Hな告白体験談では実際にあったHな経験や体験談をまとめてご紹介しています。人妻や友達とのHな体験談か妹・姉・母親とのHな体験談まで色んな告白体験談がありますよ♪

タグ:SM

【友達】陽子のおもいで  第8章 初の露天風呂で・・・【H告白体験談】

初夏のある日、陽子のマン汁でベトベトになったままのシフトノブを握って、今度は僕が赤のプレリュードを運転して中国道を西へ進んだ。美作インターの出口から湯郷温泉郷へと向かった。陽子は殆どの時間ぼくの股間に顔を埋め、チノパンから飛び出たチンポをしゃぶっていた。

湯郷温泉の「山荘」に着いた時には午後になっていまいした。

陽子の濃厚なリップサービスの感覚でピンコ立ちのままのチンポを無理矢理チノパンにねじ込み、パンツの上から陽子の指による刺激を受けながら、

僕の方は今直ぐにでもオメコの出来る状態になっているトロトロのオマンコが見え隠れするノーパンの下半身を隠しきれないほどのミニスカートの上から、腰の部分に手を回して車を降りました。

フロントマンにノーパンを気づかれないようにしながら、自分が登録している専用ルームのキーを受け取りエレベーターに向かった。

エレベーターを待つ間も陽子の尻をスカートの上から撫でていた僕の指が陽子の尻を掻き分けアナルの付近を刺激していたので、ひょっとしたらフロントマンに陽子のノーパンがばれたかもしれませんが、そんなことはお構いなしで、陽子は火照ったその体を僕に擦りつけてきます。

エレベーターの扉が開いて乗り込むと、扉が閉まるのも待ちきれない様子で、陽子はチンポを求めてパンツの中に手を差し込んで来ました。

「ねえ・・・ここでしよう・・・入れて、入れて・・・チンポ欲しい・・・」僕は崩壊しそうな理性を何とか維持しながら、「もうすぐ部屋だから・・・少し我慢して・・・その方が燃えるよ・・・」と言って陽子を宥めた。

エレベーターが5階に着いても僕のチンポは剥き出しのままだ。そのチンポを握られたまま廊下を進む。

その辺の部屋から人が出てきたり心配でしたが、本当に利用客が居なくてホッとしました。513号室が僕の部屋です。

中へ入って、着てきた服を脱ぎ捨て、剥き出しになったチンポに飛びつく陽子を引きづりながら浴衣に着替えて、4日ぶりに見る陽子の裸体に浴衣を羽織わせて、早速露天風呂に向かった。当然、浴衣の中は何も着ていませんから、それを良いことに廊下を歩きながらもチンポをまさぐり扱いて来る陽子でした。「今はお預け!あとで」と少しきつい口調で僕は陽子をたしなめました。

平日の午後ということもあって、露天風呂は開店休業状態でした。扉にぶら下がった「利用可」の木札をひっくり返して「利用中」にします。

中に入るなり陽子は浴衣を脱ぎ捨て素っ裸になって岩の階段を降りて湯船に飛び込みます。

僕も後に続き、2人で肩を並べて湯につかりました。陽子のマン汁でベトベトになってから一度乾きかけていた手を湯につけるとそのベトベトが蘇ってきました。

「こうして一緒にお風呂に入っていると夫婦みたいだね・・・」


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】陽子のおもいで  第6章 お昼はランチンポ?【H告白体験談】

一日一回のオメコという陽子の目標は確実に実行されました。

そんなある日のことです。

陽子が嬉しそうに僕のデスクにやって来ます。

「お昼食べにいきましょうよ!」

その日は同僚もロケ現場の下見で、アシスタントと一緒に朝から出かけていていません。昼は一人で食堂でランチ定食かな・・・と思っていましたので、陽子の誘いを断る理由がありませんでした。

