雀好きはみんな知ってるので反対することもなく、女3人でゲームしたりおしゃべりしたりしていました。

2時間くらい経ったら彼氏たちが「チームを組んで脱衣麻雀をしよう」と言い始めました。

私たちは一応反対したんだけど、実際は退屈してたし彼氏とのチームだし無茶もされないだろうと思ってやってみることにしました。

男の人がやって、負けたカップルがそれぞれ1枚ずつ脱ぐというルール。

5分くらいやって最初に負けたのは私たちでした。

彼氏が靴下、私が羽織っていたカーディガンを脱ぎました。

最初のほうは恥ずかしくもなく、むしろエロい展開に期待すると言うかドキドキが楽しかったです。

1時間くらい経ったでしょうか。大体まんべんなく負けて男は上半身裸、女は次負けると下着っていう状況になっていました。

下着になることは覚悟していましたが、さすがにドキドキが増してきました。

で、私たちは勝ち、最初にAちゃんが下着姿になることに。

Aちゃんの彼氏はズボンを脱いだあと「あんまり見ないでくれよー」といってAちゃんのキャミソールを後ろから脱がせました。

カップル同士の行為を見てるようで興奮しました。そしてAちゃんのおっきいオッパイ。


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】単純KY馬鹿童貞中高生どもへ【H告白体験談】

お前らみたいな童貞中学生の奴がデータベースにいると目障りなんだよ!! 体験談書く場所に 募集なんかしてんじゃねーよ!! 引っ込んでろ!! 

体験談書く場所を荒らすな!!

純粋に体験談を見る楽しみを お前らのようなガキが壊しているのがわからないのか!! 

募集掲示板で募集でも何でも勝手にやってろ!! 