「もう・・・そんな時間か・・・?!」と言いながら席を立ち、

「じゃ~、お誘いを受けるか・・・」と陽子の後をついて廊下を歩き始めました。

「何食べようかな・・・」と言うと陽子は可愛いハンカチーフの包みを見せて

「作ってみたの・・・試食します?」と職場の同僚を装う話し方で聞いてきました。

僕も「へ~っ・・・何作ったのかな・・・食堂行ってもいつも同じだから・・・ご馳走になろうかな・・・」と合わせた。

「じゃあ・・・表に出て、外で食べませんか?」

「・・・いいね・・・それ・・・」と建てものの外へでた。

Mテレビの社屋ビルの外は広い敷地で局員や来賓用の駐車場が300台分ほどあり、その先に山のなだらかな斜面を利用した芝生と木々の緑地が広がっている。陽子はどんどん先へ進み、その緑地の中へ入っていく、ツツジの木があちこちにあり、斜め上からはその反対側が見えない程茂っている。少し大きめの茂みを見つけると陽子はツツジを背にして腰を下ろした。

「どう・・・?ここ良いでしょう・・・ここなら社屋から全然見えないし、お昼食べ放題できるわよ・・・何でも食べ放題・・・」

「ほう・・・よく見つけたね・・・こんなとこ・・・」ととなりに腰を下ろしながら僕は言った。


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】陽子のおもいで  第5章 陽子の愛しかた!【H告白体験談】

翌朝、まだ夜が明けきらないうちに、僕は彼女の右肩側に横になり左肩を抱き寄せて、さっきまで僕のチンポが入っていたその可愛い口に唇を着けて優しくキスを始めました。

すると待ちきれない様子で、陽子の右手が勃起したままのチンポを握って扱き始める始末です。

「もっと欲しい・・・」と陽子は耳元でささやきます。

「待ちなさい」「待てないの・・・ほら・・・」と言って今度は左手が私の右手を自分の下半身に導いてゆきました。

なんと、陽子のオマンコにはおつゆが溢れ出していて、湿気でムレムレ状態になっているのが手から伝わってきました。

「・・・ええっ、もう・・こんなに?!」と驚いて首筋に移動していた口を離して少し小さめの胸に軽く触れながら、

臀部を覆う毛並みの良い陰毛の丘を軽く唾液で濡らし、オマンコの入り口にたどり着きました。

陽子は本当に待ちきれないようすで、お尻をモゾモゾとさせています。私は一気に陽子のチンポ欲しい汁をズルズル~っと舐めあげて舌先でオマンコの中を掻き回しながら、剥き出しになったクリトリスの表面を下からそっと舐めあげてやりました。

「アアア~アアアアアアッ~」陽子は声を震わせながら雄叫びをあげました。メスなのに!

「いいの!・・・いいの、前戯なんていいの・・・すぐきて・・・今来て・・・あなたのおチンポちょうだい・・・陽子のオマンコにいれて~・・・おチンポで陽子を一杯にして・・・おねがい・・・」と叫びながら僕のチンポを自分のオマンコに入れようと引っ張ります。

僕は陽子の動きに合わせて亀頭部分をオマンコの入り口にそっとタッチさせました。

「あ・・あんっ・・・いれて、いれて、いれて、いれて・・・おチンポ入れて・・・」と目を瞑ったままささやく陽子の声を聞いて、

僕はおマンコの入り口に居た亀頭部分をさらに大きく張り出させて、陽子のオマンコの奥の奥をめがけて一気に突き刺しました。

「ああああああ~ん」と陽子の反応が部屋に響きます。チンポの亀頭部分の張り出しがオマンコの全方向の壁にあるヒダヒダを押し広げて湧き出すマンコ汁を奥に向かって掻き集めて進入しているのが解りました。

ですからチンポを埋めきったときクチュウというマンコ汁がチンポに子宮との間の狭いところに追いやられ、行き場を無くして何処かに隙間を見つけて勢いよく亀頭のカリの端から吹き出すときも僕は続けて本当にゆっくりとチンポを引き抜き、亀頭のモドリの部分で陽子のオマンコの内壁のヒダヒダのすべてをカキほぐすようにめくりあげながら陽子のオマンコを楽しみました。


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】陽子のおもいで  第4章 オーディション合格・・・【H告白体験談】

暫く車が走ってから運転手が「本当にラブホテル街に行って良いんですか?」と聞いてきた。

「はい、お願いします。」と躊躇せずぼくは答えた、それを聞いていた陽子の手がコートの前を掻き分けて、ズボンの上からぎゅうぎゅう詰めになってその形をはっきりと理解できるようになったチンポを指先で形を確認するように撫で始めた。

快感が伝わってきて益々ギンギンになってくる。自分でもどこまで大きくなるのか解らないほど興奮してきた。陽子は酔ったふりをして、ぼくの方に大きくもたれかかり、ズボンの上から場所を確認した亀頭部分を口で含もうとしてきた。ぼくは陽子が何をしたがっているのかが次の瞬間ハッキリと解った。陽子はズボンの上から容赦なくギンギンになっているチンポにかぶりついた。お陰で見る見るズボンの前が陽子の唾液でベトベトになってしまった。その湿り気がチンポに伝わってくる。次に、陽子の左手は躊躇することなくファスナーを開けに掛かり窮屈な空間にいたギンギンチンポを開放すると、湧き出る先走り汁を舌先で掬い取り味わっていた。

運転手が「お嬢さん大丈夫ですか?そうとうお飲みになってるようでねぇ・・・」と声を掛けてきた。わたしは「大丈夫です。今薬飲んでますから」と答えておいた。陽子はぼくの先走り汁を飲み続けている。

先走り汁を堪能した陽子は身体を起こし、今度は左の太ももを惜しげもなく私の股間に乗せてきて私の右手を自分の熱くなった部分へもっていき、パンティーストッキング越しに擦りつける仕草をした。私は刺激を送り込んで欲しいのを察知して陽子の手が離れた後も手のひらを使って愛撫した。右手に焼けるように熱い陽子の本性を感じながら、上半身を擦り付け来る陽子の唇に口を合わせた。「気持ちよさそうですねお嬢さん!」と野次ってくる運転者に返事もせず、私たちはお互いを求めてまさぐり合いました。

そのうちタクシーが一軒の白いラブホテルの駐車場に入っていった。千円札ばかりで支払いお釣りをチップにあげて目を瞑った陽子を抱えるようにロビーへ入り、空いている適当な部屋のキーを貰ってエレベーターに乗った。

いきなり、またキスをせがんできた。手は当然ズボンの前をあっちへ行ったりこっちへいったりして常に快感を送り込んでくる。

エレベーターが音と共に止まった。陽子が先に降りた。

「5階かぁ、じゃあ5回したいな・・・」ぽそっと呟いた。エレベーターから比較的近い部屋だった。

部屋に入って背中でドアの閉まる音がするやいなや陽子はまたまた唇をもとめてきた。今度はキスをしながらわたしの服を脱がせに掛かります。キスをしたままで服を脱がせながら自分は後に下がり始めます。

わたしも陽子の服を脱がせてやります。ダウンの下はタートルのセーターその下はもうブラジャーだけの陽子です。

今日のこのことを計算して、枚数少なくしてきたのかな、などと勝手な想像をしてしまいました。

スカートは比較的薄くて柔らかいシルクのようなミニでしたから後のファスナーとホックを外すとスルリと床に落ちてゆきます。

すると下半身には小さな小さなレースのパンティーしかありません。

「あれ~っ、パンティーストッキング履いてたよね。タクシーの中で確かに見えたよ?」


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】陽子のおもいで  第3章 忘れられない忘年会【H告白体験談】