    ↓ ↓

彼女募集掲示板

http://www.gem.hi-ho.ne.jp/cgi-bin/user/buru/ibbs.cgi

彼氏・彼女募集掲示板

http://www2.finito-jp.net/bbs5-1/mailbbs.cgi?id=kantkare

彼女募集掲示板

【友達】過去に【H告白体験談】

今目が覚めて外見たらば,まだ雨ですね。

思い出しちゃんですよね。

僕は昔は貧乏暇無しで仕事をしてました。

その仕事の帰り道の夜,ずぶ濡れの女が歩いていて,見れば痣はあるし服はボロボロ。

なんもないボロアパ−トで風呂と服を貸してあげた。

何でもするからここに置いて・・・か。

訳も話さないし,どうせ寝るだけの部屋だから承諾した。

あまりにも家事をこなすから金髪だけど悪い娘じゃないし,ゆっくり話しをしたんだ。

同い年の23才,家は義母の言いなりの馬鹿親父で,義母の虐めにも知らん顔,そんで知り合いの家を転々として最後の所でレイプ未遂。

ここで良けりゃ居なよ,金も無いのに言っちゃった。

だから働いたよ。

可愛いからスケベ心を押さえんの大変だったな。

金貯めてマシな所に移って,やっとエッチできたな。

処女だったし大事にしたな。

あれから13年,今はスケベになって濃厚なエッチで,もう僕はヘロヘロ。


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】22才の女子大生【H告白体験談】

カミさんの妹が就職活動のため上京。家に泊まっている。

昨日、家のお風呂から出たところで貧血を起こしたらしく

ものすごい音ともにぶっ倒れた。

その音にびっくりしてカミさんが飛んでいったが、意識がなく

動転したカミさんが俺を呼びに来た。

おれも、そりゃ大変!と風呂場に向かったが、当然、全裸の

義妹が倒れている。カミさんは動転して妹の裸を隠すどころで

はなく、「○○ちゃん、○○ちゃん。大丈夫」と声をかけて

いる。22才の女子大生の裸を目の前にして呆然とする俺。

よくよく考えると間抜けだが、実際、そういう場になると、

何をしていいかわからない。

義妹はすぐ意識を取り戻し、結局、たいしたこともなかった。

俺はすばやく退散したので、義妹は俺に裸をさらしたことは気づいていないようす。

あとでカミさんに、小声で「見たでしょ」と睨まれたが、

当然、そりゃしょうがないでしょって・・・。


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】友人の妹の【H告白体験談】

性欲真っ盛りの高校の頃、仲の良い友人の家によく遊びに行った。

そいつには2つ下くらいの妹がいて、結構可愛かったんだよね。

で、まずいとは思いながらも「トイレ借りるわ」とか行って

妹がいないと確認してからつい部屋に入っちゃった。

あんま時間もないし、とりあえずタンス物色してw

結構可愛いパンツとかあって、どうしよ~って思ったんだけど

普通に持って帰った。

んで家に帰って、つい魔が差してそのパンツに精子かけちまった。

でも意外とパリパリになったりしないんだよね。

それをいい事にパンツ持って帰っては精子かけて、また戻すってのを繰り返してた。

妹の顔見る度にちんこが反応しちゃってやばかった。

【友達】病院【H告白体験談】

初体験ではありませんが投稿させていただきます。

 僕が小4の時気管支炎で入院することになりました。4人部屋に移されましたが僕の他に入院しているのが30歳くらいのおばさん一人だけでした。

 顔はNHKの有働アナウンサー似でそこまではきれいではありません。一緒の部屋になってからすぐに仲良しになりました。

 入院して2日目の夜中、そのおばさんが突然「おなかが痛い!」と言ってたので僕はベットから起きておばさんのところへ行きました。

 僕が「看護婦さん呼ぼうか?」と言いましたが、おばさんは「それよりも早くおなかさすって」と言い、看護婦さんを呼ばずにおばさんのおなかをパジャマの上からさすってあげました。

 そのあとおばさんは直接おなかをさすってほしいと言ってきたのでじかにさすってあげました。

 しばらくしておばさんは「だいぶよくなってきたけどまだ痛むから今度はもう少し下の方をさすって」と言われた為少し下の方をさすり、「ここ?」と聞きました。するとおばさんはもう少し下の方と言い、僕はパンティーの中に手を入れアソコの生え際のところをさすりました。

 それでもおばさんはもう少し下をさする様に言ってきたので僕はおばさんの生殖器に手をもっていきました。するとおばさんはテレビ番組のエッチシーンの様な声で「そこ! そこをさすって!」と言いました。僕はおばさんの生殖器の割れ目に沿って何度も何度もさすってあげました。

 するととそこからハチミツのような液がたくさんあふれ、おばさんは小さな喘ぎ声を何度も発し30分ほどさすったらおばさんのカラダがビクビク痙攣しました。

 その行為を繰り返していくうちに僕のオチンチンはすっごく硬くなり、痛くて痛くて前かがみの姿勢になりました。

 僕のその姿を見ておばさんは「どうしたの?」と聞いてくるので僕は恥ずかしながらもその現象を正直に説明しました。するとおばさんは「ああ、見せて」と言ってきたのでパジャマ、パンツを下ろしおばさんに大きくなったオチンチンを見せました。

 おばさんは「何でもないのよ」と言って僕のオチンチンを物珍しそうに見た後直接触り、皮をむいて2、3回舐めた後、口に含みました。それから1分も経たずにお尻の奥の部分がムズムズしてきた為、おばさんに「怖い!」と言いました。

 しかしおばさんはその行為を止めてくれずついにたくさんの白い液を出してしまいました。

 これが僕の初めての射精でした(当時射精の知識などまったく知りませんでした)。それからすぐに猛烈な眠気が襲ったのでそのことをおばさんに話すと、おばさんは一言「ありがとう」と言ってぼくをベットまでつれていってくれました。