ディスコに2人が行く機会は直ぐにやって来た。番組の忘年会だ。

番組出演者もアナウンサーも参加しての大忘年会である。

しゃぶしゃぶとすき焼き食べ放題、ビール飲み放題で乱れ放題の一次会でした。

一次会で既に上半身裸になっているアシスタントDもいました。

僕も陽子もそれなりの飲んで食べていたので、いい気持ちになっていた。

そして2次会のディスコへ向かう。タレントが雇われ店長をやっている結構有名な店だった。

体力には普段自信があったが酔っていることもあって、激しいリズムの曲で踊るのはパスしてスローな曲だけ踊ることにした。

踊れる曲を待っている間、店内が暗いことも手伝ってか、陽子は僕の隣でからだを密着させて座り込み、わたしのふとももの内側に手を入れてきた。

それも上と下から同時に・・・僕は興奮するのはまだ早いとチンポに言い聞かせて、からだを擦りつけてくる陽子の肩を抱いた。

曲がスローバラードに一気に変わった。店内の照明が一段と暗くなった。もう10センチ先もよく見えないほどだ。

フロアーに出ると陽子が僕の上着の中に両腕を入れてきてズボンの内側に指先をねじ込んで体を密着させてきた。

ぼくも陽子の腰を引き寄せて強く抱いた。

両手をもっとズボンの中に入れてきた陽子は僕のお尻の割れ目の端にまで指を到達させてしまった。

前の部分ではチンポがギンギンに上を向き出している。

陽子はぼくのチンポの質感と大きさを自分の身体に押しつけて、記憶させようとている。


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】陽子のおもいで 第2章 オーディション【H告白体験談】

次の日、収録が近づいてきた年末特番の打ち合わせが午前中会議室であって、担当プロデューサーやコナー担当ディレクター連中が集まってああだ、こうだと言いたい放題で、出たアイデアを昼食の前に整理しておこうと一人会議室に残ってメモを清書していると、「失礼しま〜す。」と陽子が顔を覗かせました。

「あれ〜?一人だけ?じゃあ、会議の後片付けさせてもらお〜っと。」と言いながらテーブルの上に乱立しているコーヒーのコップやジュースを飲んだ紙コップなどと集めて回った。

「お疲れさん」と、陽子にいつもと変わりない言い方で声を掛け仕事を続けていると、トレイにコップを積み重ねながら一辺が3卓位ずつ四角くセッティングされた会議机の内側を私の方へ近づいてきた。

そして、もう一寸でぼくの正面に来るという寸前のところで、何かにつまずいたのかトレイを引っ繰り返してしまい、比較的小さな声で「きゃッ」と叫びました。

「どうした?大丈夫か?」と声を掛けて、顔を上げましたが陽子の姿が見えません。

それもそのはずです。散らかったコップをしゃがみ込んで拾い集めていたのです。

私は、疲れもあって、座ったまま背筋を伸ばしながら「良かったね、割れない空きコップばかりで・・・」と足を伸ばして前へ放り出すように力を抜いて休憩体勢をとりました。

机の影で何処に居るのか判らなかった陽子がぼくのちょうど正面に来ていて、放り出した両膝の内側にしゃがんでいます。

コップを集める音は続いていましたが、空いていた方の手(ぼくに近い方の手)がズボンの上を這いながら上へ。

そいして内側の縫い目に沿って、中央部分にやって来ると、ぼくのチンポの形をズボンの上からそっと確認するように、五本の指先でなぜ手、直ぐに離れていったのです。

私は一瞬びっくりしましたが、昨日の飲み屋でのこともあって、声を出さずに陽子のするままにさせた。

ぼくのチンポの大きさを測り終えた陽子が机の上に顔を出し、「私踊りに行きたい!」とぽそっと一言いうと、にっこり笑って投げキッスをして、集めたコップをトレイに乗せて部屋をでていった。

そのあと、ぼくは自分のチンポが陽子の感想が気になってしかたがなかったので、ダメ元で直接聞く機会を探した。

午後7時を過て、夕方のデイリーニュースも終わり報道フロアーがぐっと静かになりかけたとき、「お先で〜す」という陽子の声がフロアーに響いた。

私は声のする方に走り寄り陽子の肩を後からポンっと軽く叩いた。陽子は一人だった。しばらく誰に聞かれても差し障りのない話をしながら駐車場まで出た。


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】陽子のおもいで  第一章 出合い【H告白体験談】

オスである男とメスの女との「相性」というものはその外見や、考え方が理解出来たくらいでは本当にピッタリと合うのかどうなのかは判らないものなのです。

普段は相性が合うだろうと希望的観測と判断で異性を見てしまっているんだなということが事実であると言うことを、身をもって感じています。特に男性の方に多く、女性はそうではないようです。

女性というよりも「動物のメス」として子孫を残すという本能としての判断基準として「オス」である我々男の中から自分にピッタリとくる「オス・男」を捜し出そうとするです。この能力はどの女性にも潜在的に備わっているようですが、能力の差はあるようです。

今からお話しする女性とのお話はその動物的相性がピッタリとマッチしたケースです。性器の形・色はもちろん、大きさ・太さ、カリの戻り具合、反りの度合い、性器全体から漂う臭い、先端からにじみ出る先走り汁の香り、味、色、濃さ、精液の色、濃度、臭い、味、喉ごしの良さなどそのどれ一つをとっても彼女の好みそのものだという女性が現れたのです。

ぼくが31歳くらいの頃でした。

お母さんが元宝塚歌劇の女優さんで、コネを使って私の働く会社に就職してきたのでした。

田中陽子と言う名前の女の子(当時21歳)で、短大卒業後1年ほど東京で一人暮らしをしながら遊んでいて、見かねた両親が就職させたのだった。身長は1メートル55センチくらい、バストは84センチ、ウエスト60センチ、ヒップ88センチというスタイル。彼女は本社の総務勤務、ぼくはMテレビの報道勤務で本来なら顔を合わせることなど殆どなく、有っても経費の事務処理で伝票を抱えて本社に行く月1回程度でした。

それが、どうしたことか、Mテレビ報道勤務の人の事務処理を現場ですることになって、陽子がMテレビに来ることになったんです。それがその年の11月半ば過ぎです。

直ぐ傍で頻繁に見るようになって気づいたのですが、「ケラケラケラ」とよく笑う、小泉今日子に似た小柄な可愛い顔をしていました。

勤務が始まって3日目が金曜日だったので、歓迎会を近くの駅前商店街の居酒屋で開きました。

歓迎会と言ってもメンバーは私と同僚のU川君アシスタントのA山、そして陽子とわたしの4人だけ、気楽なものでした。

ぼくは一番奥の席に座り、偶然その右に陽子が座りました。

ぼくの座っている席からは店内が見渡せます。

一通り乾杯をして自己紹介をして、あとは適当に職場のことを喋りながら生ビールを3~4杯飲んだでしょうか、全員とっても良い気分になり、「後一だけ杯飲んで帰ろうか。」と言う同僚U川のいつもの一言で最後の乾杯をしたときでした。