 それから次の日僕は退院しました。今考えればもう少し入院してたかったと思う今日この頃です。

【友達】義父の介護【H告白体験談】

義父と私達夫婦の3人暮らしです。と言っても夫は会社人間で家に帰るのは夜遅く帰って朝又会社、休みの日はプライベートに接待とゴルフ三昧の生活です。

義父は病気で半病人なので介護が必要です。というか介助がないと一人では出来ません。

義父は大柄(身長176cm)もあり、身体を起こしたり寝かせたりが肉体労働です。

毎日はお風呂に入りませんが一日置きで服を脱がせて、お風呂に入れて、洗ってあげて、又寝着を着せてとこれから暑くなると汗をかくので大変です。

それに義父にとってもやはり介護(介助)は本当は同性にやってもらいたのだと思います。私だって選ぶことが出来るのなら、やはり女性のほうがいいです。そう思うとヘルパーさんも介助を必要としている人も大変だと思います。でも介助を受ける人はなかなか自分で選ぶことは難しいことですものね。

やはり恥ずかしいですもの。背中を拭布してあげる位ならいいんですけど、下半身まで洗ってあげるのはこの歳になっても本人も恥ずかしいことだと思います。

夫の身体でさえ、洗ってあげることなどありません。もちろん健康体ですが、まして男性のあそこを持って洗うなんて、でも、義父の手前、目を閉じて洗うなんてことは失礼だと思うし。

女性で介助ををされている方は本当に御苦労さまだと改めて思います。

【友達】巨乳美人女子高生の風呂を覗いた【H告白体験談】

 夜の9時頃近所をジョギングしていたとき、ふとボイラーの音が聞こえてきた。

「風呂場の窓が少し開いてるなー。あそこの家、かわいい子住んでるんだよなー。今入浴してるのその子かなー。」

なんてことを思った。

 田舎だから21時にはほとんど誰も外出してないし、真っ暗だから覗きに行っても全然大丈夫なんじゃないのか!?と思い、静かに近寄ってブロック塀を越えた。

足音を立てないようにそっと風呂場の窓に忍び寄る。。窓はほんの1センチくらい開いている。

 遠くで見たときからこの窓の開け方は若い女だろうという確信はあった。「暑いけど裸を覗かれるのなんて絶対嫌だ。」と窓の開き具合がそう言ってる。

恐る恐る覗き込む・・

・・肌色が見えた。美しく瑞々しい肌。細い腕。女だ!若い女だ!あの子だ!やった!今日は運がいい!!

角度的に見ずらかったがかろうじて見れた。

体を洗うときEカップくらいの胸がプルンプルン揺れてて最高だった。スタイルも顔も完璧でした。

こちらにおしりを向けて前かがみになったとき陰毛とあそこがバッチリ見えた。

体を洗い終わり、湯船につかってるあいだ

10分間ほど、かわいい顔と体をくまなく視姦して

風呂から出るときにもう一度股の間からマ○コ見せてくれました。

心の中で「ありがとうございます!」と叫んだ。


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】検定【H告白体験談】

自分は今、一人の女子と一緒に行動している。なぜかって?まあ、話せば長くなるのだが・・・。

 ある日、自分は近くの塾にいた。そこには自分を含め2人の男子と5人の女子、計7人がいる。(いわゆるハーレム状態)その中に、Sという女子がいる。成績は不明、運動神経は分からん、唯一分かっている事は「明るい、活発」ぐらい。そんなSと出かける機会が訪れる。その日の帰り際、検定の話が少し持ち上がっていたため、誰が受けるのどーのこーのと話し合いが。そんな中で、自分とSも同じ級を受けることが分かり、当日一緒に行くことになった。(会場が同じである事が分かってからの話)。

数週間後。自分たちは、最寄りの駅で待ち合わせをした。自分が早目に行き、携帯の受信履歴を見ると、既に何通かメールが「おはよう」とか、「今、どこにいる?」とか。「うわやっべ」とか思っている間に、Sが到着。特に、その事については気にしている様子もなく、自分もそれは流し、出発する事に。隣の隣の駅までとりあえず電車で行く。自分たちが乗ろうとした電車が当駅始発だったらしく、席はかなり空いていた。だから必然的に隣り合って座るシチュエーションに。しかし、電車を待っている時から、少し距離があったので、隣り合うのは気まずく一旦は他の場所に座ろうとしたのだが、「隣座って」と、なんと向こうからお誘いが。さすがに断る理由も無く、お言葉に甘えて隣に座る。とまあ、だからといって何か話すでもなく、ちょぼちょぼと会話程度。