陽子はお代わりをしたばかりのジョッキが一杯の状態で乾杯したので、少し回ってたせいもあってかビールを溢してしっまいました。


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】ブロンド美女からスパンキング【H告白体験談】

幼少からMの気がある男です

小学生の時に川原でSM本を見つけて拍車がかかりました

とくにぶたれることへの興味は大きく、中学になったころ英語の辞書で【スパンキング】という単語を知り

そこに「(罰として、子供の)尻を叩くこと」と書かれていました

こんな単語があるほど海外では一般的なのかと感動すら覚えたのですが、同時に悔しさもありました

どうして自分はそういった国の子供に産まれなかったのか

スパンキングへの強い憧れが捨てられず、僕はある行動に出てしまいます英語の授業は海外からメアリー先生という外国人教師を招いて行っていて

先生が帰国するまでの期間に必ずひとつ英語で質問をするようにと課題が言い渡されていました

先に質問をしてくれた子のおかげで先生には子供がふたりいることがわかっていたので

僕は思いきって、怒ってお尻を叩いたことがあるかどうか聞いてみようと思ったのです

ただ授業中に聞くのはどうかと思い

質問の答えを記入するプリントを持って昼休みに先生のところへ行くと

『う~ん、放課後でもいいかしら?』と職員室を出たところで追い返されてしまいました

僕の頭に悪い考えがよぎります

お尻を叩いたことがありますかなんて普通は質問しないし、他の先生に相談されたらどうしよう


このHな体験談の続きを読む・・・

【友達】双子の姉妹を性的にいじめ その3【H告白体験談】

三年の春。この日は私らと姉弟は朝早く学校へ来て教室に入った。

まず姉弟の服を脱がせて全裸にして、

姉に弟のちんちんに前にアダルトショップで買わせた媚薬を

丹念に塗らせると、弟のちんちんはあっという間に大きくなった。

それから、弟に姉の性器の中、特にクリトリスに丹念に媚薬を塗らせた。

その状態で姉弟を抱き合わせ、姉の性器の中におとうとのちんちんを入れさせる。

この頃にはだいぶ大きくなっていた姉の胸が弟の胸にぴったりとくっついて、

弟も姉も顔を赤くしていた。いつもセックスしているのに、

どうしてここで恥ずかしがるのか不思議だった。

それから、ずっと抱き合っているように命令して、教室の掃除用具入れに閉じ込めた。 私らの学校の掃除用具入れは広くて、人二人ぐらい余裕で入る。

姉弟が掃除用具入れに全裸で体を密着させ、

性器を挿入したまま閉じ込められているのを知っているのは私らだけだ。

普段姉弟をいじめている他のクラスメートも知らない。

姉弟に授業中にクラスメートや教師の前に全裸で繋がっている姿を晒け出さないよう、

性器に塗られた媚薬の刺激に耐えつつ、放課後まで我慢させようと言うのだ。 裸の姉弟がロッカーの中で悶え苦しんでいる姿を想像しながら、


このHな体験談の続きを読む・・・

【人妻】W不倫の果て①【H告白体験談】

祥子と知り合ったのは当時流行ってた伝言ダイヤル。

“色んなことに興味がある25歳です。興味がある方はメッセージ下さい。”

その頃の伝言ダイヤルは、既にサクラのやま。

本当に出会える女は極少数だし、その中でも使い物になるようなビジュアルを持った女を探すのは至難の業でした。

でも・・・声の感じがサクラ風じゃない。

5年程伝言ダイヤルで遊んできた私は”ピン!”と来るものを感じ、

“35歳で既婚ですが夢中にさせてくれるような女性を探してます。貴女がそんな方であるように願ってます。”

とメッセージを入れました。

その日の夜中に自分のボックスに入っている返事を聞いてみました。

”メッセージありがとう御座います。祥子です。

色んな方からメッセージが入っていましたが、あなたのメッセージに惹かれました。

暫くメッセージのやり取りをしませんか?”と言う返事が入っていました。

その後3回ほどメッセージのやり取り後会うことになりました。

待ち合わせ場所は私の住む町のメイン駅前、特急電車の到着時間に合せて駅前で待っていると、

少し背の高い一際綺麗な女性が現れました。


このHな体験談の続きを読む・・・

検索とブックマーク

はてなブックマークに追加
ツイートする
Google+で共有する

エッチ画像ピックアップ

今週の人気画像ランキング

この時間の人気記事

Hな告白体験談のTwitter

アーカイブ

相互リンク

ページ上部へ戻る