そんなこんなで中間駅に到着。そこからさらに鉄道を乗り継ぎ、目的の駅を目指す。そこでも、隣り合って席に座る事になり、心臓バックバクになったのは、もはや言うまでもなかろう。 そんでもって、駅に到着。そこから会場までは徒歩数分の距離と、受験票に書いてある。一同は、会場目指して黙々と歩く。(いや、でも会話はしたからね) 

会場に着くと、受付→待合室待機→呼び出し食らう→Sは、係の人がイケメンだとか、特にそうでもない俺の前で騒ぐ→試験の行われる教室に入る→試験管が冷静で緊張する→終わる→会場を出る(ブハァ、ああ緊張した)。 その後、待ち合わせた場所でSと合流し、今度はもと来た道を帰る。駅に到着。また乗車。再びSとの隣り合う時間。緊張するわ。女子らしい香りするし、髪少し長めだからちょっとそっちに目がいっちゃうし、女子を身近に感じたことほとんどないしで。もう、ハラハラドキドキの連続。 とまあ、来た道を戻るだけなので特筆すべき点は無い。(「体験談だぞ、おい」というつっこみは無視)

 遂に、最寄りの駅に到着。自分は自転車で来たが、Sはどうやら帰りは車で両親が迎えに来てくれるそうだ。だから、ここでSとも別れた。「バイバイ」「ばいばい」とあいさつを交わし。 

 その甲斐もあって、二人とも合格。共に喜びを分かち合った。 

 その数年後。Sは塾をやめた。受験勉強のためらしい。自分は少し淋しい気持ちもしたが、当時想っている人がいたので、その気持ちもすぐに儚く無くなった。 

 その後、Sとは急激に疎遠になり、追い打ちをかけるように自分の行動がきっかけで、さらに関係は疎遠に。今ではメールもしない様になってしまった。1割は仕方がない部分もあるのだが、残り9割は完全に自分の行動が原因だ。仲はまあまあいい方だった。

 

 一時期、Sの事が好きだったこともあった。しかし、「Y(自分の仮名)」と自分の事を呼んでいたSも、もしかすると自分の事が好きだったのではないかと思う。しかし、連絡手段が無い今、それを確かめる術は無い。            ~~~~本当に惜しい事をしてしまったのだと思う。

                                  みなさん、くれぐれも人間関係には注意をしてほしい。                        ================

 ここまでお読みいただき、ありがとうございます。拙い長文でしたが。                  Fin.

【友達】カラオケで寸止め痴態【H告白体験談】

持ち帰ったわけじゃないけど、ちょっと変わった経験なんで・・・

いい?

先々週、♂3、♀3で飲み会やったんだけど、

一人可愛いめの♀が遅れてやってきて(彼女はいつも遅れてくる)

いつものように、周りに追いつくようにピッチを上げて飲んでました。

一次会で、結構盛り上がって、もう一軒行こうって事になって

でも、遠くに住んでる♀一人と♂一人は先に帰って、

年上人妻と可愛いめの彼女、そして俺と、♂もう一人で

四人絡み合うように歩いてカラオケボックスに突入しました。

カラオケに向う道でも可愛いめの彼女(A)はけっこうベロベロで、♂二人とベラカミしまくり・・・

はては、人妻に向って

「姐さんと一緒なら四人でホテル行ってもいい〜」と言い出す始末。

な・な・何言い出すんだ〜!って思いながらも、ちょっと期待に

寒空の中、チンコは反応しちゃいました。

まぁ、結局ホテルには行けなかった訳ですが、


このHな体験談の続きを読む・・・

検索とブックマーク

はてなブックマークに追加
ツイートする
Google+で共有する

エッチ画像ピックアップ

今週の人気画像ランキング

この時間の人気記事

Hな告白体験談のTwitter

アーカイブ

相互リンク

ページ上部へ戻る